« 奇跡!モンテと結婚式と | トップページ | 朝は、、 »

2010年3月25日 (木)

スーパーGTも開幕

日曜の朝は、一晩でこんなになってた。 黄砂だ。

Kosa10

この黄砂と低い気温が、あんなレース展開をもたらそうとは・・・

日曜はちょっと書いた通り、モンテ・ホーム開幕戦と結婚式の他にもうひとつ、大事なスーパーGTの開幕戦もあった。
なんで大事かというと、開幕戦だけ重量ハンディが無くガチンコ勝負だから。
次レース以降は、入賞車に重量ハンディ等がつけられる。
これが嫌いで、あまりSGTには興味薄かったんだけど、今年はホンダがNSXから新車のHSV-010、日産は新排気量のGTRと、これまでとひと味変わった開幕ガチンコレースが見られるから楽しみだったのだ。

ポールポジションは、その#18 ホンダ HSV-010
おぉ、やったじゃん!
でもなー、車の横に、カタカナで「ウイダーinゼリー」って・・絶句w
http://www.fmotor.jp/photos/2010/p02859.html
よく、林社長はOKしたもんだ。スポンサーサイドの強い要求?
自社サイトに載せてないのは、そんな理由からかな?と思ってしまう。

次に、ZENT CERUMO SC430 がきて、3位は、MOTUL AUTECH GT-R
と、、ホンダ-トヨタ-日産の各メーカー1台ずつの順位となった。

モンテの試合が終わって結婚式に行く前に、スカパー!でチラ見したら、すでにポールの#18車は圏外に去っていたのだが、帰ってから録画を見ると、1周目からオーバーランし後退してしまったようだった。

スタート前から小雨が降っていたようだけど、画面もなんか曇りというより汚い。聞けば、冒頭書いたように山形以上に鈴鹿は黄砂がひどかったようだ。
雨なら思いっきり降ってくれれば良いのに、この時期だから路面温度が低い上に黄砂がまぶされれば、グリップする訳がない。
2周目も上位陣が曲がりきれず、グダグダに・・・

ま、F1に比べ、各順位でガチンコバトルが展開されているから、
面白いっちゃ~面白い。

ずっと下位に落ちた所から徐々に上げていこうとした#18は、おぉ!
ストレートで3台併走!!しかも HSV-010 が3台!

仙台ハイランド名物、2クラスのバトルか!?・・・みたいなw

で、大外の#8ファーマンがからんできてなんと両側の#8と#18が、そのままクラッシュ。真ん中の#32道上選手は、あれじゃ、何もできなかったはず。
私も2クラスでしょっちゅうやってるから、よ~くわかる(^^;)
かといってあそこでアクセルを緩めてはプロじゃないし・・。

しかし、地元のコースで共倒れって・・・ww

結局、昨年からあまり変更がなく、熟成されたSC430が一番速かった訳だけど、まだドラマは終わってなかった。

ドライバーチェンジとタイヤ交換した後のアウトラップが遅い遅い!!
いくら何でもそんなに遅すぎるか?・・・みたいな。
もう、ぜんぜんタイヤが暖まらないのね。
直線でも蛇行して温度を上げてる。
いや、スタート前のフォーメーションラップじゃなくて、レース中に、よw

で、勝ったのは、というと・・・

なんと10位スタートだった、マッチ監督の#24 HIS ADVAN KONDO GT-R
タイヤ交換無しの勝負に出て勝った。
予選のクラッシュでほぼ徹夜で修理したメカニック、その恩に報いるべく序盤、タイヤを労りながらも速く走ったJP、そして安田と見事なチームワークだった。

2位 ENEOS SC430  3位 RAYBRIG HSV-010

という事で決勝も日産-トヨタ-ホンダとこれまた1台ずつボディウムへ。

やっぱ、こういうレースを毎回観たい。

ハンディ制、要らないんじゃないの!?

特にこの不況の中でスポンサー獲得のためにも優勝持ち回りにしたいチーム事情はわからないでもないけど。。。

あ、GT300、、R&D本島監督もがんばれ~。

.

■体調 65%回復

|

« 奇跡!モンテと結婚式と | トップページ | 朝は、、 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

>ウイダーinゼリー
 ちょっとびっくりのカラーリングでしたよね^^;
 無限とかタカタとかって完全撤退しちゃったんでしょうか・・
 それとX Japanもまた1年で出資やめちゃって・・

>HIS ADVAN KONDO GT-R
 もしかして開幕戦2年連続優勝じゃないですかね?
 タイヤ無交換作戦はRX7は去年から何度もしてましたが,まさかGT500クラスで無交換って・・すごいことだと思います.
 と・・なると,RX7も確かADVAN.

 個人的にはカートのタイヤも車のタイヤもADVANって扱いやすく感じますね.
 スプリントならやっぱりBSって感じがしますが,ロングラン耐久となると,やっぱりADVANの感覚の変わらないグリップ感は安心です^^

 ・・・GTのタイヤは別物だと思いますが・・
 単純に個人的感情論です^^;

投稿: OKA | 2010年3月25日 (木) 19時47分

下にTAKATAってあるのでパーツサプライヤーとしては残っているのでしょう。
ヨシキ氏は例の事務所の支払い問題とかあって微妙だったのかもw

マッチんとこは開幕だけだったら2連勝ですね。
気温や天候によって、タイヤメーカーの差が思いっきりあるので、
レクサスとホンダがどちらもBS4台DL1台体制に対して、日産がBS、MI、YHと3台とも違うタイヤなのは面白いよね。

HSV-010 はちょっとスタイル的にウェッジが効き過ぎてて特にリアのドラッグが多そうで直線はSC430に負けてる。
でもHSV-010 の方がタイヤに優しいようで、今後の熟成と路面温度が上がる事でどこまで巻き返せるかも見所です。

投稿: TERU☆ | 2010年3月26日 (金) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/47905820

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーGTも開幕:

« 奇跡!モンテと結婚式と | トップページ | 朝は、、 »