« 私は応援したい与謝野さん | トップページ | 走り初め »

2011年1月17日 (月)

もう若くないさと・・・

湯けむりのむこうの青白く暮れなずむ空に星が輝いていた。

昨日の日曜は1日中屋根の雪下ろし。
正月あまり無かった雪は、先週断続的に降り続け、積雪70cmにもなった。
今後の天気予報も曇りと雪マークだけなので、安全安心のためにも降ろしておこうと思ったのだ。

我が家は結婚する時に建てたからもう築29年・・・。20代半ばで色々言われもしたが、近くにマンションは無く、アパートを借りた上に新築資金を貯蓄するんだったら、最初から家を建ててローン組んだ方が良いと思ったのだった。それで今は増築した子供部屋も含めローンは完済し老後の憂いも無いって寸法だ。

ひとつだけ失敗したのは、屋根。
もちろん、雪国なので積雪の事は一番に気にした。
なんとか屋根の雪下ろしをせずに済む設計を依頼した・・・はずだった。
総二階にして屋根面積を減らし強度を持たせた家にするとか、傾斜をつけて雪を自然落下させる方法とかある訳だけど、選んだのは後者。
本当は前者+コンクリート打ちっ放しが理想だったんだけど、さすがに20代半ばでは予算オーバー過ぎw

で、完成した家には、なぜか屋根に「雪止め」がついていた!
「なんで!?」と聞いたら、このまま雪が自然落下したら、敷地外の道路にまで雪が行ってしまう事、もし自然落下しなければ雪止めが無いと雪下ろしをするときに非情に危険との事。
いや、その雪降ろしをしなくて済むようにしたんだけど・・・
設計士に詰め寄るも、首を傾げるだけでラチがあかない。
実は屋根を葺いたのはウチの会社(昔は建築板金もやっていた)なので、その職人の言う事は間違いないしw という訳で、自然落下式に設計したはずが、実際は雪下ろしが必要な家になったのだった。(涙)

・・・ったく、こんな雪下ろししなくても済むように設計依頼したのに・・・それだったら別の間取りにしたかったのに・・・と、今回もブツブツ言いながら屋根の雪を降ろしていた。
ま、今年一度もジムで走ってないし、正月太り解消&体脂肪燃焼のためにも良いだろうと無理にポジりもしながら・・。

午前中は子供部屋の屋根全部と母屋の軒先を降ろして終了。
もう誰もおらず暖房を使っていない子供部屋が雪が溶けないから一番多い。
もうこれだけでクッタクタ・・・。汗もいっぱいかいたので着替えて、日曜も仕事な家内が昼食奢るというので蕎麦屋さんへ。
「正月太り解消ダイエット中」vs「午後のためにもスタミナつける」は後者が勝り、ラーメン+カレーセット。
奢るというのでただのラーメンだけじゃもったいないというのもあった。
んがしかし、疲れすぎてて、まさかの完食ならずw
ゴメンね~雪下ろしでクッタクタで~食べられると思ったんだけど・・・とお店に詫び、もう若くないさと君に言い訳し・・・ながら、、家に帰った。。

午後は、暗くなり始める4時までが勝負。
車庫と母屋の2/3を降ろした所で4時ちょい前、ここで、「体力の、げんかい・・」と千代の富士引退と同じように口を真一文字にして絞り出し、また、もう若くないさと君に言い訳しながら屋根を降りた。
道路に落ちた雪を除雪機で家の庭に飛ばし片付け1日の作業を終了。三角屋根の上1/3くらい残ってるけど、ま、家屋崩壊とか事故の心配はないだろう。

昼休みに準備していた(このあたりの無駄の無い周到さは年の功を感じるね)着替えと洗面用具を持って、近くの日帰り温泉”こまつの湯”に速攻で行く。
バスタオルを忘れたので(このあたりの忘れっぽさは老いを感じるねw)サウナには入れなかったが、汗を流し内湯に浸かりながらストレッチ。
腰はもちろん、特に首周りがもうガチンガチンに凝り固まってる。

じっくり暖まってから、外へ。
雪をかぶった庭の木々を見ながらの雪見露天風呂としゃれ込む。
そして冒頭の星に癒されたという訳だ。

湯から上がり庭石に座り、雪を手に取ってほてった顔につけてみる。
冷てっ。 でも、気持ちいい~♪

星が出てるという事は、気温はもう零下になろうとしているのだろう。髪の毛がパーシャル冷凍みたいな感じで簡単に立つので色んな髪型ができる(笑)

何度も湯に入ったり上がったりを繰り返し、、その度に、、、

はぁ~~~。。。

隣の人もみんな同じように深くやり切った感のあるため息をついているので、雪下ろしした人なのだろう。お疲れさん。

それから自分にもお疲れさんとコーヒー牛乳を飲んで帰った。

そして今日、、、やはり全身疲労・・・でもこの歳だから明日はもっとドドッと筋肉痛が襲ってくるのか?と心配になる。

明日もまた、もう若くないさと君に言い訳するのだろうか。。。

|

« 私は応援したい与謝野さん | トップページ | 走り初め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

TERUさんの言動で歳を感じるのは早過ぎです(笑)
まだまだ楽しい事を考えながら日々行動してください。
そうすれば歳を忘れますから~。

投稿: macky | 2011年1月18日 (火) 10時59分

をを、温泉効果か?? 2日目なのに思ったほど筋肉痛きてない!(^^)v 
温泉の中で入念にストレッチしたし、マッサージも全身15分コースを2セットもやったもんね。
でも、まさか、、、3日目にくるってことはないよねw

投稿: TERU☆ | 2011年1月18日 (火) 18時50分

TERU☆さん、遅ればせながら、明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしお願いします。

屋根の雪下ろしご苦労様でした。今冬も各地で雪下ろし中に落下死する人が出ていますね。TERU☆さんの雪下ろしをしなくてもすむようにしたかった気持ち、よーくわかります。村山市の降雪量からすると、設計積雪荷重は300kg/㎡オーバーで計算してあるはず。これは、構造体にも相当の耐荷重を要求する事になるので、自然落下させた方が手間暇だけでなく、遥かに構造体にも優しいですものね。ただ、屋根に載っけておいた方が雪が溶けやすいのも事実。あまり雪が多くない山形市内は、積極的に雪止めをつけて屋根上で融雪させるのが一般的なんです。ただし、これは積もってもたかが知れている山形市内あたりの地域での論法で、村山市地域には通用しないと思います。よっぽど設計士が安全率を大きくとって計算したのでしょうか。とすれば、冬場以外はそれだけ頑丈に設計されてるので安全とも言えるかもしれないですよ。雪下ろしお疲れさまでした。

”もう若くないさと、君に言い訳”しなくとも、TERU☆さんのように常に鍛える姿勢が大切なんじゃないでしょうか。”僕は無精髭と髪を伸ばして” 新年にも拘らず鬱陶しいので床屋にでかけようと思っています。さっぱりとして旧正月でも迎えますか。

”いつか君と行った映画” 実写版「宇宙戦艦ヤマト」がきています。昔、アニメ版ヤマトを ”授業を抜け出して一人で出かけ”ました。これを見て地球防衛軍ならずメタボ阻止健康防衛軍なるべくTERU☆を見習って僕も体を鍛えなおすかな。

投稿: pino | 2011年1月22日 (土) 00時11分

TERU☆さん、絶対年相応に見えないから大丈夫ですって!
若いもの、うちの旦那サマのほうが老けて見えますわ(爆)。

雪下ろし...豪雪地帯の恒例行事ですね。
kaoriのところは海っぱたなので、積もりませんが凍ります。
夜の黒々とした路面がぬれているのか凍っているのか分からずビビリミッター発動中です(笑)。
過去にガードレールとディープキスしそうになった経験があったので...(汗)

カラダにはお気をつけて☆

投稿: kaori | 2011年1月23日 (日) 00時15分

>>pinoさん

こちらこそ、今年もどうぞよろしく。
今日もジムに行くんなら、雪下ろしして汗かいた方が両得だろうって事で屋根に登りました。
さすがプロの話は説得力が違いますね。
大変だ~辛い~とか泣き言言わず、冬場の体力作りとポジるようにします。

てか、この、もう若くないさと君に言い訳したね・・ってフレーズ、いちご白書ってわかったのもしかしてこのバカブログ読んでくれてる方の中でpinoさんだけ・・って事ないよね?(^^;)


>>kaoriちゃん

ありがとー。今年もよろしくね~。
女性から言われると、お世辞でもうれしいです♪
わたし、褒められて伸びるじゃなくてうぬぼれるタイプです。(^^;)

私もガードレールとキスしそうになったのは、宝ヶ池公園@京都のヘアピンカーブです。雨降って下り坂で・・・ホントわずか数cmってとこでグリップ回復し、無傷でターン。
後続車の友人はもちろん私も逝ったと思いました。(>。<)
全身汗かきましたが、あの思いがあるのでそれ以来いつも安全運転です。

はい、お互い、身体も運転も気をつけようね。

投稿: TERU☆ | 2011年1月23日 (日) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/50612409

この記事へのトラックバック一覧です: もう若くないさと・・・:

« 私は応援したい与謝野さん | トップページ | 走り初め »