« ラーツー1205裏磐梯 | トップページ | ラーツー1206-01 裏磐梯2 »

2012年6月 4日 (月)

モンテvs鳥取 成長

J1を経験したメンバーが多く、改めて”少しずつ成長”という監督の話に”今さら感”を持っていたが、すみません、なるほど、そうだった。

Tottori

これまでの試合で出た課題である「風の影響」「暑さ対策」「試合の入り」等々、ひとつづつ克服しつつある。この日も前半風下でいきなりのロングシュートに肝を冷やしたが、後半は逆に風を利用して試合をリードした。
残った課題のひとつに「2点差以上でも流れで危うい精神状態になる」事がある。大分戦しかり愛媛戦しかり、2点差以上つけても1点返されると、とたんに昨年の事を未だ引きずっているかのような、負の連鎖が頭をもたげ下を見る選手が出ていた。

よく言われる”2点差は危険な点差”というのはすでに古い。2点差は守りきるのが今のサッカー。スコアレスや1点差なら守備意識も高く持続できるのだが、2点差以上ついての試合運びに不安が残るのは、技術面より精神面での課題だろう。

今回も宮阪の圧巻の連続フリーキックで3点差をつけたものの、実信の見事なミドルで1点を返されるとまだ2点差あるのに何か嫌なムードが漂った。

とにかくこの悪い時間をしのげるか。
勢いづいた鳥取の攻勢を辛抱強く耐えられるか。

今試合、なんとかしのいだ事で、もうひとつの課題も克服し、まさに試合で強くなっている山形を実感した。

さあ、いよいよ次は京都で1・2位対決。
というより、昨年の天皇杯のリベンジの時がとうとうやってきた。
あの時も早々に2点差をつけたものの、守るのか攻めるのかはっきりさせないまま勢いつかせ逆転されたものだった。

昨年とどちらが成長しているか見られる絶好のチャンス。
地元の監督はもちろん、3枚イエローの山崎も途中交代させて満を持した。

そしてもうふたり、地元である家内が娘と京都へ帰るのとちょうど重なるので(私も行きたいけど、燦燦會の総会と踊り初めがあるので断念)私の分まで念を持って行って応援させたいが、京都側につくかもしれないのでやめとく。。(ーー;)

.

-----

■とりあえず【京都に戻ろJOG】 311 (since Sep.01 2007)
-山形-京都-鹿児島-沖縄一周-四国縦断-京都・総計3012.1kmで達成-
(現在:大分県佐伯市から高知県宿毛市にフェリーで渡り四国縦断中。
 徳島まで小計369kmを仮想ジョギング中)

2日(土)走った距離 3km/(小計48.7km)総計2486.8km

翌3日(日)朝の体重 73.2kg、体脂肪率 21.3%

ジムではなく家の周囲を、早足ウォーキング&膝と相談しながら軽くジョグ。
最近動いて無かったので膨満感があり、身体を動かしたかったのだ。
やはり身体は正直、最近に無い73kg台を記録していた。(>。<)

|

« ラーツー1205裏磐梯 | トップページ | ラーツー1206-01 裏磐梯2 »

ジョグノート」カテゴリの記事

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/54875187

この記事へのトラックバック一覧です: モンテvs鳥取 成長:

« ラーツー1205裏磐梯 | トップページ | ラーツー1206-01 裏磐梯2 »