« 背中はみられているもの | トップページ | HRカート・スプリント第2戦 »

2007年8月11日 (土)

空耳じゃなかった!・・けど

ほらほら、ほらーっ!

夢とか空耳とか、幻聴とかじゃ、ないじゃん!!
今朝もありました。ヘリコプターの轟音!!!
AM6:00ごろ、、orz

普通、起きるだろー、この轟音。。
とりあえず、女房を起こし、私の無実(正解)を証明した。(^^;)謝ったの戻せよ

ま、空耳だったからといって、別に残念だったワケじゃない。
空中散布が無くなったのなら、それはそれで良いことじゃん!と思っていた。

というのは、いくら空中散布は人間には害が無いとか言われても、外には出ないようにとか、窓を閉めてとか言われて「はい、そうですか」と納得する人はいないだろう。農薬には変わりないんだし。

昔、娘達が小学生の頃・・だから10年くらい前なんか、通学時間少し前くらいまで散布してた。
ヘリコプターが去って30分も経たない中、通学するこの子たち、大丈夫なんだろうか?と心配したが、今はもっと早い時間に(今朝は4時30分くらいから始めたらしい)そして夏休みを利用して散布しているようだ。
ん? てことは、やってる方も危険性を認識してるってこと?

以前、花巻では、そもそも空中散布は飛散するという事でその効能に疑問をもち、また安全安心な米つくりを標榜し、必要な農家は自分の田畑に最低限必要な分だけ散布することにし、空中散布は止めたと聞いていた。

なーんだ、それなのになんで村山は空中散布やってんだろう?
農家の高齢化対策、省力化、コストダウンを計るには、私たち市民もある程度我慢しなきゃなんないのかなー?と妥協してたけど、その根底が覆されたのだ。

いろいろ調べてみると、全国でも今もって空中散布反対を唱えている所は多い。空中散布をしている市町村でも民家とか学校施設の近くでは実施しないとか規制もしているようだ。
え?だったら、民家(私の家)と中学校の間の狭い範囲でも実施しているのは何なんだろう??

■この空中散布は、果たして、農家の方々にも我々一般市民にとっても、本当に”安全安心”で優れた施策なのだろうか??
特に、幼子や子供達への影響は無いのか?

誰か教ーーえて!!

私の幻聴という老化問題なんかより、ず~っとず~っと重く深い問題のような気がする。

|

« 背中はみられているもの | トップページ | HRカート・スプリント第2戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/16074307

この記事へのトラックバック一覧です: 空耳じゃなかった!・・けど:

« 背中はみられているもの | トップページ | HRカート・スプリント第2戦 »