« 月山 | トップページ | みちのくTG »

2011年9月 2日 (金)

大打ち上げ

我らが「楯山燦燦會」@徳内ばやしの大打ち上げは、昨年に引き続きレストラン村山で8月28日(日)夕方開催された。
祭り初日に軽く「蕎麦打ち上げ」を行うけど、改めてしっかり打ち上げるのだ。
ただ呑むだけじゃなく、最初に反省会もしっかり行い、来年につなげるという意味もある。

【山車部】
今年も盆休み返上でがんばってくれたメンバーに感謝。
多くの若い子たちも最終日祭り演舞後に解体を手伝ってくれた。

【踊り部】
今年は最終日少し雨に降られたが、子供達も含め全員、風邪などひかず、ケガ人も出なかったのは良かった。今年は子供達もうまかったなー。

あ、ケガといえば、、私が左膝を痛めたことくらいか。。

【囃子部】
K統括から、反省点としてたったひとつだけ上げられた。

ステージのカネ・・・バチが壊れた事・・・。

って、え? 反省点は會長の私だけとな。 てへっ (^^ゞ
はい、すんませんでしたww

んなもんで、最後の私からのまとめ/総括が言いにくいったら、ありゃしない!

ま、笑ってごまかして、気を取り直して、、
女性陣を代表して踊り部副部長のhiroeちゃんの音頭で乾杯!

同時に、賑やかに懇親会が始まる。

途中、問題のステージの録画が映し出された。

---反省を込めて、防備録として残しておこう---

それは祭り初日のステージだった。
http://teru1.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-5271.html

ステージのカネは、ステージに用意されているカネを使用した。
団体によっては自分たちのカネを持って行く所もあるけど、「弘法筆を選ばず」というか、山車から持って行くのめんどくさいというか・・・
で、通常、バチは金属製のものを使うのだが、その借り物のカネにキズをつけたら悪いかなと配慮し、先端に堅い「鹿の角(つの)」が取り付けてある特製バチを用意していた。
このやさしい配慮が問題の要因になろうとはその時は知るよしもなかった。。。

演奏開始から、鹿の角によるカネは快調に歌っていた。
しかし、すぐ異変に気づく。今年、練習で一度も使ってなかった鹿の角のバチ。なんと先端の肝心の鹿の角がグラグラ取れそうになったのだ!

快調だったカネの音が少し低くなる。
とうとう取れた(>。<) が、かろうじてビニールテープで止まっているので、何とかそこで必死に叩いている。

せめて踊りが転換するところまで何とかもたせようとがんばるも、しだいにはがれてきて・・・

とうとう、カネが一瞬止まる!
が、少し低い音ながら、すぐに再開。
隣の締太鼓を叩く賢ちゃんに替わってもらったのだ。音が低くなったのは締太鼓用の木バチでカネを叩いてもらったから。

そして一目散にステージの裏から飛び降り、ダッシュで山車待機場へ走り、いつものバチを取ってきた。
「えー!?わかんなかった。あの短い時間で山車まで取りに行ったの!?」
「カネが低くなったとは思ったけど、PAの調子が悪いのかと思った」
「あれ?とは思ったけど、取りに行ったとは思わなかった。早くない?」
そうなの。
山車待機場までの数百メートルを、ものの2~3分で往復したのだ。
で、その間、仕切ってるバーをハードル走のように飛び跳ね・・・
この時です、私の左膝がやられたのは(泣) たぶん着地でw

ステージに戻ってカネ再開。
舞扇隊と子供たちの途中くらいで復帰したかな。

この突如発生したアクシデントに対して、よくも即決、見事な対応をしたなと思ってたのに、、、言わなきゃわかんない人もいたのに・・・
それが、今年唯一の反省点と言われるとは・・・ww

ま、そうなんだけどね(^^;)
スペアのバチも持って行くかなとは思ったんだけど、
「ま、大丈夫だべ」と油断したのも事実。来年、気をつけようっと。

と、長々と言い訳を綴ったところで、打ち上げもおひらきの時間に。

Sansan110828

みんなで心をひとつにbigrui君の音頭で「一発締め」で打ち上げた。
あ、鼻先だけですまん>bigrui君

二次会は、ワンツーで。
その後は・・・あれ? 思い出せないw

帰った、な。たぶん。。

-----

という事で、6月、被災された方々への「黙祷」で始まった今年の燦燦會も、この打ち上げでひとまず終了。
また来年、年に一度の「ハレ」の日のために、普段の「ケ」の日々に戻ります。

みんなぁ~、おつかれ様でしたっ!!

|

« 月山 | トップページ | みちのくTG »

徳内ばやし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/52628951

この記事へのトラックバック一覧です: 大打ち上げ:

« 月山 | トップページ | みちのくTG »