« どうでもいい話だけど | トップページ | どうなった?不敗伝説 »

2008年7月29日 (火)

懐かCM-BEST3

またまたハイボール飲んで、角のおまけの石川さゆりの歌にうなづく夜を過ごしてますが、そんな中、mixiの方でも友人たちの好きなCMや曲を聞いていると、昔の良いCMをもう一度観たい感情が沸き立ってきた。

ただ、昔は良かったー、懐かしいー・・というだけではなく、
「名作」あるいは「芸術的」とも言える優れた作品がたくさんあった。

この子犬も可愛かったし。。

トリスの「雨と子犬」編

だびだびだーびーだ、たびだびだーびーだ・・・♪

で、私のもう一度観たいCMベスト3は、コレだ。

■サントリーオールド「飛騨高山?篇」

「だんだんでぃだーしゅびらだ・・・♪」
 
ちょっと前までの「恋は遠い日の花火ではない・・・」も胸に染み入りますが、
私のNO.1は、飛騨高山の?旅館かなんかが舞台で、歩いていた外国人の旅行者が、木戸口からもれる暖かい光に誘われて「スミマセーン・・・」って声をかけるヤツ。
女将さんだったかきれいな和服姿の女性が・・・

1967年オンエアなんですね。
私は11歳、多感な小学5~6年生の頃だったんだ・・・。。

■資生堂シフォネット「図書館篇」

図書館の中で、男の子が素敵な女性に釘付けになるヤツ。
ググったら、故杉山登志氏の作品らしい。
1973年オンエア?

こういうCMを製作する仕事もいいな・・・と思った。

■日産、ブルーバード(だったか、サニークーペだったか・・・?)

雨の日、ぬかるみにはまった女性の車を見つけ、車を降り、トレンチコートをタイヤにかませて救う。
「あの、、お名前を・・・」と聞く女性に、名前も告げずに走り去っていく男。

くぁーー、できねーっ(^^;)

でも、大人になったら、絶対最初にトレンチコート買うんだ・・って思ってたw

30秒や1分の間に、ひとつの素晴らしいドラマが凝縮されていた。

残念ながら、結局上の3つ、夜更けまで探すも見つけられなかったけど、特にサントリーと資生堂のCM、今もってぜんぜん色あせないすごい作品ばかりで、あっという間に時が過ぎていった。。

そういえば、こういうCMを見たくて、日産提供の番組を見ていたこともあった。

”売らんかな”で商品名を羅列しただけのCMや、商品そのものばかりを強調したCMが多い昨今、そこまでさせるCMはもう現れないものか・・・。

.

■■あったーーー!! 見つけたーっ!

 資生堂シフォネット「図書館篇」 (後半で)

|

« どうでもいい話だけど | トップページ | どうなった?不敗伝説 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/42004198

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かCM-BEST3:

« どうでもいい話だけど | トップページ | どうなった?不敗伝説 »