« モンテに救われた夜 | トップページ | もののけ・・・ »

2008年10月27日 (月)

モンテvs湘南 拮抗

あれ?トゥットがいる!?

実は、円氏のプレビューで、”すでに帰国しているトゥットが”という下りを、ケガの治療で母国に帰国している・・と読んでいて、そのトゥットが目の前にいることに驚いたのだった。
見た目平常にアップをしているトゥットをみて、こりゃ、なんとしても先制点を上げ、耐えるしかないかな・・と思った。

ホイッスル直後から、湘南の玉際の早さ強さに、この試合にかける意気込みが伝わってくる。
馬場はトップ下の前目のボランチ起用かと思ったら、健太郎とふたり並んで守備的に位置している。
先ずは守備から・・・なんだろうけど、2トップも横に並んでおり、そのすぐ後ろのおいしいバイタルエリアには誰もいないから、こぼれ球はすべて湘南にキープされ攻撃の糸目が作れない。
んんーー、、、だったら匠じゃない?と思うけど・・・。
下がり目でキープするも、回りとのワンツーも無く、よい意味ではキープ、悪く言えば孤立、と、まだまだ連携されていないのが目立った。
当然、囲まれて相手の高い位置でカウンターの危機もあった。
足の具合が悪いのだったら、無理しないで完治させてから起用してはどうなのだろうか?
ようやく待望のミドルシュートも見られたが、前に見たシュートにはほど遠いものだった。
好きなタイプの選手なのでなんとか実力を発揮してほしいのだが。

ゲームは0-0だが、ピッチの中すべてで拮抗した競り合いが続いているのでまったく目が離せない。
これが昇格を争う上位対決の醍醐味だろう。

トヨグバ@山形、菊池@湘南と互いにバーを叩くシュートもあった。

そしてとうとうトゥットがピッチに!

正直、もう引き分け勝ち点1でもいいと思った。
それでも2位だから。
監督もトゥット対策に小原を投入。
危ない場面もあったが、しっかり押さえきりロスタイム、ボールは湘南ゴールエリア付近に運ばれる。

キープでもいいかな・・・と思ったら、匠がシュート!

バーを叩いたが、バーを叩いた回数がこれで1回多くなった山形に勝利の神様は微笑んでくれた。
みんな総立ち!!
ホーム仙台戦以外で、1万を超える観衆の中で勝ったのは記憶に無い。。

ゲーム終了後、今季初めてメイン南にも選手達が挨拶に来てくれたので、メイン南の常連さんたちと喜ぶ。
そして、月山の雪~♪を高らかに合唱し勝利の余韻を楽しんだ。

.

さて、この試合で、ようやくJ1と戦うためには・・・という次の課題を考えている自分に気がつく。馬場とレオが奪われたシーン、決定力のあるJ1では、間違いなく失点に結びついたはずだ。

翌週は天皇杯vsJ1川崎戦。
まだまだJ1昇格争いの真っ直中ではあるが、これほどモンテの守備が試される絶好の機会もない。広島戦では真っ向勝負で潰えたが、小林監督の来年を見据えた采配に期待したい。

|

« モンテに救われた夜 | トップページ | もののけ・・・ »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/42919981

この記事へのトラックバック一覧です: モンテvs湘南 拮抗:

« モンテに救われた夜 | トップページ | もののけ・・・ »