« 月に一度の | トップページ | 只今、蓮田 »

2009年10月25日 (日)

モンテ vs柏 J1残留四番勝負

J1残留四番勝負もクライマックス!降格圏対象の柏との直接対決。
金曜日に某社総会&懇親会があったので、アウェイ観戦を断念してスカパー!観戦に。

そろそろスタメン発表という時、庭が何やら真っ赤になってきた。
思わず飛び出し、西の空を見たら、燃えるような夕陽。

Yuyaku

勝利を祈りモンテリボンを巻いた山形県民の念が空を真っ赤に燃やしたかのようだった。

柏は対照的に雨。

しかし、開始早々山形が前線からアグレッシブにプレッシャーをかける。
攻撃こそ最大の防御、といわんばかりに。

2度もゴールネットを揺らすが、オフサイドとハンドの判定で認められず・・。
2度も立ち上がり大きな声を出してガッツポーズをしてしまった。。

こういう決めるべき時に決めないと相手に流れが行ってしまう。
後半、柏の反撃が始まった。

がしかし、柏のフリーキックやコーナーキックを凌いでカウンター一閃。
古橋のフィードをうまくトラップしゴールにパス!したのはキャプテン宮沢。
「ドッ!!」
と、歓喜に沸いたゴールすぐ後ろに陣取る青の有志たち2000名!と私(^^;)
キーパー、DFを寸前でかわし、まさにミヤの言う通り、ゴール裏の青の声援が吸い込んだようにゴールど真ん中へ流れていった。

ミヤはどこにいたんだろう?と巻き戻してみると、なんとゴール前ではね返したボールを受けてカウンターの起点を作ったのがミヤ。
だから、自陣ペナルティエリアちょい前からボールをはたき展開した後、相手ゴール前へ迷わず走っていったのだった。すげっ。

あとはGKシミケンとレオ&西河が、残留崖っぷちで死力を振り絞る柏の猛攻をこれまた死力を尽くして防ぎきった。
「やられたっ!」と思われたシュートも、頭をポスト直撃しながらはじき出したシミケン。古巣柏サポの目の前でのファイトに涙が出る思いだった。

0-1。神戸に続き、引き分けもやむなしと思われた試合も勝ちきるチームに成長したのが何とも誇らしい。
これで、千葉・大分・神戸・柏と、J1残留を賭けた四番勝負は、負け無しの3勝1引き分け。大きくJ1残留を引き寄せたと同時に、中位も視野に入ってきた。

残留争いに気持ちを割くことなく天皇杯に集中できるようになったのは何よりだ。

|

« 月に一度の | トップページ | 只今、蓮田 »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/46576809

この記事へのトラックバック一覧です: モンテ vs柏 J1残留四番勝負:

« 月に一度の | トップページ | 只今、蓮田 »