« 400年の時を超えて | トップページ | この夏のマイブレイク »

2008年9月21日 (日)

モンテvsセレッソ ま、いいっしょ

先ずは前節広島戦大敗の余波が無かったことに一安心。
首位を相手にリトリートからのカウンターサッカーではなく攻めての結果であり、このセレッソ戦では単なるリトリートではなく高い位置からの守備から入る本来の山形の形を取り戻していた。

前クールでズタズタにされた乾ー香川のホットラインに先制されるも、これで慌てたり崩れることなくしっかり同点、さらに逆転までした前半の戦いに、J1昇格争いのプレッシャーなどみじんも感じられなかったことが何より頼もしかった。

この1戦がどれほど重要な戦いか、選手ひとりひとりがきっちり認識していることが動きからも伝わってくる。

しかし試合開始早々に足を痛めたトヨグバだったので、北村からのクロスをあんなに離れた所からまさかヘッドで同点にできるとは思わなかったなー。
お見事っ!
ちょうどGKの一番取りにくい横でバウンドした(させた?)のが良かった。

ロスタイム、やはり石川がキープすると得点の予感がぞくぞくしてくる。
宮沢のシュートも良かったがDFを振り切ったトヨグバの速さと強さが光った。

残念ながらライブで観戦したのはここまで。

家内の朗読イベントのため、録画して出る。

帰ってすぐ後半観戦。

左SBジウトン@セレッソが若く守備が安定しないので、後半いけるかな?と思ったが、小原のレッド&PK献上で潰える。

ファールの前に逆に引っ張られてるんだけど、前半すでに1枚イエローもらっているのだから、自重して欲しかった。エリア内では細心の注意が必要なのに。。。

ずっと累積3枚だったので、もっと早い時期に別の試合で出場させ1枚もらっても累積解消した方が、これからのケガや累積が問題となる大事な終盤戦に向けて良いのに・・と思っていたのだが、レッドという最悪の結果になってしまった。
ま、レオとダブルで欠場となる最悪の展開だけは避けられたのではあるが。

PKで同点とされるも、ひとり少ないながら、きっちり守りきった。
もう早送りしたい衝動にかられたのだが、選手たちの奮闘を最後まで早送りせず応援した。
そして最後の絶体絶命の場面もシミケンの気迫がゴールを割らせず引き分けで試合終了。

.

運命の第3クールに入り、6位サガン鳥栖までの上位対決をこれまで1勝1敗1引き分け。残る上位対決は3位湘南と6位鳥栖。
次節23日(火)の鳥栖戦が益々重要な試合となってきた。
鳥栖は今節の敗戦で昇格争い生き残りをかけた崖っぷちの戦いとなる。
山形はその次が休みになるので、なんとか跳ね返して勝ち点を取ってもらいたい。

・・・てなことは誰でも思ってることで、そんな先のことよりその1試合1プレーに集中して声援を送っていこう。

|

« 400年の時を超えて | トップページ | この夏のマイブレイク »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/42543442

この記事へのトラックバック一覧です: モンテvsセレッソ ま、いいっしょ:

« 400年の時を超えて | トップページ | この夏のマイブレイク »