« そう、ふんばろう。 | トップページ | モンテとゴルフとF1と »

2011年5月22日 (日)

復興支援ボランティアとはいえ

たった1日の、1食や2食の炊き出しボランティアってどうなんだろう?
砂漠にじょうろで水をまくみたいなもので、もしかしたらただ「何かしなくては」に対処した自己満足に過ぎないのでは・・
と、行く前にちょっと思っていたのは事実。

ただ実際行ってみなくちゃわからない。
「ありがとうございます」
「本当においしかった」
粛々と行列を作って待ち、笑顔でお礼を述べられる方々。

もうこれまでもたくさんの支援者が来られて、一流のシェフとか芸能人が大金をかけて炊き出しをされているので、もちろん山形の蕎麦は胸を張れる食材だけど、もう舌が肥えられているみなさんに満足していただけるのか?みたいな懸念も吹っ飛んだ。
もちろん、大義名分リップサービスが入っているのもわかるけど。

おいしいと笑顔で言っていただけたみなさんは勿論だけど、もっと喜んでいただけたのは炊事係を担当しているお母さん方だった。200数十人が暮らす避難センターだったけど、3交代で3食を作っているとのこと。
食材は提供されてるんだけど、献立に毎回苦心されている。
そりゃそうだ、毎日毎日・・・だもんね。
そんな中で、1食でも2食でも休めるのは非常に助かるのだ、と。

これは実際行ってみないとわからなかったなぁ。

こうした些細な事をみんなで少しづつでも支援して続けて行くというのは、砂漠に水をまくのでは決してないという事もわかった。

GW終了後、ボランティアの数はだいぶ減っているという。
実際、各ボランティアセンターでは、県外のボランティアを断っている所も多い。
でも現場では来て欲しい、という切実な声を上げている。
このギャップは何なんだろう・・・という思いを強くしたのと同時に、これからも長期間必要な復興支援にこれまで以上に近県の我々の出番、というかやるべき事を理解した。

.

-----

■とりあえず【京都に戻ろJOG】 280 (since Sep.01 2007)
-山形-京都-鹿児島-沖縄一周-鹿児島-京都・総計3012.1kmで達成-
(現在:鹿児島から佐伯市まで261kmを仮想ジョギング中)

昨日走った距離 5km/(小計174.5km)総計2355.6km
+ファイトアタックBEAT・50分

今朝の体重 68.9kg、体脂肪率 19.3%

南三陸町まで片道3時間ちょい。
朝5時集合して、夕方6時過ぎに帰宅。
仲間15名バスで行ったのでちょっと疲れたけど身体をほぐすためにジムへ。

|

« そう、ふんばろう。 | トップページ | モンテとゴルフとF1と »

ジョグノート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

救援物資もそうだったけれど、ほしいものとわたしたいものがうまくかみ合わないんだと思います。

私がお世話になった高畠は、ビックリするくらい物資もあったし、あたたかいごはんも、寝る場所もあった。
テレビを見ていると、それさえままならない避難所がたくさん。
南相馬は、原発が怖いと言って何も来なかったみたいですから。
なんだか悲しくなります。

とはいえ、長期的に支援していかないといけないことも確かですね。
私も、できることからはじめてます(^-^)/

投稿: kaori | 2011年5月22日 (日) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/51736745

この記事へのトラックバック一覧です: 復興支援ボランティアとはいえ:

« そう、ふんばろう。 | トップページ | モンテとゴルフとF1と »