« 静かな静かな里の秋 | トップページ | とっとろとっとーろ♪ »

2008年10月31日 (金)

またひとつ昭和が

Marumitu_4 ほとんど人のいない夜の楯岡商店街を歩くと、いつもポツンと緑の明かりが灯っている。

夏の暑い夜も、凍てつく冬の夜も・・・。

吹雪の夜、体中寒くて寒くて凍りそうな時など、何度この灯りに誘われて入ったことか・・。
ママの笑顔と暖かいラーメンに身も心も癒された。

最初に入ったのは小学生の頃かな?
お墓参りした後の夏の夜、ここか晦日町の喫茶店はたまた早川食堂の3階!で”かき氷”を食べるのが、楯岡小学校生徒のステータスであった。
(ほんとか?)

使われなくなって久しいが、ここの2階にはボックス席や2人用のテーブルも何席かある。

Marumitsu2f2 照明が抑えられ、何やら子供が行ってはならない大人の空間がそこにあるように思えた。
「いつかはオレも・・・」と、その階段を上っていくカップルを眺めながらかき氷を食べる小学生の私だった。

学生になって帰省すると最初に目にするのはやはりこの緑の明かり。

Marumitu04

2階席から若い者で埋まり、華やかで賑やかだった。
この2階席でのデートが楯岡の若者のステータスだった。(ほんとか?)

私が誰と2階に行ったかは、ごにょごにょごにょ・・・

大人になってからは、飲み会の〆のラーメンに来ることが多くなった。

ラーメンもおいしいけど、カレーもおいしい。
さらに隠れメニューの「レバ刺」は絶品だった。
それから焼きぎょうざもおいしいけど、私がもっと好きだったのは、、
「プリプリぎょうざ」・・・皮がプリプリしてるの。

レバ刺もプリプリぎょうざも手に入らなくなり食べられなくなったが、
「あ、今日はレバ刺あるよ」とか「プリプリぎょうざあるよ」
と、ママがニコニコして迎えてくれるのがうれしかった。

.

Marumitu03_4

その47年間、灯された明かりが、ついに、、

今夜、、、

消える。。。

.

ありがとうございました。

お疲れ様でした。

|

« 静かな静かな里の秋 | トップページ | とっとろとっとーろ♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お店しまっちゃうのか!
ちっちゃいとき連れられてラーメン食べて、お姉ちゃんがカラオケ壊した思い出・・・

投稿: にゃき | 2008年10月31日 (金) 17時23分

あー、行ったねー。
てか、壊したんじゃなくて、壊れたの。
そーゆーことにしとけ。

投稿: TERU☆ | 2008年11月 1日 (土) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/42961271

この記事へのトラックバック一覧です: またひとつ昭和が:

« 静かな静かな里の秋 | トップページ | とっとろとっとーろ♪ »