« とっとろとっとーろ♪ | トップページ | F1 ブラジルやんちゃな神様 »

2008年11月 3日 (月)

モンテ 天皇杯vs川崎 切替えだ

勝ちゲームとしては、前半を川崎の猛攻を押さえ切れればリチェのカウンター、失点しても後半起用のトヨグバが・・・と、守備がどれくらいJ1屈指の川崎攻撃陣に通用するか、にかかっていたのだが・・。

うーーん、前半9分と早い時間での石井のヘッド炸裂!
良かった。
良かったんだけど・・・、勝ちの想定ゲームプランとしてこの早い得点がどう影響するのか、そんな心配を払拭するのは、攻勢にあってもなんとか凌ぎきれるか見守っていたのだが、石井とのマッチアップに敗れた谷口が10分後、逆に石井のディフェンスに勝ち、同点とされる。

J1相手に徹底したリトリート策は取らず、いつもの攻守コンパクトなサッカーを展開した山形だったが、J2での試合同様、周りの声がかからず馬場が簡単に奪われたり、レオの危うい足下が狙われたりと、結局、1-3で今年の天皇杯も終了。

足がつって動けなくなった石井や宮本をみていると、画面から観ている以上に4人の外国人攻撃陣の速さ,フィジカルはボディブローのように効いていたのだろう。

J1で通用する部分と通用しない部分がわかったと切り返してほしい。
というのは、これまでも天皇杯を終えた直後、モチベーションが落ちてリーグ戦敗戦を喫した記憶が多々あったからだ。

J1対策は先ずは昇格が決まってから。
J2残り4試合に集中だ。

|

« とっとろとっとーろ♪ | トップページ | F1 ブラジルやんちゃな神様 »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/42999043

この記事へのトラックバック一覧です: モンテ 天皇杯vs川崎 切替えだ:

« とっとろとっとーろ♪ | トップページ | F1 ブラジルやんちゃな神様 »