« 今年のスケジュール | トップページ | ■そうだ、今度は走って行こう、京都JOG 63 ■ »

2008年2月 1日 (金)

昨日の膝カックン

雪は多いものの、そこは温泉天国山形。
昨夜は、ジムが休みなので雪見風呂へと向かった。
温泉入って夕食と2人暮らしならではの自由きままな夜だ。

いつもの”こ○つの湯”をめざす。
だいたい私のパターンは、、さっと身体を清める→内湯に入る→サウナに入って汗をかく→頭からつま先まで全身を洗う→内湯のジャグジー的な所で”泡”マッサージ→露天風呂→と、入って出る。

仕上げに、コーヒー牛乳を飲むのも忘れない。
もちろん、腰に手を当てながら (^^;)
これでだいたい1時間半コース。
これで350円、でも回数券使うから約300円。
なかなかです。

で、昨日もそのつもりで家を出たんだけど、新しく”お○たの湯”ができたのを思い出し、一度行ってみるか!?となった。
こういう時ってふたりの性格がもろに出るものだ。
けっこう新しいものには躊躇する家内。 食わず嫌いなのがうなづける。
反対に、好奇心旺盛な私は、新しくても何でも躊躇せずに行ける。

単なるバカって・・言うな(ーー;)

とにかく半ば強引に新しい方に行った。
だって、後発なんだから、今あるライバル温泉施設より新しいことは勿論、何かもうひとつ他より優れた特徴を持たせてると思うのだ。例えば、”こ○つの湯”には無い、サウナにTVを備えるとか・・。

料金は、、ま、小銭入れで間に合うだろうと財布は車に置いて出る。
風呂上がりにコーヒー牛乳の他、ビールも飲みたくなるかもしれないからと、車のキーは家内に持たせる。
・・・それが後で悲しい思いをすることになるとは知るよしもなかった・・・。

料金は350円か、”こ○つの湯”と同じだね。 はいはい。
え? あ、2人分ね・・・・あ、汗、思ったより入ってなかった。
小銭入れをひっくり返し、なんとか700円があって安堵する。
でも、残りは100円も無い・・・ま、いいっか (^^;)

とにかく、「んぢゃ、1時間半後にな」と言って別れる。

んがしかし、そこで見た光景は・・・

ガガーーーン!

え!? 湯船と洗い場だけ?? まさか・・??

いや、どっかにサウナや露天に通じるドアがあるんだろう、と思った。
横にドアらしきものもあるし・・・

で、服を脱いで、中へ入り確認する。

露天入口と思ったのはただの通用口で、カギがかかっていた。。

ま、しょうがない露天風呂はあきらめるか。

で、サウナはどこだ?

・・・・・・・ない ww

えええええーーーーー、1時間半、どーすんの!?

ヒザカックンしたら、滑りそうになった。

気を取り直して、とりあえず身体を清めて湯船に浸かる。
はぁぁーー、温泉そのものは良い感じだ。。
ただ、安全対策に手すりが壁ぎわにず~っとあるので、壁を背にもたれかかろうとしても、手すりが頭に当たって「はぅ~」と頭を後ろにそらせずくつろげない。

時間がたっぷりあるので、じっくり身体を洗って、もう一度、湯船に浸かる。

・・・・あと、、やることないし・・・

まだ30分しか経ってないし・・・

とにかく湯船を出て、服を着て、ロビーで家内を待つことにした。

そして、いよいよ、悲しい現実を知ることとなる。

いつものように”コーヒー牛乳”を買おうとしたその時だった。

・・・・・38円しか、無いぃーーー

51のいい大人が、です(^^;)

車に取りに行くか・・・と言っても、キーは家内が持ってる。万事休す。

で、待つ。
ただひたすら家内を待つ。。

30分くらい待って、やはり早めに出てきた家内が、神に見えた。。。

いや、良い所もあったんです。
たぶん、あっちの温泉は、混雑してて洗い場は順番待ちしていたことだろう。
こっちは悠々2人分ほども洗い場を使えたし(使わなかったけど)大きな湯船に数人しか入ってないから泳ごうと思えば泳げたくらいだ。(泳がなかったけど)

ま、普通に”銭湯”と思えば、温泉なのだから納得も・す・る・・・ことにしよう。

露天もサウナも無いので、ま、200円だったら、また行こうと思うかな ww

しかし何で・・・後発なのに、他の施設より勝るものがない施設を造る意味がわかんない。。

|

« 今年のスケジュール | トップページ | ■そうだ、今度は走って行こう、京都JOG 63 ■ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/17917457

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の膝カックン:

« 今年のスケジュール | トップページ | ■そうだ、今度は走って行こう、京都JOG 63 ■ »