« 芸術あがり | トップページ | 卒業Ⅱ »

2009年3月22日 (日)

卒業

今日は長女の卒業式。

Sotsu

同じここ体育館で聞いた入学式での理事長の話は、ついこの前のような気もするが、もう4年も経ったんだな・・・
志し半ばで亡くなった学生の話は未だ覚えていて、学費を稼ぐため深夜バイトしての帰りに事故で亡くなった。働きながらも学びたかった彼、そして学びたくても学べなくなった彼の分までがんばってほしいと訴えられた。
式が終わって昼食を娘と近くの割烹で食べた時、改めて
「・・・あたし、がんばる。。」
と、小さくつぶやいた娘だった。

卒業式も心に残る祝辞の数々だった。
今や巨匠といえる作者でも20代前半の作品には、ほとばしる若さならではの息吹が吹き込まれているし、ある作者はその頃の自分の絵をみると今に絶望するほどだという・・
今は悩みもがいても、自分を信じて挑み続けることを諭された。

最後に理事長が送別の挨拶。
なんかすごく力が入っている。
「もがき苦しんだ時はこの学舎に戻って来い。必ず力になる。」
贈る言葉としては、がんばれ、とか、夢に向かって羽ばたけとか、力強く励ます言葉が常道だが、理事長の言葉は違った。
いや、そう言いたいのは山々だが、この不況の真っ只中、まだ就職が決まらない卒業生も例年になく多いことを切実な問題として、胸を痛めているのだ。

「もがき苦しんだ時はこの学舎に戻って来い。必ず力になる」
2度も繰り返された。
「いかなる状況になろうともこの学舎は存在し続ける。みんながんばれ。」
そして、、、最後に、
「俺もがんばる。。」
笑いも起きたが、親身になって学生のことを考える理事長の率直な思いは充分伝わった。

入学式同様、心に残る卒業式だった。

.

Bat さて、その彼女、、

土曜日に引っ越しを済ませ、

いよいよ社会に打って出る。

プレイボール・・・・

って、違うだろw

|

« 芸術あがり | トップページ | 卒業Ⅱ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/44435281

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業:

« 芸術あがり | トップページ | 卒業Ⅱ »