« なぜに右肩上がりを | トップページ | 週末、しの笛からオリオン座まで »

2007年11月 2日 (金)

ジムデビュー

「大きなバッグですね」
だって初めてだから、何が必要で何が必要でないかわかんないんだもん・・。
インストラクターと談笑しながらロッカーを案内してもらい、メンバーズカード用の写真を撮り、各種マシンのレクチャーを受ける。思った以上に設備は充実している。

とりあえず、場に慣れるまでは、トレッドミルで走ることに専念し、その後で、私に合ったプログラムを作ってもらうことにする。

ちょうど日本シリーズ最終戦が目の前のTVで放送されていて、2人で完全試合をしてしまった試合を観ながら走った。
思った以上にイイ。
某小出監督は”トレッドミルはマラソンの練習にはならない”と言っているが、私は走力UPをめざしているのではなく有酸素運動による脂肪燃焼が目的だから、ぜんぜんOKだ。なんだったら傾斜角度も自由に設定できるし。

いや、外を走っている時よりも、もっと良いことがあった!
え? 回りに女性?? ツンツン(人差し指で・・)
ま、それも無い事無いけど・・・
このフィットネスクラブは1階がプールになっているので、2階のジムは湿度がけっこう高いのだ。だから、簡単に、汗が出る出る・・!
今、外を走ったら、1km以上走ってようやく汗ばむくらいだけど、数百メートル走っただけで、ドンドン汗が出てきた。
こりゃ、私の目的には最高の環境だわ。
トレッドミルは7~8台あって(やっぱ200万前後する業務用はいいわ)いつも1台くらいは空いているという、ま、人数的には多くもなく少なくもなく、ちょうど良い感じに活気のある利用状況だった。

とりあえずいつもの通り、10km走った。快汗。
初トレッドミルの感想は、すごく良かったけど、「およよ・・・」終わってマシンを降りると、必ずそのまま自然に2~3歩勝手に前に進んじゃうのは私だけ?(笑)それだけ気をつけようっと。

で、ちょうどこの日は「コアヒーリング」というのがあるというので、モノは試し、開始時間までジョーバに乗りながら待って、参加してみた。
いや、コレ、すごく良い。
ゴルフしてたから、左右で身体の可動範囲が違うのは薄々わかっていたけど、マジ実感した。リラクゼーションと、最近よく聞く身体のコアの部分の意識を高めるプログラムなので、私には最適なプログラムだと思ったけど、その通りいやそれ以上だった。
一番驚いたのは、最初、床に仰向けになって背中の隙間を手で計ったんだけど、おしりと肩胛骨の間の腰の部分が両手つまり手のひら2枚分くらいの隙間があったのね。それがプログラムの最後にもう一度計ったら、ほとんど隙間が無いくらいになってた!
普段それだけ身体のコアの部分って緊張してんだなー、そりゃ肩も凝るわ、と実感した。

と、これから寒くなって外で走れなくなった場合への対応として考えたジムだったが、様々な最新機器やフィットネスプログラム、それにスカッシュやプールにジャグジー・サウナとついて、7千円ちょっと/月で利用できるんだから私には最適なジムだった。都会では必要な?駐車料金とかも不要だし、そんなジムが近くにあって良かった。

ま、だからといって、あまり頑張りすぎずに、適当な間隔で長く楽しんでいこうと思う。必要でないものもわかったので、次回からは大きなゴルフ用のボストンバックじゃなく、もっとスマートなものにしなくちゃ(^^;)

.

---------------------------
■そうだ、京都、行こうJOG 27■
昨日走った距離10km/計253.4km
(実際地面を蹴って走ったんじゃなくトレッドミルでの走りだけど、ま、いいことにしよ)
今朝の体重67.4kg【最高記録】、体脂肪率19.5%
(ジムへ1回行っただけで1kg減ったんじゃなくて、夕食後に走ったからこの体重になったんだと思う。これ以上減ってもダメだと思うし、このレベルを保つようにがんばろ)

|

« なぜに右肩上がりを | トップページ | 週末、しの笛からオリオン座まで »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/16950104

この記事へのトラックバック一覧です: ジムデビュー:

« なぜに右肩上がりを | トップページ | 週末、しの笛からオリオン座まで »