« やばい、痛い(涙) | トップページ | ほっ。。 »

2011年9月13日 (火)

仲秋の満月に思う、、人生って・・・

9/1 なでしこ五輪予選 vsタイ      ○3-0
9/2 男子W杯予選 vs北朝鮮       ○1-0
9/3 なでしこ五輪予選 vs韓国      ○2-1
9/4 モンテみちのくTG vs仙台        ○1-0
9/5 なでしこ五輪予選 vs豪州       ○1-0
9/6 男子W杯予選 vsウズベキスタン △1-1
9/8 なでしこ五輪予選 vs北朝鮮     △1-1
9/11 モンテ vs浦和               ○1-0
9/11 なでしこ五輪予選 vs中国      ○1-0

9月に入って、サッカー観戦三昧なのは書いたが、こうして書き出すと改めてすごい。何てったって、9戦連続【負け無し】!!!

「好事魔多し」の言葉がよぎり、気を引き締めようと思うのは54歳、伊達に歳を重ねてはいないはず・・・だった。。。

10(土)は曇り一時雨予報という事もあり膝痛回復優先で家の片付け。
      偉いっ!
11(日)は曇りと日焼けしないバイク日和。

先ずは、そば花祭りを終えたばかりの大高根を走る。
Tanadacosmos00

昨年も来たが、白い蕎麦の花と秋桜とのコンビネーションがバツグンだ。
Sobacosmos

ちょいとバイクをUターンさせ入れてみた。
こんな感じで走ったんだぞーっと。

そこから、山ノ内-次年子-と通って大蔵村へ。昨年は車で新庄経由で来たが、今年はバイクなのであえてワインディングロードを選択。

何度も書くけど、車は目的地へ着くための手段。
バイクは目的地へ着くまでの走りも目的のひとつ。一粒で二度おいしい♪

さあ、着いた~。

Tanada01

今年ものどかな棚田が迎えてくれた。

ふぅ~~。。。

&・・・痛てて。

実は家内にも黙っているのだが、、この時、「初コケ」をしてしまっていた。

場所は、                       ココ↓

Tanada02

棚田の上と下に少し広い道路が走っていて、そこを結ぶタテの道は農作業用の狭い道。軽トラがようやく1台ギリギリ走れる幅で、そしてこの通り急な登り坂。

ま、コンクリート舗装されているのでバイクでも大丈夫かなと思って下の道路から上がってきた。上から見てもこの通り、この先が見えないけれども、下から登ってきた時も先が見えない。

で、登ってきて初めていきなり左90度に曲がるのがわかった訳。
昔かじったトライアルのように半立ち前傾姿勢で登ってきたのだが、いかんせん、トライアルバイクとW800では重量が違い過ぎます。

あっ!(道が無い!)と気づき、ヨロっとした時には、前輪は平らな所でも後輪はまだ急坂にあり、うぁっ、これ以上スタンディングで立て直すのは無理~。

足をつこうとしたが、足の着地点は道路の外になる。
そこには側溝があるんだか無いんだか草が生い茂っていてわからない。
もし側溝があったら捻挫もしくは骨折のリスクがある。
まして、痛めている左膝が支えられるか!?

時間にして1~2秒、人間、不思議とこんな時でも色んな事を考えんのね。。

結局、足で支えず、バイクだけ倒す事を選択した。すまんW8。

でもたぶん正解。やはり側溝があって、しかも蓋のある所と無い所があった。

ほとんど止まるようなスピードでいわゆる「立ちコケ」みたいな感じだったから損傷は無いと思ったが、コンクリートだった事と、何と言っても大型でも軽量とはいえそこそこ重量はあり、左ステップと左後ろウインカーが壊れた。

しばし、棚田を見ながら、「初コケ」を反省。。。

不幸中の幸いは、誰もいなくてコケたの見られなかった事。(^^;)

しばらくして、同じ場所を、鳥取?ナンバーの車が何度も何度も何度も・・切り返してようやく登ってきたり、今度はこっち側から降りていった山形ナンバーの車がそこで断念して戻ってきたり・・・通行禁止の表示は無かったと思うけど、ココは通らない方が懸命です。

さて、左ステップが無くなったので帰宅する事にした。

Tanadamogami

最上川沿いに走ると、川風とともに吹くこの季節の風は、暑くもなく寒くもなくバイクには最高だ。

途中、同じ道を帰ったつもりだったけど、ひとつ道を間違ったらしく、葉山の山裾をグニャグニャ走る。必要ないかなと使ってなかったナビで確認し、次年子に無事着いた。

昼時なので、次年子蕎麦食べていこうと思ったのだが、暖簾をあけて入るとテーブル席が無く、座って食べるしかなかったので、断念。
すみません、膝が悪くあぐらもきついのです。

村山に戻り、そのままバイクショップでパーツを手配し、ラーメンショップでいつものつけ麺。(最近はまってて日曜昼どうしようかと迷うとほとんどココに)

次年子蕎麦を断念したのにはもうひとつ理由があった。
この時あたりから、膝の痛みだけではなくなっていたのだ。

最初は、私にケガが無くて良かったというか、ま、ほとんど立ちゴケなんだからケガするはずもなく、どこも痛くなかったんだけど、、、
しばらくして帰る途中で、何か右足に違和感が・・・。

Tanadaitata

めくってみたら、あら、不思議!!

”たんこぶ”みたいにぷくんと腫れていた。

あ、汚い足でごめんね。(ーー;)

実は、プクンと腫れてる所を山頂に、この湿布薬を貼ってる範囲全体がアザw

しかし、、ホントぜんぜん何かに当たった記憶が無いのが悲しすぎる。。。

もうちょっと前の方にズレると「弁慶の泣き所」でメチャ痛かったんだろうけど、信じられないほどぜんぜん痛みは無かった。もしかしてこれって老化現象??
(2日経った今も、腫れとアザはあれども痛みは無い)

考えられるのは、バイクが倒れる時、右足ステップが私の右足を”ズズッ”という感じでヒットしていたのだろう?

痛かったはずなんだけど、
「大丈夫か?W800・・・」という思いが強かったのかな(笑)

-----

9戦連続負け無しの陰には、、、良いことばかりも続かない。
「初コケ」&「初損傷」と、しっかりバランスされるのが人生なんだよなーー
昨夜の”仲秋の満月”を見ながら、、そしてユーミンの十四番目の月を口ずさみながら、しばし思いにふける私だった。。。

|

« やばい、痛い(涙) | トップページ | ほっ。。 »

スポーツ」カテゴリの記事

車・バイク」カテゴリの記事

コメント

内緒にしてたかて、ここに書いたらバレバレやんgawk

危ないなぁ。
打ち身だけで済んだんは、不幸中の幸い…。

投稿: まじょ | 2011年9月13日 (火) 19時31分

イタイ記事になっちゃいましたね

大蔵の棚田??どこっすか?

投稿: りよ | 2011年9月14日 (水) 17時47分

>>まじょ

男はいつも危険と背中合わせの人生なのさ。。ってかw


>>りよさん

身体は痛くないんだけど、W8が痛い(>。<)

肘折の手前、大蔵村ですよん。いい所です。

投稿: TERU☆ | 2011年9月14日 (水) 18時06分

鹿の角のたたりでしょうか・・・。
そのうち、お酒、いやビールで清めましょう!(^-^;

投稿: せっぽ | 2011年9月15日 (木) 13時21分

鹿の角は、捨てられるものを有効活用したと思うんだけどなぁ。。

明日、モンテが勝ったら某S君といっぽんで呑む予定だよん♪

投稿: TERU☆ | 2011年9月16日 (金) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/52720205

この記事へのトラックバック一覧です: 仲秋の満月に思う、、人生って・・・:

« やばい、痛い(涙) | トップページ | ほっ。。 »