« 最終戦 | トップページ | 嵐山に来ています »

2007年11月19日 (月)

HR・耐久レース最終第4戦(2時間)

朝7時、町内の公園で雪囲いの手伝いをしている時から、すでにビショビショだった。冷たい雨が容赦なく降りそそいでいる。

それがレース中もずっと続いた。(泣)

今回、ウチらのチームは、爆発的なエントリー数で常連チームがことごとくエントリーできない中、運良くいつもの2チームがエントリーできた。
3人・3人にプラスして、肋骨を痛めているpinoさんが状態を見ながら走る、と。

しかしながら、エントリーできなかった中に、年間チャンピオントップを走るOKA選手と3位のオーバイン選手がいる事がわかり、前回の耐久レースでは同じくエントリーできなかったシリーズ2位のG藤選手がウチで走ったこともあり、平等に(笑)今回はおふたりに走ってもらうことにした。
pinoさんはやはり未だ肋骨が万全じゃないことと、仕事が忙しく練習走行もほとんどできていないという事で、今回は養生に専念、来年の飛躍を期することとなった。

当初は、いつもの通り、表彰台ねらいのチームと打上げの呑みねらいのチームに分けようと思ったが、OKA選手提案の、体重を加味した戦力的に平等になるようなチーム分けとなった。

これが結果的に、シリーズチャンピオン決定戦に相応しい白熱の戦いと奇跡!を生むことになる。

■予選(15分)

12チーム中6位

雨は超苦手な私。練習してないから限界がわからない。
予選も、15分を4人で走るので、時間を無駄にできずスピンもできない。

■決勝(2時間)

スタート。やはり雨が止むことはなかった。
混乱が予想されたので、落ち着くまでOKA選手に託す。
が、あろうことか、G藤選手が気合い入りまくり過ぎてスピン!
直後のOKA選手は逃げようがない。
最後尾に落ちるも、5位まで戻したのはさすがだ。

ま、あとはみんな淡々と走る。

私も、スピンしないようにだけ気をつけて淡々と走る。
がんばってコンマ何秒早く走っても、スピンして何秒も費やしたら意味がないからだ。
・・・と、思うのは、、んん~どうなんだろ?
今、考えてみると、あまりにも”守りに入った走り”しかしてないな>私
こういう所に年齢的なものを感じてしまう。
いかん、いかん、守りに入っちゃ・・・もっとアグレッシブになんなきゃ。
来年はそれをモットーにしよ。

一度だけクラッシュも経験してしまった。
今回は初参加の方も多かったので、まして慣れない雨ということで、目の前のコーナーはもちろん、次の次ぎあたりまでスピンしてるカートはないか?と見ながら走ってはいた。

んがしかし!最終コーナー立ち上がりストレートの始まりで、目の前でスピンされてたんじゃ、避けられませんw
全開で立ち上がるトコなんだもん。
でもパニくるどころか、こんな時って、けっこう冷静でスローモーションみたいに見えるのよね。
アウトにはらんでヒットすると、観戦してる人の方へ飛び出しちゃうかもしれない。
正面から当たったら、マシンの損傷は激しくリタイヤもありえる。てかカートの前に私がケガしちゃう。
で、避けられないのだったらせめてサイドでヒットさせようとした。
よし、うまくいった・・・と思ったら、その後に強い衝撃が!
後でビデオを観たら、後ろにいたコンちゃんも避けられず巻き込まれたのだった。

その後、ウチらのマシンは、ず~っと、カウルを引きずりながら走ることになってしまった。ごめんね~、でも仕方なかったんよ。。。
ま、みんなケガしなかったから良かったよね。

さて2時間といっても、すぐだ。

終盤、残り30分を切ったところで、1位はG藤君のチーム山形、2位シェー部長のとこのネオこけしチーム、オーバインさんのAチームが4位、OKA選手のいるウチらBチームが5位。6位のチームも半周差くらいに迫っているようだ。
このままでいくと、シリーズチャンピオンは逆転でG藤君。
20分を切ったところで、めちゃ厳しいけど、最後までシリーズチャンピオンをあきらめず自力でがんばってちょ・・・とOKA選手にバトンタッチ。

そして残り15分頃か?
チーム山形はもう1回ドライバーチェンジを残していた。
すでに規定のドライバーチェンジ回数を終えているシェー部長が激しく追い上げている。
チーム山形、最後のピットイン!
シェー部長はどこだ!?
最終コーナー立ち上がってきた!
チーム山形ピットアウト、さあ、1コーナーを制するのはどっちだ!?

シェー部長だぁーー!!

いやぁ、F1の臨場感あふれるシーンを目の当たりにしたような興奮劇でした。
面白かったわぁ。。

ドラマは未だ終わらない。
このまま2位でもシリーズチャンプはG藤君のもの。
OKA選手も最後の力を振り絞っている。

そしてとうとう奇跡が起きる。
チーム山形が順位を3位に落としているではないか。
これでポイントはG藤選手、OKA選手ともに並んだ!

そのままチェッカー!

いやいや、ドラマはまだまだ終わらない。。
なんとOKA選手、気合いのベストラップを叩きだしていた。

ベストラップにはポイント1が与えられる。

という訳で、シリーズチャンピオンは、OKA選手に決定! 
2位がG藤選手、3位がオーバイン選手。
たぶん。 正式発表を待ってね。

とにかくみんなおめでとうっした!

あ、なにより、ネオこけしチーム優勝おめでとうございました。

そうそう、後ろがコンちゃんだってこと知らなかったから、けっこう邪魔しちゃったみたいね。ご免。今度は、「譲って~(はあと)」と携帯に電話してね(^^;)出られないけど。。

で、もちろん打上げは魅素亭。

目標の3位、5位には一歩及ばず、4位と5位。

でも、いつもの、んまい!酒と料理で盛り上がりました。

ありがとうございました。

仙台ハイランドスタッフのみなさんも1年間ありがとうございましたっ!

|

« 最終戦 | トップページ | 嵐山に来ています »

スポーツカート」カテゴリの記事

コメント

最終戦お疲れ様でした。

クラッシュ心配しましたが、大丈夫なようでなによりです。
あのクラッシュは見ていましたが、最終コーナーでスピンした車が後ろ向きで止まり、復帰のため逆走したためTERUさんにぶつかったものでした。
初心者だから、あそこで逆走するのがどれだけ危ないか分からなかったんだとは思いますが。。。
さすがにブラックフラッグ振られてましたよね。

うちのチーム、最後部長がプッシュして、ピットアウトするチーム山形の前に出たときはしびれました。

投稿: いせやん | 2007年11月20日 (火) 04時27分

>>いせやん 優勝おめでとうございました♪

ふみゅふみゅ、やっぱりそうなんだ。
最終コーナーに入る前に一度前を確認してたんですよね。
クリッピングポイントに集中した後、前を向いたら、いきなりこっち向きで現れるんだもん!びっくりしたわぁ~!
しかし、逆走って・・・ww
いやほんと、ケガしなくて済んで良かったですわ・・・

また爆走会で飲もうね。

投稿: TERU☆ | 2007年11月20日 (火) 15時07分

爆走会はお仕事で参加できそうにありません。待機なんで。。

12月2日の感謝デーは参加しますが。

投稿: いせやん | 2007年11月22日 (木) 07時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/17121128

この記事へのトラックバック一覧です: HR・耐久レース最終第4戦(2時間):

« 最終戦 | トップページ | 嵐山に来ています »