« ジム再開 | トップページ | 栗駒アタック’12 »

2012年10月11日 (木)

モンテvsセレッソ天皇杯

昨夜はスカパー観戦、といっても録画してジムから帰ってから。

シーズン前半を首位で折り返すも、終盤に入って8位まで失速している山形。
まだあきらめてはいないが、J2でも苦戦・敗戦を繰り返し、はたしてこのままJ1に上がったとしても、勝てるチームはあるのか?それよりもう1シーズンJ2でもまれチーム体制を固めた方が良いのではないか?という思いが正直し始めていた。もし大差で負けていたらその思いも深まっただろう。

が、しかし、それほどセレッソの動きが良くない。最後にロングシュートで1-2と敗戦したものの、思ったほどの圧倒的な力の差は感じなかった。

例年になくジャイアントキリングが多発している天皇杯だから、J1勢が慎重に試合に入っているのを考慮しても、もしかしたら私が思っていた程のJ1とJ2の力量差は少なくなっているのかもしれない。

リーグ戦、中2日の山形、次は日曜日だから中3日。
体調万全でないという石川を休ませたのは良かったけど、動きが鈍くなってた永田同様中島も休ませたかった。で、廣瀬、比嘉、太田、そして北村あたりを・・・使わないんだな~監督は。
それほど固定し、使い続けるのは何故なんだろう?
熊本戦しかりあきらかに中島本来のキレが無くなってるんだけど・・・。
ま、GKと1-1になった裏への抜け出し等(決めてほしかった)速くて良い選手だから使いたいのはわかるが・・。プチ復活した山崎同様、使いすぎの疲労からのケガしないかが非常に心配。

さて、しばらくモンテ観戦記は書かないでいたが、、というかブログ全般キータッチが進まないでいたのだが、ホームゲームはすべて観戦していた。

シーズン後半失速した原因を考えると、どうしても補強を思ってしまう。
林とブランキーニョは間違いなく良い選手。
前線で収められずファールを重ねる萬代や、前半戦活躍した秋葉・宮阪がもし負傷したりコンディション的問題が生じた場合等に対し、層の厚みを考慮したものとは理解できる。

しかし、林はポストプレーを得意とする選手ではないと聞いて「!?」と思っていたが、やはりファールをしない萬代という感じでボールが収まらないのは同じ。ゴール前へ迫る迫力も物足りなく感じる。今後に期待・・・。
幸い秋葉や宮阪にケガが無く、ブランキーニョも同時に先発させる事になり、これがこれまでの連動をかえって鈍らせる結果になってしまった。
特に、プレースキッカーは、石川・宮阪で充分脅威だったのに、ブランキーニョも加わる事で、互いに変に意識して?しまい、特に宮阪の成長を止めてしまったのではないか?

チームに足りない所の補強ではなく、層を厚くしたはずが「過ぎたるは及ばざるがごとし」になってしまった・・・みたいな。。

もちろん結果論でしかないが、、、選手起用も我々にはわからない選手のコンディションもあるだろうから信じたいが、残り5試合、せめて6位内に入り、もう少し楽しませてほしい。

.

-----

■とりあえず【京都に戻ろJOG】 321 (since Sep.01 2007)
-山形-京都-鹿児島-沖縄一周-四国縦断-京都・総計3012.1kmで達成-
(現在:大分県佐伯市から高知県宿毛市にフェリーで渡り四国縦断中。
 徳島まで小計369kmを仮想ジョギング中)

昨日走った距離8km/(小計114.3km)総計2552.4km
+ファイトアタックBEAT・50分

今朝の体重 74.0kg、体脂肪率 22.9% 

「走っていると負けないジンクス」はなんと微妙に健在で、私が走っていた7時~8時まではスコアレス。ファイトアタックのエクササイズをやってる最中は同点、ちょうど終えて休憩している時に逆転されたという感じw

|

« ジム再開 | トップページ | 栗駒アタック’12 »

ジョグノート」カテゴリの記事

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/55866589

この記事へのトラックバック一覧です: モンテvsセレッソ天皇杯:

« ジム再開 | トップページ | 栗駒アタック’12 »