« 新年会その2 | トップページ | 走り初め »

2010年1月17日 (日)

ひこうき雲

観てきたアバターの事を書こうとしたけど、BSで
「荒井由実”ひこうき雲”の秘密」
というのをやっていたので、思わず見入る。

松任谷さんはもちろん、おやおや細野さんに、後から林さんもやってきた。
(さすがに?ギターの鈴木さんは出られなかったのが残念)
16トラックのテープを「(細野さんの)ベースだけやって」とか「ピアノだけ」「ピアノとボーカルだけ」とか、みんな自分の聴きたい放題で聴いては話をしている。

そっか、「曇り空」の男の声は松任谷さんの声だったんだ、とか、今になって初めて知った事も多かった。

中学・高校と拓郎で、大学に入ってジャズに傾注した私だけど、1年生の時、初めてのひとり暮らし、四畳半の下宿で耳に入ってきたのが、
「ミスリム」
その新鮮なサウンドに聴き入ったのを今でも覚えている。

すぐにアルバムを買って、授業を終えると急いで部屋に帰り、こたつに入ってレコードを聴く日々が続いた。

翌月には、そのファーストアルバム「ひこうき雲」も買っていた。
当時はバイトしても月1枚買うのがやっとだった。

「ベルベットイースター」
あの新鮮なサウンドの秘密は、ユーミンのブリティッシュロック好きに対し彼らキャラメルママはアメリカン一辺倒で、特に松任谷正隆氏はブリティッシュロック大嫌いというくらいwそんな彼らが融合したからできたサウンドだということがわかった。

「きっと言える」
ガットギターとボーカルだけのトラックを再生した時なんか、涙が出そうに・・・。

「雨の街を」

楽しいことも、悲しいこともたくさんあった学生時代を思い出していた。。。

|

« 新年会その2 | トップページ | 走り初め »

音楽」カテゴリの記事

コメント

TERU☆さん、遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

荒井由実!!ユーミンと聞いて頭に浮かぶ曲はこっち(荒井)の方が私も多いんですよ。

「何もなかったように」新春にあたり今年の抱負を建ててみたけど、「瞳を閉じて」去年を振り返ると「さざ波」のようにいろんな反省が次から次へと浮かんできます。失礼した人たちには「そのまま」素直にお詫びしなくちゃ、「返事はいらない」から。去年は自分の変なプライドが「さみしさのゆくえ」を方向付けていたようです。そんな未熟な自分には「グッド・ラック・アンド・グッド・バイ」して、山形という「生まれた街で」いろんな人たちの「やさしさに包まれたなら」最高の充実した1年だったと「きっと言える」様にしたいです。

TERU☆さん、今年もよろしく御願い致します。久々にカートに乗ろうかと思っています。教えて下さいね。2月のオフ会で会えますか。


投稿: pino | 2010年1月18日 (月) 20時52分

うまいっ。
山田くぅ~ん、、pinoさんに座布団一枚やって!

この番組見ました?
面白かったですよ、めちゃくちゃ。今でも何回も繰り返し見てますもん。
2月19日再放送があるみたいです。
見逃してたらぜひどうぞ。

2月の表彰式&新年会行きますよ。
こちらこそ今年もどうぞよろしくです。

投稿: TERU☆ | 2010年1月19日 (火) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/47313557

この記事へのトラックバック一覧です: ひこうき雲:

« 新年会その2 | トップページ | 走り初め »