« 願いは | トップページ | ア・カペラの響き08 »

2008年12月 2日 (火)

喜びと現実と

モンテ関係で3日も続けて書くのは初めて!
昇格の喜びから一気に現実に引き戻され、今日は書けないと思っていたけど、やっぱりちょっとだけ書いとこ。。

とうとう今年も契約交渉の時期に入っていたのだ。
誰もが知っていたけど、触れたくないこと。でも、いつまでも先送りする訳にもいかず、その選手のためにも決断と通告は必要なのだ。

本橋、ネモ、内藤、駿太、みんなケガに泣いた選手だった。
しかしながらチームとしても回復をバックアップしたので、選手たちに悔いはあるだろうが、遺恨などなく納得してもらえる通告に思う。

本橋のあの超絶ロングシュート。
ネモは苦しい植木監督時代にあの身長ながら、なんとワントップで前線で身体を張りジャンプし続けた。そして内藤、駿太のサテライトでの活躍。

我々サポもチームも誰だって一緒にJ1でやりたいのだ。

しかし、これもプロならではの現実。
各選手のブログからも悲しい現実を受け止め次のステップにチャレンジしようとする姿が伺えたのが救いだ。
がんばれ。どこに行っても応援してる。

ああ、あのおじさん、また今日もあの顔をしているのだろう。。。

|

« 願いは | トップページ | ア・カペラの響き08 »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/43298875

この記事へのトラックバック一覧です: 喜びと現実と:

« 願いは | トップページ | ア・カペラの響き08 »