« カート、モンテ、F1他、怒濤の週末 | トップページ | 一週間・・・ »

2007年10月15日 (月)

お詫びと御礼

今日から復活しました。

7年半前、介護のため山形に住んでもらっていた義母が、先週9日夜、亡くなったのでした。享年73歳。

ブログで書くものでも無いとは思いますが、近親者だけで葬儀を行ったことと、表に”喪中”とも掲げておらず、誤解を招いても困るので、書いておこうと思います。

義母は、山形に来て認知症であるピック病と診断され、4年半を在宅介護し3年前から入院しておりました。
よく知られたアルツハイマー病とは異なり、症例の少ないピック病は、効果的な薬や治療も未だ確立されておらず、1年ほど前より寝たきりになり、すでに点滴もできない状態となっており、1週間ほど前からは肺炎を併発しておりました。

亡くなった翌日、すぐに京都とアメリカから妹たちが駆けつける事が出来たので、11日(金)に火葬と葬儀も済ませました。

クリスチャンである家内と義母の希望から教会で葬儀をしたのですが、教会に入られる人数は7~80人と限られます。ですから、新聞掲載もお断りし、私や家内の友人、知人、燦燦會関係、会社関係、そして親戚筋にもお知らせする事無く、ごく近親者と教会でお世話になったみなさんで葬儀を執り行うことに致しました。

こちらでは、普通はご近所の隣組の方々が葬儀を取り仕切ってくださる習慣があるのですが、葬儀が平日の日中であることと、もう3年も家にいないので、会社を休んでもらうのも心が引け、隣組の方々には”こちらでやります”から、と辞退させていただきました。

後日、多くのみなさんから「知らなくて・・・」「何で教えてくれなかったの・・」と、弔問を受けましたが、上記のような訳でしたので、大変失礼を致しましたが、ご理解いただければと思います。

特に、私や家内の親友に「なんで・・」「水くさい・・」と思われたかもしれないのが、気がかりなのですが・・・ごめん、です。。

当初より、早くて3年、長くて10年と言われておりましたが、発症したのは山形に来る前だから、ほぼ10年、義母も家内もお互いできる事を精一杯尽くしてがんばりました。
家内は介護ストレスからか、突発性難聴にもなったほど・・・。お母さんも充分、娘たちに気持ちの整理をつけさせる時間を与えてくれました。

京都の親戚、友人のみなさんとは、来月、納骨とあわせ”お別れ会”を行うことにしています。

義母がお世話になったみなさん、本当にありがとうございました。

|

« カート、モンテ、F1他、怒濤の週末 | トップページ | 一週間・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

しばらくブログが更新されていなかったので、何かあったのかなとは思っていました。大変でしたね。でも、京都から山形へいらして廻りの暖かい人たちから介護されて、お義母さんは幸せだったのではないでしょうか。でも、実の娘さんである奥さんの気持ちを察するに余りあります。お気を落とさないように願っています。謹んでご冥福をお祈り致します。

投稿: pino | 2007年10月16日 (火) 11時08分

ありがとうございます>>pinoさん

家内も、7年半の看病と介護で気持ちの整理はある程度ついていたとは思うのですが、人前では気丈に振る舞っていても・・・
ま、時間が癒してくれることでしょう。

投稿: TERU☆ | 2007年10月16日 (火) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/16767133

この記事へのトラックバック一覧です: お詫びと御礼:

« カート、モンテ、F1他、怒濤の週末 | トップページ | 一週間・・・ »