« 村山の良いところ15 | トップページ | ただいま新潟に »

2009年8月12日 (水)

願いが叶う「拍子木」

せっかく月曜日から新潟娘が帰って来てるというのに・・・
月曜夜は前回のエントリーで書いた「村山市長選・立候補者公開討論会」。昨日火曜夜は15周年を迎える徳内ばやしに特別参加する村山JC&OB会の練習及び「決起大会」。そして今夜は燦燦會の練習とまともに一緒に夕食とれない日々が続く。(^^;)すまんなー。

ちなみに私は、8月21/22日が燦燦會、23日がOB会で祭り出演予定。

なぜ今年OB会でも出るかというと、徳内ばやしが始まって15年目。
初年度たった3団体で始めた徳内ばやしは、年々その数を増し今では20数団体を数えるまでになった。それとともにテンポも踊りもどんどん進化していった。
その初年度3団体の、それも先陣を切ったのが村山JC&杉島徳内ばやし(現西郷)であり、15周年を記念するとともに、もう一度原点を振り返り初年度のテンポと踊りで出ようということになったのだ。

当時は誰でもが参加できる簡単な踊りだったんだけど、良い意味で競争意識が働きどんどん進化していって、今では観るには楽しいけど、参加するにはちょっと・・・という徳内ばやしになっている。
それはそれで良いんだけど、ここらで一度振り返るのも良いんじゃない?ということで、沿道の観客のみなさんの飛び入りを誘いながら「観る祭りから踊り参加する祭り」をやってみようというのが主旨だ。

で、飛び入りの方におあげする”拍子木”が昨日、初お目見えした。

Uchiko
(上が表、下が裏)

振りかざすと鈴の音とともに、パチパチと音が出せる。
鳴子のように高い音ではないが、両手で拍子を取ると良い音が出る。

「徳内さん」もしっかり登場。
大小の拍子木が細いヒモで結ばれていて切れないか心配になると思うが、実はこれには訳があって、何も書かれていない空白の所に”願い事”を書いておく。そして祭りの最中に踊ってこれが切れるとその願いが叶う・・・といういわばミサンガのようになっているのだ(^^;)

しかも小さい方のはそのまま「木札」にもなる・・・という優れもの。

はい、何か願いごとがある方、8月23日、どうぞもらいに来てください。
もちろん無料です。
一緒に踊り、祭りを楽しみましょう。

あなたの願いごとが叶いますように・・・

Toku0915_2 さて、その15年前、、まだ30代!
と若かった私の踊っている画像を見た。
初年度、まさに徳内ばやしが産声を上げた時の画像だ。

ま、なんだかんだ・・・
いろいろと・・・
がんばってたね~(^^;)

さあ、この時みたいに最後まで踊りきれるか・・・

乞うご期待。

|

« 村山の良いところ15 | トップページ | ただいま新潟に »

徳内ばやし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/45905316

この記事へのトラックバック一覧です: 願いが叶う「拍子木」:

« 村山の良いところ15 | トップページ | ただいま新潟に »