« 福ハ内 | トップページ | HRカートレース09 »

2009年2月12日 (木)

デザインはコミュニケーション

芸工大の卒業展が始まった。
11日~15日まで。Geikogra_2

娘や友人のグラフィックの展示も見たが、残念、
”遠視&乱視え~ぃ老眼と言わんかぃメガネ”を忘れて、細かい所まで見られなかったw
絵画と違って、グラフィックの展示は細かいところまで見たいのに。
日曜日出直しだわw

昨日は出勤だったんだけど、午後から休みをとっても参加したかったのはこれ。。
アートディレクター水野学氏と中山ダイスケ氏のトークショー

第一人者同士のトークショーという事で、ほぼ満席。
座ろうと思えば座れたが、若い人が聞くべきだろうと、老体は後ろで立って聞いていた。
途中で席を立つのも失礼だし、というのもあったけど。。
ところがどっこい、予定を30分以上オーバーしたけど、面白くて結局最後まで立って聞き続けることとなった。

グラフィックデザイナーのイメージって、良くいえば「孤高の」悪くいえば「偏屈」といった芸術家風のイメージがあるんだけど、よく考えてみれば、絵画は観る人を選ぶが、例えばポスターだとかグッズとかは、あらゆる人を一瞬で惹きつける魅力を必要とする。
そのためにグラフィックデザイナーに求められるのは、天才的な絵のうまさより、コミュニケーション能力も含めた豊かな人間性だというような話をされていた。

思わずうなってしまった。

卒業・就職を控える娘にとって何よりの貴重なアドバイスになった事だろう。

我が家の教育は間違っていなかったと思われることもひとつあった。
ブランド品信仰への警鐘だ。
金額の大小で判断せず、選べる目をもて、と。
うん、そうそう。
幸いウチの娘たちはブランド志向に育っていない。
家内がそうである事も大きいが(でも家業の手前、着物の目は肥えてる)
買ってあげられる余裕が無いってことが幸いしたな(^^;)

時間をだいぶオーバーしたが、面白かったので、気がついた頃にはすでに陽はとっぷりと暮れていた。
Geiko01 
夜空に浮かびあがる本館。
もうすぐ飛び立とうとする卒業生たちの羽ばたきが聞こえそうな気がした。

|

« 福ハ内 | トップページ | HRカートレース09 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/44032185

この記事へのトラックバック一覧です: デザインはコミュニケーション:

« 福ハ内 | トップページ | HRカートレース09 »