« 徳内祭り2012 | トップページ | JOG6年目に »

2012年9月 3日 (月)

バイクならではの恐怖!

まだまだ暑いけどピークは過ぎて9月、いよいよバイクシーズンだ♪
1日土曜は2度目の栗駒山アタック。
今回は、赤倉-鳴子-花山を通って栗駒山を目指す。

平地では30℃を越えていたが、山間地に入ると26~29℃に落ち着き、走るにはちょうど良くて、もう、快適・かいてき♪
Bike12090101

緑の合間から降り注ぐ木漏れ日が一層爽快さを奏でる。
思わず、立ち止まりシャッターを押した。

前回楽しんだ露天風呂を通り過ぎ、目的地のココまで一気に走りきった。
Maturibe

祭畤大橋(まつるべおおはし)
ご存じの通り、2008年6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震で崩壊。
Maturubeup

耐震設計がなされていたため、あり得ない崩壊と注目され、結局、橋脚の地盤そのものが約10mにわたり地すべり性の移動を起こしたため崩壊したものと判明したと・・。
Maturube02

これ、ダイハードとかの映画や、セットでも無いからね。
災害遺構としてそのまま保存してるのは正解だと思う。何度もTVや画像で見たけど、実際に現物を見ると改めて自然の脅威が伝わり息を呑む。

.

この日、息を呑んだのはこればかりではなかった。。

帰りも栗駒山を越えるルートで・・・

山道を走っていると、目の前にこの日一番のサプライズが飛び込んできた!

なんと、真っ黒な子熊が2匹(頭?)ピョコピョコ道路を横断してる!!

それを前に1台、対向車線に1台、車が止まって、携帯で撮っているようだ。
うん、私も撮ろうと思って止まった次の瞬間、、

待てよ、、、小熊がいるって事は、近くに親熊がいるって事!?
いきなりの恐怖が私の全身を襲い、思わず身震いした。

でも、前の車はちっとも動こうとしないw おいおいおいおいお~い!!
あんた達4輪は屋根があっていいけど、2輪の私に襲ってきたらどーすんの!?
撮るのをあきらめ、一気にアクセルを開け、車の間をすり抜け逃げてきた。

ほっとしたのもつかの間・・・
また目の前に、今度はもっと大きな黒い影が・・・やばっ! 親熊か!?

どうする、おれ、絶体絶命!!

・・・と、

よ~く目を見開いたら、、、

道路脇を草刈りしてるおじさん達だった(>。<)
「熊いますよ」と声かけようと思ったけど、草刈り機の音で熊も寄ってこないだろうと思って、そのまま走る。

結局、無事帰還。。。

もうね、4輪では味わえない2輪ならではの背筋ゾクゾクなスリルをたっぷり堪能できたツーリングだった。。

ps、、
この日は家内が留守なので嫁いだ長女のアパートに初めてのお邪魔。
ここ数年、何度行っても満席だったり臨時休業だったりで食べられずにいた「ねぎ焼き」をとうとう食べる事ができた。
(ちなみに山形でねぎ焼きを食べられるのは七日町のココ1軒しか知らない)
Negiyaki

3人でワイワイ楽しく食べて飲んだけど、つい涙しそうになったのは、牛すじ煮込みにかけた「舞妓はんひぃひぃ」のせいでなく、もしかしたら一生食べられなかったかも・・と思い出した熊の恐怖だった事を彼らは知らない・・・
京都から取り寄せてるという・・・九条ネギらぶ(涙)

|

« 徳内祭り2012 | トップページ | JOG6年目に »

んまいもん」カテゴリの記事

車・バイク」カテゴリの記事

コメント

昨日はお疲れさまでしたwink

「ねぎ焼き」おいしそうですね。
「どすえ丼」も食べてみたいなぁ~

投稿: big rui | 2012年9月 3日 (月) 18時58分

一関市はこの内陸地震の後、東日本大震災、6月の最大余震と立て続けに地震に襲われ、建物の被害が大きい地区なのです。 ウチの嫁の実家も一関で、東日本大震災はなんとか耐えたものの、最大余震でトドメさされました(泣

投稿: 69あべ | 2012年9月 4日 (火) 17時55分

>>おおるい・・いや、big rui さん

ねぎ焼き、んまかったよ♪
牛すじ煮込みも、んまかったよ♪
「どすえ丼」って知らないけど、美味しいの?(ーー;)

投稿: TERU☆ | 2012年9月 4日 (火) 18時11分

>>69あべちゃん

ううああぁぁ、、、大変でしたねぇ。。。
HRだけじゃなく、家もって・・・
復旧復興を祈っております。。。

投稿: TERU☆ | 2012年9月 4日 (火) 18時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/55572588

この記事へのトラックバック一覧です: バイクならではの恐怖!:

« 徳内祭り2012 | トップページ | JOG6年目に »