« 只今、蓮田 | トップページ | 初雪09 »

2009年11月 1日 (日)

天皇杯ショック

あ、今、ツーアウトから稲葉に先制ホームランを打たれた。
あ、ツーベース。
あ・・・・っという間に4失点。。

0-0からの巨人・内海。
こんな緊迫戦、数々乗り越えたてきただろう。
でも、ツーアウトからのたった一球の失投の後、切り替えようと頭ではわかっていても身体が動かない。

まるで、昨日のモンテの選手みたいに思えた。

あれから、、だいたい30時間経つ・・・

だから、少しは癒えてきたけど、まだ立ち直れない自分がいる。

昨日の朝、別の某コミュに書いた一言・・

「今日はこれから天皇杯vs明治大学戦。何も失うモノがなく、ましてプロをめざす人もおり必死にかかってきてJ2湘南を下して上がってきたチーム。難しいゲームになるだろうなー。」

いや、こう書きながらも負けるとは”まだ”思わなかった。

.

試合前、監督にも散々いわれていたことだろう。
「受けてたってはダメ」

しかし、頭ではわかっていても身体がその通り動かない。。

先制点!と思われたゴールはオフサイド。
これが「また得点できる」と思うようになってしまったのではないか?

押してる時に得点できずコーナーキックのこぼれ球で失点。
これで勢いづき最後までハードワークし続けた明治大学。

私も、なんでもかんでも”気力”だとか”勝ちたい気持ち”とか「最後は気力の問題」などと片付けたいとは思わないが、今ひとつの玉際のツメが足りなかったのは、ここでケガしていられない、以上に、降格ラインをようやく頭一つ抜け出した安堵感が無かったとは言えないだろう。

それは私たちサポにもあったのは、このガラガラのスタンドをみれば明白。

Meiji

いつもJ1対戦相手に向かっていったそれそのものを明治大にやられて、受けに入ってしまった。

このショックは、ちょっと小さくない。。
J1残留できたとしても、今回のショックは癒えるのだろうか。

すぐには受け入れられずに暴言吐いた大人サポもいたようだが、もっと打ちのめされているのは選手達。なにせリベンジ果たしたくてももうできない。少なくても1年後来年の天皇杯まで待たなくてはならない。

.

心配になって今日のTGも見てきたが、やはり観戦者数は少ないように思えた。

今は何をどうしたら良いかわからないが、もっと辛く打ちのめされるのは、4回戦明治大VS新潟をこの山形で開催されるその日だ。

次節鹿島戦が大いに心配されるが、どうやってショックから立ち直りモチベーションを上げられるか。選手達やチームはもちろん、我々サポもそれが試される。

ヘンに斜に構えたり、何かのせいにせず、あえてこの辛さを正面からとらえてみた。

ああ苦しい。本当に切ない。

でもこれを乗り越えなければ・・・

|

« 只今、蓮田 | トップページ | 初雪09 »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/46645901

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯ショック:

« 只今、蓮田 | トップページ | 初雪09 »