« 村山二題 | トップページ | モンテ vs松本 目が点 »

2012年3月12日 (月)

もやっともやっと

3.11昨日の夜は震災のあった1年前と同じメニューの牛丼だった。
幸い石油ストーブがあったので停電でも温めて食べられた。
あの日を忘れないように・・と家内は言うが、今後毎年この日はレトルトの牛丼になるのだろうか・・・。ま、いいけど。。。

この日は電気も消してキャンドルナイトを・・と思ったが、実は前日の土曜日午後に数時間停電があり、電気のありがたみはすでに再確認できていたので普通に過ごした。そのあたり前に暮らせるありがたみに感謝して。

というのも、「福島原発4号機の奇跡!」が無かったら、山形いや東京だって今頃どうなってたかわからなかったって話なんでしょ。
震災当初の対応を知れば知るほど、菅政権だった不幸が残念でならない。

モンテディオ山形が半年ぶりに勝利したというのに残るこの”もやっと感”はどうだろう。地震のあった時刻がロスタイムで黙祷しそびれた(勿論そのために試合前に黙祷したのだが)事もあるが、この1年ず~っと晴れないもやもやは、3.11を過ぎてもなお一層募るばかりだ。

何のもやもやかというと、、

先ずは、瓦礫の処理だ。

東京も受け入れるようになったけど最初に受け入れたのはここ村山だ。
何度も書いているので省くけど、反対派の方々の意見は放射線の影響だ。
これはもういくら受入基準レベルよりぜんぜん低いと言っても、もう感情論的なものになっているので話はかみ合わない。基準そのものが学者の間でも問題ないという人もいれば、問題だという人もいて結局はわからない。

私が思う一番良い策は、瓦礫を利活用した「木質バイオマスリサイクル工場」と「バイオマス発電所」を併設した”村山方式”を被災地に建設すればいいのに、という事。
瓦礫処理と発電の両方が担える、早く決断していれば1年経った今ではもうすでに始められていたのではないか。であれば、わざわざ理不尽な誹謗中傷、風評被害を村山市は受けずに済んだはず。

実際、被災地の陸前高田市長や岩泉町長等もわざわざ県外に多額の輸送費をかけなくても、地元にやらせてくれたら雇用も産まれると政府に言っても門前払いだったそうな。

ここで、放射線とは別の問題が見え隠れしてきて”もやっと感”は倍増された。

いわゆる「産廃利権」の問題。 ホントかどうかわからないけど、他県に瓦礫を運ぶ輸送費に多額の利権がからんでるって話ね。
もう、聞けば聞くほどイヤになってくる。

といって、国会をみても結局相変わらず田中氏の揚げ足取りや政局の話ばかりで、もう、もやもやは頂点だ。

それ以前にも震災当初から言われている事だが、被災地の瓦礫撤去などのボランティアについても、少なくなってきたので「来て」というアナウンスもあれば、「ボランティアが地元の雇用をスポイルしてしまう」と言われてしまい、どっちなの?どうしたらいいの?という、もやもやの下地もあった。

何が正しくて何が間違いなのか、結局は最初の菅政権時代の間違った対処がすべての不信感を生んでるのは間違いないんだけど、今さらそれを愚痴っても何もならない・・・と、またもやもや(涙)

とにかく、今日からまた普段通り一所懸命働こうと、ありきたりな落としどころを選び、決して”手抜きでレトルト牛丼にしたのではない”という一番のもやもやを吹っ飛ばそうとしている今日の私である。(ーー;)

|

« 村山二題 | トップページ | モンテ vs松本 目が点 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/54205247

この記事へのトラックバック一覧です: もやっともやっと:

« 村山二題 | トップページ | モンテ vs松本 目が点 »