« 甑葉プラザ、待望のオープンその1 | トップページ | HRスプリント第2戦プロローグ、モンテとか »

2010年6月 1日 (火)

待望の甑葉プラザ その2

さてさて、ではでは前回に引き続き、プラザの中身をのぞいていこう。

Shoyofr02

甑葉プラザは、正面から向かって右が「市立図書館」、左にカフェ・アルドーレや調理実習室等の各種研修/会議室などがあって、正面奥が「甑葉ホール」と「親子交流ひろば」(2F)となっている。

甑葉プラザの目玉施設のひとつが「親子交流ひろば」だ。

Shoyopopoh02
↑こちらは就学前の乳幼児の親子のための「ひだまりルーム」

Shoyopopoh04_2

色んな遊び道具も用意されていて歓声が上がっていたが、これにシンボルの”コミュニティ・ジム”が後日届いたら、より充実したものになるだろう。

.

小さい頃は、こういう「隅っこ」が好きなんだよなー。

しっかり自分の居場所を作っている。

.

.

Shoyopopoh03
この日は解放されていたが、↑奥(事務室左)に仕切りをつければ、
予約制の託児室「だっこルーム」となる。

Shoyopopoh01
↑受付も初日から親子で大にぎわい。

全館、他は土足でOKなのだが、衛生上?ここから先は土足禁止。
子どもたちには裸足で遊んでほしいもんね。
左側に下駄箱はあるのだが、ま、そうだよなー、仕切りが無いから土足のまま行っちゃう人も多かった。という事で、急遽ポールが作られていた。
ま、これはもうしょうがないでしょ。手作り感がモダンな建物には似合わないけど、かえってスタッフの温もりが伝わる感じで良かった。
建築設計の意匠面からみると指摘されるかもしれないが、こういう実際の使用者や利用者が使いやすくしていく事で、建物に命が吹き込まれていくとも言えるだろう。

廊下の右側に学童保育”楯山キッズクラブ”の「なかよしルーム」がある。

んーー、ここでどうしても疑問に思うのが、各々の名称。。
「ひだまりルーム」「だっこルーム」「なかよしルーム」可愛くて柔らかくて良さそうにも思うけど・・・かえって何の部屋かわからなくない?
普通に「ポポーのひろば」「託児室」「キッズクラブ」にした方が、利用者もわかりやすいと思うんだけど(^^;) 何度聞いても覚えられないのは歳のせいか。。

ま、それはさておき、、

受付カウンターには多くの方々からお祝いの花が届いていた。

Popohhana01
Popohhana02_3
図書館やホール等主な施設運営は行政だけど、
カフェ・アルドーレは民営、そして、この
「ひだまりルーム」と「だっこルーム」を運営するのは、市から委託を受けた市民の組織である
「ポポーのひろば」で、現在、NPO申請中。
7月初めには認可されるだろう。

「ポポーのひろば」については、
↓のエントリー参照あれ。

http://teru1.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-aa58.html

Popohhanawaiwai_2 そして、
お祝いの中にこんなメッセージがあった。

「夢達成ありがとう!」

 ん??

 ”おめでとう” じゃなくて、、
 ”ありがとう!”

実はこれには深い意味があった。

「わいわいランド」さんについても、

↓のエントリー参照あれ。

http://teru1.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-7eda.html

といってもメンドイでしょうから、かいつまんで言うと、、

Waiwai施設ができるけど予算が無いので誰かに市民団体を作ってもらいやってもらおう・・・とか、よくあるパターンでできたのではない。

(←2年前、山新に載った提言。
 クリックすると大きくなり読やすくなります)

.

もう10数年も前、村山のお母さん方が集まりサークルを作った。しかし予算も施設もなく、がんばったもののそのうち自分の子育てや介護の問題から続けられなかった事が、夢が、絶えることなく今こうしてつながり、本当に実現した。その喜びと感動が「夢達成ありがとう!」という言葉に凝縮されている。元わいわいランドのお母さん方の心情が伝わり胸を打たれた。

家内もこのところ毎日午前3時~4時までPCと格闘しているが(といっても晩ご飯食べた後、11時頃まで寝てんだけどw)この花とメッセージが届いた時は、思わず涙したという。

様々な市民の熱い思いと夢を乗せて船出した「甑葉プラザ」なのだ。

|

« 甑葉プラザ、待望のオープンその1 | トップページ | HRスプリント第2戦プロローグ、モンテとか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「夢達成ありがとう!」の思いわかります。これまでの苦労、挫折、そしてようやく実った「甑葉プラザ」への万感の思い、そして実現への感謝etc.すべてがこもっているのでしょうね。今の政府の子供一人当たりの手当金支給などが薄っぺらいばらまきに思えてきますね。先行きの見えない今の時代だからこそ、こういうNPO法人活動に意義が有り、脚光を浴びるべきだと思いますね。

先日の仕事の続きで近くまでいきました。ついでに「甑葉プラザ」の前をちょっと見てきました。素晴らしいですね。そこだけ別世界のようですね。その為、スプリント応援に行けずごめんなさい。せっかくのチケット無駄にしてしまい反省しきりです。結果どうでした?

投稿: pino | 2010年6月 6日 (日) 23時12分

ようこそ、村山へ~happy01
普段なら今頃東沢公園まで行かなくても、プラザ周辺の道路もバラが咲いて綺麗なんですけど、今年は1週間から10日ほど遅れているようですね。

村山のお母さん方、がんばってるでしょー。

子育てするなら、うらやましー村山市、です。

スプリントの結果は・・・
もうちょっと待ってねcoldsweats01

投稿: TERU☆ | 2010年6月 7日 (月) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/48515088

この記事へのトラックバック一覧です: 待望の甑葉プラザ その2:

« 甑葉プラザ、待望のオープンその1 | トップページ | HRスプリント第2戦プロローグ、モンテとか »