« 気合い | トップページ | 3つの奇跡 »

2009年4月30日 (木)

モンテ vs 大宮 快晴快勝

行きたかった NACK5。
前に行ったのは、J2時代、まだ大宮サッカー場だった頃。
雨の中0-3での敗戦、大宮駅前の居酒屋でひとり残念会をした。

今回は仕事、客先対応待機のため行かれず(泣)
ひとり、会社で観戦した。

さて、晴れ渡ったNACK5。
柏同様、うらやましいスタジアムに改装されたのは知っていたが、改めてその素晴らしさに目を見張る。ゴール裏の観客席はTVで観ただけで急勾配なのがわかるが、それだけピッチに近く迫力がありうらやましかった。

試合は今のチームの勢いをそのまま表し、最初のチャンスを狙っていたハセが先制ヘッド。
すぐその後にも古橋がゴール前フリーになってシュートするもキーパーに弾かれる。シミケンも好セーブを連発したが、大宮のキーパー江角も良かった。

立ち上がりの2点目が奪えなかった事が後々響いてくるのが心配されたが、どうも大宮の動きが重い。これは、ガンバ/鹿島との連戦で目がそれに慣らされていたからだろうか。
13分、古橋のシュートに詰めたのはまたもやハセ。
私の心配を払拭してくれた。

が、2-0となり、ちょっと一息ついたか、山形の対応も少しずつ遅れがちになり、サイドをつかれデニスマルケスの鮮やかなダイビングヘッドにゴールを割られた・・・と思ったら、鹿島マルキーニョスと同様わずかにオフサイドで助けられる。
これでまた気を引き締めることができたDF陣は零封する事に成功した。

2-0は危ない点差・・・というのは今や古いのだと言う。
3点目を狙いに行くのではなく連戦も加味して、守り切るのがヨーロッパでは常識なのだと誰かが言っていた。
その通り、山形はいつも以上にしっかりとブロックを固め、カウンター狙いに切り替えていた。さらに、対個人の力量で劣る所は必ず2人で囲み、少しでも疲労を感じさせたボランチは交代させて最後までハードワークをし続けた。

終盤ボールキープから意表を突いてエリア内に切り込んだ宮本が倒されてPK。実は、昨年1年間まったくPKを見ていない事と、今年久しぶりに見たPKはやり直しが入りセーブされたので、もう何年もPKでゴールしたのを見た事が無いような気になっていた。

さて、誰が蹴るのか?
前回やり直しをセーブされてしまったがやはり石川か?
ハセにハットトリックを狙わせるのか?

と思ったら、古橋。
なんかハセはコメントを聞くと自信が無かったようだ(^^;)
ま、ハットトリックで得点ランキングトップに立とうものなら、益々レンタル先の柏に強制返却されそうな気もするので、得点ランキングトップにもなってほしいが移籍されても困るという、なんとも微妙な思いをしているサポは私だけじゃないだろう。

で、コースは読まれたものの地をはうPKが決まり3-0。
見事に、あの雨の中0-3で負けたリベンジを果たしてくれた。

これで古橋はこの試合ハセと同様2得点・・・と言ってもいい。
終盤、シミケンが弾き前に出た所をボールを奪われ被弾。
もう完全にやられた!と思ったら、え!?誰??
誰かがはじき返している!
なんと前線に張っていたはずのFW古橋が自軍ゴールラインまで戻り守備をしていた! ワープしたん!?(^^;)
んなもんで、ここで古橋は1点すでに取っていたようなものだったのだ。

これで広島と引き分けた名古屋を抜いて4位浮上。
10数名全員一致でダントツ最下位と予想したサッカー解説者出て来~い!なんて私は思わない(^^;)
まだまだ34試合のウチの1/4も終わっていない8試合が終わっただけ。研究される前に着々と勝ち点を積み上げて降格圏内から離れることが先決だ、とブログでは言っとこう。

山形も快晴。あ~気持ちいい~♪

|

« 気合い | トップページ | 3つの奇跡 »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/44843103

この記事へのトラックバック一覧です: モンテ vs 大宮 快晴快勝:

« 気合い | トップページ | 3つの奇跡 »