« 空耳 | トップページ | 空耳じゃなかった!・・けど »

2007年8月10日 (金)

背中はみられているもの

どうも毎日暑いからなのか、わからないが、悶々としたニュースが続く。

なんといっても今、一番の気がかりは、安倍内閣の溶け具合じゃなくて(もちろん気にならないことは無いけど)朝青龍の処遇と、同じマクラーレンチーム内のアロンソvsハミルトンの確執だ。

横綱とF1チャンピオン。
そのジャンルの頂点に立つ者が問題の矢面に立たされている。

どちらにも共通しているのは、親方やチームのトップがしっかりした態度、振る舞いをしていないことだ。

書いてて、すっごく身につまされるが・・・(汗) それはおいといて

今はアロンソのボスであるロン・デニス(マクラーレン)は、そのチーム内バトル以前に、ジャン・トッド(フェラーリ)との確執は根深く、今年になってそれがスパイ問題となって水面上へ出てしまった。真偽は別にして、そんな疑いがかかるような人に、チーム内とはいえふたりの中に入っての仲裁なんか無理かも。

昨日になってやっと話をしたというが、朝青龍がそれまで親方と話さえしようとしないのは、ロンデニス同様その人柄を「見透かされている」からかもしれない。
といっても朝潮いや高砂親方の人間性を知っているわけではない。
ただ、あのファッションだけみて「・・・んんー・・・ちょっと・・」と思っているに過ぎないんだけどね(^^;) 外見で判断しては、いかんけど、なんか毅然とした対応をしていないから、どうしてもそう思ってしまう。

朝青龍vs朝潮、アロンソvsハミルトンそしてロンデニスの確執をみて、親としてのあるべき姿を考えさせられるのだった。

余談1) アロンソvsハミルトンは未だ若いから握手をする可能性はあるが、ロンvsトッドについては、もうあの年齢では凝り固まっちゃってて、現役中の仲直りは無理かも(^^;)

余談2) やっぱ”今はそういう時代じゃない”とか”古っう~”とか言われて、若い人に迎合するだけじゃぁーならんと思う。言うべき事は言わなくちゃ。
「ちゃんと物事の順序は守ろうぜ」 >だるびっしゅ  でも、おめでと。

|

« 空耳 | トップページ | 空耳じゃなかった!・・けど »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/16065514

この記事へのトラックバック一覧です: 背中はみられているもの:

« 空耳 | トップページ | 空耳じゃなかった!・・けど »