« 場を読んで | トップページ | そうだ、今度は走って行こう、京都JOG 76 »

2008年3月 8日 (土)

モンテ vs鳥栖 08開幕

待ちに待ったJ開幕戦。

でも、、、

あと一歩。
石川のフリーキックなんか、あと数cm。。
惜しかった。。。

キャンプでの期待と不安、、そのままゲームに表れた感じ。
アウェイ開幕戦の難しい戦い方、それをよく知る歴戦の小林新監督だからこそ、かえって難しくしてしまったようにも思う。

最初の誤算は、開始早々7分でのトヨグバのイエロー。
今期に賭ける意気込みが勢い余ってしまった。
これがその後最後までゴール前での勝負に陰りを生んでしまう。
終始、優位に攻めたモンテだったが、ホーム鳥栖も必死に守る。
ほとんど効果的な攻撃に移れない鳥栖だったが、本来の組み立てとは異なる無理なロングボールを続けていくうちに、ついついモンテは受け身になってしまう。

さらに決めるべき時間帯に決めきれなかったために、流れは鳥栖に・・。

選手交代もそれまでそう悪くもない流れのために結果的に後手を踏んでしまう。

1点取れば勝ち「財前を早く出して・・」と願うも、ようやく小林監督が取った作戦は、新人DF石井の起用。DF宮本をひとつ上げて右MF北村を下げたのだから、変わらない布陣ではあるけれども、選手たちはどう受け取ったのだろう?

勝ちに行って勝ち点3を狙うのか?
まだまだ開幕なのだから、最低引き分けの勝ち点1でもいい、とするのか?
どうにも中途半端な気持ちが選手たちに蔓延してしまったようにも思えた。

これは昨年までのモンテそのまま。
小林監督はこういうモンテ選手たちに残ってる心理を把握するまでにはいかなかったようだ。

結局、終盤、飯尾のダイレクトボレーが決まってしまい敗戦。

未だ開幕、1戦目だから、何もネガる必要もない。

・・・でもだからといって平静を装う必要もない。

悔しい。

この悔しさは、明日のNDスタ雪はきボランティアのスコップに込めてやろう!

それでがんばって午前中で終われればいいね。

_____

今日は最初スカパーで他のゲームを観ながら観戦していたが、NHKでもやってたので、せっかくだからと途中から居間に移ってデジタルーワイドで観ることにした。けど、あまりのモンテ贔屓の解説に「おいおい・・」と聞いていられなかったデス(^^;)

|

« 場を読んで | トップページ | そうだ、今度は走って行こう、京都JOG 76 »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/40426131

この記事へのトラックバック一覧です: モンテ vs鳥栖 08開幕:

« 場を読んで | トップページ | そうだ、今度は走って行こう、京都JOG 76 »