« んまかった仙台の夜 | トップページ | SUPERな展開に »

2009年6月 4日 (木)

モンテ vsFC東京 ナビスコ

聖地国立、行きたかった。

けど仙台泊もあり今週は無理。
おとなしく、スカパーライブ観戦。
F1観戦のため、フジ系にも入ってて良かった。
ちなみに日曜の柏戦も放映されるのね。

さて、開始早々、長谷川にまたもやビッグチャンス!
が、決められず・・・。
でもすぐにまたキンから良いパスが出て長谷川がシュート。
また決められなかったけど、今度は廣瀬がつめていた。
3分で早くも先制。
その後も攻め続けもう1点入れば大宮戦のように戦えたのだけどそうはならず。

すると東京も盛り返してきた。
前半の前半は山形、前半の後半は東京、とはっきりと色分けされる。
その原因はまたしてもケガ。
前半のうちに秋葉交代。
やっぱキンがいると攻撃に厚みが出て得点の臭いがはっきりするんだけど、そのキンもケガで前半だけで交代。
せめて後半15~20分くらい出られれば・・・と思ったが無理だったようだ。

とすれば、清水戦のように1点を死守しなければならない。
これは辛い。非常に辛い。
前半の後半の勢いそのままに猛攻を受ける。

他にもケガ明けの園田や匠と、もうケガしてない選手はいるのか?という満身創痍の山形。とうとう梶山をフリーにしてしまい、ミドルを決められてしまった。

こうなってはもうメンタルでも差がついてしまう。
ついにはカポレの速さに逆転を許してしまった。

ハードワークを怠っているのではない。
ハードワークしたくてもハードワークできないプレーを余儀なくされている選手達の苦悩が画面から伝わってくる。
連戦なので、うまく交代枠を使いたいところだったが、想定外の選手のケガによる交代で、監督の思惑もはずれてしまった。

連敗のショックは隠せないが、FC東京の監督そして選手の喜びようを見ると、決して為す術が無く刃が立たないものでもない。特に石川のサイドチェンジはもうどのチームにも脅威に映っているだろう。佐々木よりもターゲットの大きいキンだから、なおさら決まる決まる。
「J2昇格組の山形」というよりも、もう「J1の山形」として認められている、と解説の山口@元代表も言っていた。

ここが耐え時。

決してネガることなくケガが癒えて選手達が戻ってくるまでしっかり見守りたい。

・・・やっぱり、録画して走ってきた方が良かったかなぁ。。。

|

« んまかった仙台の夜 | トップページ | SUPERな展開に »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/45231191

この記事へのトラックバック一覧です: モンテ vsFC東京 ナビスコ:

« んまかった仙台の夜 | トップページ | SUPERな展開に »