« モンテvs水戸 涙と歓喜の最終戦 | トップページ | 新型か旧型か »

2008年12月 8日 (月)

表彰式~♪モンテとF1と

モンテ歓喜のJ1昇格決定とともにうれしい今年の出来事。

あのF1最終戦、興奮のブラジルGPから1ヶ月・・・

魅巣亭F1クイズの表彰式兼忘年会が、6日土曜日開催された。

年間18戦のF1サーカス、ポールポジション・優勝・準優勝・3位・5位・7位・8位を予想し投票するもの。
長年、F1を観てきた人なら、誰でも簡単に当てられるわぃ!
と、思うでしょ。
私も、そう思ってた。
んがしかし! 一度やってみてくだされ。
チョー!難しいから!!
「おしい!ひとつ違い」とか「あーーひとつ違ってたら全員当たってた!」なんてのは当たり前、誰もが経験し涙していることだ。

私が参戦始めたのは5~6年前?
やはり簡単にポイント取れるだろうと思ったけど、うまく当たらないww

実は昔、D夢でも社内で順位予想レースをしてて、見事優勝した経験があるのだ。その頃のF1はまだTVはもちろんマスコミで取り上げられる事もなかったので、某○ートスポーツ誌に電話して結果を聞いていたのは懐かしい話だ。
んなもんでけっこう自信あったんだけどなぁー・・・

翌年もまた下位に沈むw

転機が訪れたのは2004年。
この年、モンテはJ1昇格争いを繰り広げていた。
その好調さに引っ張られたのか、なんとこの年、私も首位を走っていた。

ちょっとしたヒントをつかんだのよね。
それまでは1位~8位まですべてシュミレーションして順位を決めてたんだけど、それだと、1位がコケるとすべてがパー!になる。
終盤までほとんど完璧!あわやパーフェクト!?ということもあった。
それが、サーキットに動物が乱入して!とかならまだわからないでもないが、あろうことか人!までが乱入してきた(まじで)!!とかで、レースがグチャグチャになったこともあった(今、思い出しても号泣できるわ)
で、完璧に順位をシミュレーションしないで、前2~3レースの雰囲気を嗅いで少しアバウトに予想するようにし、”一気に高得点”ではなく”地味に5~7ポイントゲット”狙いに変えたのだ。

それがまんまとはまり、首位独走・・・かと思われたが、、、

終盤、相次ぐ故障者続出によるモンテ失速とともに、残り2~3戦で私も息切れ。3位かぁ・・とうなだれてたら、最終戦カサブランカさんにも1ポイント差くらいで逆転を許してしまった。

その後は、モンテの低迷とともに私も沈む。

2年前から参戦してきた20年間まったくF1知らずの娘に対しても、2~3レース、エントリー忘れしてくれたおかげでなんとかひとつ順位で上回ったものの、昨年は、同じく2~3レースエントリー忘れした娘にもかかわらず、順位でひとつ抜かれてしまったww 実質、家庭内バトル2年連続敗退・・・orz

・・・と、長い長い苦しいシーズンを送ってきた(涙)が、、(長げー・・)

さあ、今年はどうだ??

って、もうみんな知りまくりだけど・・・(^^;)

やった~♪

見事、優勝です!

Teru1 それも、昨年覇者ノアールさんを1ポイント上回るという大激戦。
てか、最終レース最終周最終コーナーまでチャンピオンはノアールさんのものでした。
んがしかしレースはわからないもので、あの雨!によるまさかのグロック失速により、私に優勝カップが転がり込んできたのでした。

優勝の喜びに浸るTERU☆選手(^^;)

口元がイヤらしく写ってるから拡大しないでね。

Gets でも、ほら、この賞品凄いでしょ。

目もくらむバケットシートと、プレステ用
GT FORCE-Proです。

あ、そうそう、娘たちからワインももらいました。

ありがとうでーす♪

優勝もうれしいけど家庭内バトルで3連敗を免れ勝ったのがうれしい♪な~んて言ったお父さん、、
ちょっぴり恥ずかしー(^^;)

.

しかしこのF1クイズ、、
ホントに私とモンテの成績が怖いほどリンクしている。
うう・・・来年はJ1,上位は難しいことは誰でもが予想できる。
てことは、私に2連覇は・・・・・・・?

いやいやいや、ミラクル起こしてくれ>モンテっ!

改めてありがとうございました>マスターはじめ参戦された皆様
来年も楽しみましょう。

|

« モンテvs水戸 涙と歓喜の最終戦 | トップページ | 新型か旧型か »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/43357781

この記事へのトラックバック一覧です: 表彰式~♪モンテとF1と:

« モンテvs水戸 涙と歓喜の最終戦 | トップページ | 新型か旧型か »