« ゾーンに入る? | トップページ | ■めざせ1000km JOG 97 »

2008年5月26日 (月)

モンテvs熊本 村山デー

もうだいぶ前のような気がするが、仙台戦はたった1週間前だったんだねー。
東北ダービーの後、水曜日に徳島戦があった訳だから、一週間というか8日間で3試合、サポにはたまらないけど選手達には過酷な一週間だったことだろう。

そんな心配があった試合の入り、、、やっぱり重い!

村山デーということもあり、普段、スタジアムでは見られない見慣れた顔の人もたくさんいたけど、「モンテの選手達ってこんなん?」と思われやしないか心配になるほどだった。

でもそれは熊本だって同じ事、水曜日こそホームだったが先週の日曜日は徳島に行ってる訳だし、今回は熊本から長距離遠征と山形有利には違いない。
昨年、山形-羽田-熊本と、一泊二日で熊本行ったけど、やっぱ、ちょっと疲れたよ。

そんな熊本としては、アウェイでもあり最小得点差で逃げ切り、なんなら引き分けでもOKなゲームプランだったと思う。

ホームアドバンテージの落とし穴としたら、圧倒的に攻撃しながらも、はね返され続け、責め疲れを突かれカウンターで0-1みたいな心配もしたけど、キックオフ後、圧倒したのは熊本。

そしていきなり高橋のヘッド炸裂。
休暇明けの宮本のアプローチもわずかに遅れ、きれいなクロスを上げられてしまった。一番警戒していたはずの高橋だったが、DF陣は未だ、頭も身体も働いていないような感じだった。

この時点では、まさしく熊本のゲームプラン通り、、てか、むしろ早すぎた?
もちろん守備に重点を置くスタンスには変わりないんだろうけど、そうそう残り85分も守備してたら頭も身体もついていかない。

後半、とうとう足が止まり出す。

逆にモンテは、同点にした所で、ホームアドバンテージが充分に活かされ、勢いづき勝負あり!

ゲームプランが、うまく行きすぎて次の策を講じきれなかった熊本。
ゲームプランは崩れたものの、次善の策で成功した山形。

勝ったから言えるけど、そんなゲームの”アヤ”が面白かった。

しかしなあーー、足が止まり交代したDF上村@熊本、向こうのピッチで外に出たら、ユニフォーム脱ぎなさいよ。
まして、ベンチに帰ってくる時、ピッチ内をショートカットしなかった?
一瞬、12人で試合してたよ!
元日本代表選手ならそれなりの態度を見せて欲しかった。

|

« ゾーンに入る? | トップページ | ■めざせ1000km JOG 97 »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/41323830

この記事へのトラックバック一覧です: モンテvs熊本 村山デー:

« ゾーンに入る? | トップページ | ■めざせ1000km JOG 97 »