« HR09 SP-Rd.3 覆水盆に返らず | トップページ | モンテ vs東京 真夜中の »

2009年8月19日 (水)

祭り山車造り

も、いよいよ佳境に入ってきた。

Sandashi01

毎年盆休みを半分返上し夜中まで製作にあたってくれる仲間たち。
本当に頭が下がります。
昔は毎晩午前様どころか、祭り前日まで午前2時~3時だったけど、ここ数年は”次の日”になる前に帰れるから、いいよね~。

さて、「徳内ばやし」って、絵的にも踊りがメインのように思われる人も多いかと思うけど、その名の通り、”囃子”がメイン。
そこが、CD音源などの”よさこい系”のパフォーマンスと違うところ。
だから、囃子手の乗る山車も”祭り”の重要なポイントなのだ。
本来ならば、囃子を卒業した人が踊りに回る・・・ってのを、15年前の創設当初は想定してたんだけど、みんな踊りたいんだなー、これが(^^;)

Sandashi02

今年は、木札作りや飲み物を積む小山車の準備にあたっていた若手陣も、電飾など少しずつ本山車制作を手伝ってくれている。
祭りとして15年前、燦燦會として11年前はまだまだぜんぜん平気だったんだけど、やっぱみんな歳は取るので、(特に私は最近ボケを痛感してんのよねー)ありがたいと思うし、會にとってもまた祭りにとっても文化の継承という点で重要なことだ。
もちろんこれからも若手へ「丸投げ」じゃなしに、一緒にやってこーねー。

さて、

では、、

点灯試験、いってみようかぁー。

・・・

どうだ?

Sandashi03

はい、うまくいきましたー(^^)

1~2箇所、電灯切れのタマを交換し、まずは外観ほぼ完成。

あとは、もう一度ある練習を終えたら、、
PA(音響)を載せ、配線及びセッティングして完成だ。

さあ、もうひとふんばり、がんばっていこう!

|

« HR09 SP-Rd.3 覆水盆に返らず | トップページ | モンテ vs東京 真夜中の »

徳内ばやし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/45970097

この記事へのトラックバック一覧です: 祭り山車造り:

« HR09 SP-Rd.3 覆水盆に返らず | トップページ | モンテ vs東京 真夜中の »