« すぐリセット押すヤツ | トップページ | 老化は走らないでください »

2007年9月14日 (金)

F1 とんでもないことに

いや、安倍内閣の事じゃない。 朝青龍のことは、もうとっくに放ってる。

F1マクラーレンの『スパイ疑惑事件』だ。

FIAの世界モータースポーツ評議会が、マクラーレンに「2007年コンストラクターズ・ポイントの剥奪と1億ドルの罰金」という裁定を下したのだ。

もちろん、マクラーレンは納得していない。

来年のポイントも対象になるという噂もあったが、今年だけになったようだ。
そして、ドライバーズポイントは、ドライバーには無関係ということで、そのまま。
獲得した配当金については、剥奪かどうか、今のところ情報が錯綜している。

証拠についてはeメールがどうたらと、今イチ誰もが納得するものでもない。
また、そのスパイ行為が、明らかにマクラーレンに優位、フェラーリに不利につながったものでも無く、今の順位は正常な競争原理に基づいたものだと思う。

結局、一番誰が”得”をしたのかといえば、フェラーリだけだ。
フェラーリが今年チャンピオンシップを取る唯一の方法はこれしか残っていない。

私はどのチームが好きでも嫌いでもない。F1そのものが大好きだ。

だから今回のことは、非常に悲しい。

唯一、興味が増したのは、、、
コンストラクターズポイントは関係無くなったので、アロンソとハミルトンのマクラーレン内バトルが熾烈を極めそうなことだ。今のところドライバーズポイントトップは新人ハミルトンで王者アロンソが3ポント差で2位。
バトルは良いけど、確執には戻らないでよ。

最近、ありえない事が、毎日のようにありえているのは何なんだろう。。。

|

« すぐリセット押すヤツ | トップページ | 老化は走らないでください »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/16443479

この記事へのトラックバック一覧です: F1 とんでもないことに:

« すぐリセット押すヤツ | トップページ | 老化は走らないでください »