« 怒濤の日曜日(3/3) | トップページ | 怒濤の日曜日(1/3) »

2009年8月31日 (月)

怒濤の日曜日(2/3)

■さて、村山市長選挙です。

 厳しい財政難の中、市民と一体となって心と質の充実を図ろうとする現職に対して、それでは人口減に歯止めはかからない、とにかく県や国から財源を引っ張ってきて都市計画などのインフラ整備をと訴える新人候補。
 結果は、現職が辛勝。
 前回のエントリー通り、勝者も敗者も今後4年間のがんばりが試される。

■衆議院議員選挙

 民主党が勘違いしないといいなー。
 決して某県内女性議員が言うような”前回の郵政選挙はやはり間違っていたと思ったから”自民票が民主に流れたのではない。郵政改革を筆頭に行財政のあらゆる改革を進めていこうとした小泉改革を自民党自身が待ったをかけ止めてしまったから、ダメだ自民党では・・と愛想を尽かしたのだ。
 私のような確たる支持政党を持たない浮動票は、だからといって信念がないのではなく、しっかり日頃の行いを評価して投票してんのよね。政権交代は決して目標じゃなく手段でしかない。これからの政策実現のやりようをしっかりみてるからね。
 でも、高速道路無料化は望んでないんだけどなー・・・。

■そして最高裁判所裁判官の国民審査

 小泉氏の政策でも自衛隊のイラク派遣には反対だった。
 だから、某竹内行夫氏には×を入れた。
 結局、全員信任されちゃったなーw

|

« 怒濤の日曜日(3/3) | トップページ | 怒濤の日曜日(1/3) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/46080932

この記事へのトラックバック一覧です: 怒濤の日曜日(2/3):

« 怒濤の日曜日(3/3) | トップページ | 怒濤の日曜日(1/3) »