« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

モンテ vsセレッソ 秋?

祭りが終わって、暑さも和らぐというよりも肌寒さえ感じるようになったが、ようやくじっくり観戦できるようになったモンテ。これまで3ヶ月、練習が水・土なので、ほとんどサテか練習試合しか観られなかった。

久しぶりのモンテ戦士、、、なんか小さい。
セレッソが、長身2トップに加えてユニフォームが白いから大きく見えるということもあるのだろうが、なんか気持ち的にも小さくなっている印象をもった。

実際、北村・坂井の2トップは小さい(^^;)
財前から勇人に変わったら、益々小さくなったけど。。

当然フィードボールはほとんどセレッソがはね返し、前で収まらない。
サイドからのクロスも同じ。
FWの高さが無いのに、同じような高さのボールしか入れないんだから、枠どころかヒットするのも難しい。

なんで低く速いクロスとか、考えて上げないんだろう?

2点目が課題と思っていたが、昨日は1点さえ匂いがしなかった。

第一クールはトヨグバもいたので、コーナーキックになるとワクワクしてきたものだったが、昨日はカウンターの心配の方が大きかった。
セレッソの高さを考え、ファーの北村を狙ったコーナーが多かったのはその対策だとは思うが枠に飛ばず。

結局、ベルディ・フッキの悪夢ふたたび、ロスタイムで失点し敗戦。
香川についたサトケンの反省の弁もあるが、終了間際、バイタルエリアからプレッシャーをかけず簡単にクロスを上げさせた事も大きな反省点だろう。
目の前だったから「あぁっ!やばっ!!」と、そのクロスボールの軌跡に身が固まった。

直後、樋口監督は尻をついたままで試合終了のホイッスル。

でもでも、私はそんなにガックリ!!と落ち込むことは無かった。
だってその前に何度も何度も絶体絶命のピンチがあったからだ。
フリーで枠をはずしてくれたり、カウンターをくらい1-1になってもGKシミケンが落ち着いて防いだり、セレッソのミスに何度も助けられていた。
それがこの2チームがこの順位(7位と9位)にいる、ということなのだろう。

グスタヴォは、高校、大学とのTGでも、あのまんま!だったから、どうもこうも思わない。結果が出せてないのに入団と聞いて、え?と思うも、私にはわからない潜在能力を買ったのだと信じていたが、潜在したままだった。。

さて、勝敗で2つも負けが先行してしまったモンテ。
この状況でなおかつ、ほぼ半数が負傷していて・・・
昨年、気持ちを天皇杯へ切り替えたのは、9月末だったが・・・

さ、出でよ!若者!!
坂井、サトケンに続け、駿太・・・えっと、、あと、誰いたっけ?
あぁっ! み、みんなケガかよっ orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

怖い夢をみる時って

人間誰だって怖い夢はみる・・・でしょ?

昨夜は、コナンとか金田一のアニメに出てくる”謎解き前の犯人”つまり、つり上がった目だけの黒いスパイダーマンみたいなのに追いかけられる夢をみた。
なんとか逃げ切り朝を迎えたけど、やはり”お腹の上に手が乗っていた”

実は私、怖い夢とか恐ろしい夢を観る時ってのは、ほとんど間違いなく
【お腹か首回りに手が乗っている】のだ。

そんな事ってない? あ、そう、私だけ?(^^;)

これがわかったのは小学生か中学生の頃。
その頃から、なんとか手や腕が身体に巻き付かないように寝ようとするんだけど、どうしたって寝返り打つから、お腹や首回りに手がいってしまうことがある。
そうなると悪い夢を観ることになるのだ。。
なんか圧迫感が、自分の脳から悪い夢を引き誘うのだろうか?

夢の中では、夢だとわかっていても怖いものだ。いくつになってもね。
そうそう、ファブリーズのCMの寺島進・・・あんな感じ(^^;)

絶体絶命のピンチになった時「これは夢だ、これは夢だ!」と言い聞かせ、夢の中で頬をひねった事もあった。不思議なことにこの時はホントに目が覚めた。

”うつぶせ寝”だと手が回らないのでいいかな?と思ってやってみたが、これは首の筋を寝違えたのでやめた。

赤ちゃんは両手を上げて万歳の格好で寝るが、それが一番理にかなった寝姿だからだろうか?
今じゃぁ、あまりにも無防備な感じがして、とてもできないけど・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

ケの日に復帰中だが

1年に一度の祭りという「晴れ(ハレ)の日」も終わり「褻(ケ)の日」になって、少しずつ日常が戻ってきた。 日中は先送りしていた仕事を片っ端から取り崩していき、今ようやく少しほっこりしてきたところだ。

その間、世の中はドンドン回ってた・・・。

■内閣改造、はぁ、そうですか。人身一新ね・・・?
期待したら外れるから、今度は最初からあまり期待しないでおこうか。
その方がもしうまくいったら喜びも大きいかな、と。

■世界陸上・・・始まってたのね。。
池田選手、残念。
でも、なんでこんなクソ暑い真夏の大阪で開催するんだろ??
もっと涼しくなってからやらなくちゃ、地の利が活かせないじゃない、ね?

■世界水泳・・・・ありゃま、いつの間にか始まってもう終わっちゃってたのね。。

■そしてモンテ。。。
祭りの準備を始めた5月には、首位!だったような・・・
祭りの練習が水・土なので、辛かったのだが、なんとか祭り終わるまでせめて5位くらいで踏ん張ってて~と思っていたけど、え?9位? orz
もう、これからはホームはかかさず、アウェイも行ける時は行くからね・・。

風林火山とか、色んなみたいTVは、これまでほとんど録画して観る日々だったが、これからはオンタイムで観られる。

そうそう、カートも来月のレースのために走りに行かなくちゃなんないし、ゴルフも再開しなくちゃ・・・。

あれ? 私の「ケの日」って、けっこうハレてんなー(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

家に帰るまでが

お祭りです。

今年ほど會の中でトラブルの無いお祭りはなかった。
・・・のが逆に心配になっていた私。。。

祭り3日間とも晴天に恵まれるし、3日目日中は酷暑が予想されたものの程よく曇ってくれたし、天気についてはもう最高、言うこと無し、でした。

そんな祭りも、昨日で終了、今日は山車の解体と後片付け。
会社に有給休暇を取って仕事に当たってくれたメンバーに感謝かんしゃ。

まさか、ここでトラブル・・・と、またまた心配するも、取り越し苦労で済んだ。
てか、ほとんど終了した時点で、バケツをひっくり返したような”土砂降り”があったのだが、ホント祭りには1日違いで大変なトコだったし、後片付けにはあと一時間早くても大変だった。

これも日頃の行いが良・・・・・違うな(^^;)

Tokuaed1備えあれば憂い無し。最終日真夏の4時間耐久祭りに備えて「AED」まで備えたおかげだろう。
しかも、踊る医師&看護士さん付きだし v(^^;)

てな訳で、今、1日がかりで、解体&後片付け終了しました。
そして、ようやく、本当の安堵感、充実感を感じています。

今朝の清掃ボランティアに行ったメンバーもいるし、さすがにみんな疲れて、飲みに行く元気はありません。今日は宅飲み。(やっぱり飲むのかよっ!)

では、私も今日はこれからゆっくり飲んで休む事にしますので、画像でどうぞ。

Tokumae

先ずは「前囃子」から・・・

Tokukodomo

「本囃子」

.

Tokukodomo3

初めて参加する子どもたちは、未だちょっぴり恥ずかしさを出す子もいるけど、回を重ねた子は、もう姿勢もよく堂々としたものです。

Tokufrもちろん大人も負けてないです。

Tokuegso_3

  Tokuback2

.

.Tokukime_2

Tokukake

踊り手を鼓舞する「カケ声」も、徳内ばやしに華を添える。

Tokudasi 徳内ばやしは、山車に乗った囃子の生音と踊りのコラボレーション。 ここが、徳内ばやしとほぼ同じ時期に始まった”よさこい”とは違う醍醐味だ。

.

Tokugomi_3 話題の?「ゴミ回収」はこんな感じで、各団体、踊った後に回収していきます。

ありがとうのキャッチボール。

今年も、暖かいご声援ありがとうございました。

特に「TERU☆さ~ん!」と、声をかけていただいたみなさん、
ありがとうでした(^^;)

*画像追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

祭りできれいになるまち

気づいたのは、ソファの上だった。
着替えているので、昨夜、帰ってきてシャワーは浴びたらしい。

まったく覚えがない(^^;)

時計は朝の5時を差している。
良かった、早朝清掃ボランティアの集合時刻6時前だった。
ベッドに行き、目覚まし時計をセットして、もう30分だけ寝る zzz

昨日は徳内祭り初日。
天気も絶好調。夜は程よい気温に落ちつき、パレード一エリアこなした後も心地よい。 踊り手にも、観客にもちょうど良い気温だろう。

この時期、午後6時スタートでは未だ明るいかなー?と懸念していたが、これまた良い感じ。 さらに我々のステージ演舞が始まる午後6時45分頃には、ちょうど陽も落ち加減で照明も映える絶好の舞台となった。

ウチらのステージは、昨年までの他の団体のステージを観ていると、どの団体もすごく良いのだが、どうしてもみんな”自分とこだけ一番!”みたいな感じの演出だったので、最初に囃子手が準備する間、我々の紹介とともに、徳内祭りそのものの生い立ちや徳内翁への遺徳を偲ぶナレーションを入れている。

観客のみなさんも一息入れられて良かったんじゃないかな? 間奏でのナレーションが飛んでしまうハプニングもあったが、まぁまぁ上々の出来でしょ。

反省するとすれば、ひとつだけ。・・・私のカネだ(^^;)

前の団体が持ち込みのカネを使っていたので、演奏場に上がったら、備え付けのカネが無い~!
すぐ、後ろに下げてあったのを見つけ、事なきを得た・・・と思ったら大間違い。
しっかり確認セッテイングする時間が無かったので、打っていくとだんだん回転して打ちにくくなってきた(笑)

元に戻るよう片側を強く打とうとすると、カネでは一番大事なリズム・テンポが狂ってしまう。そうなると囃子全体がおかしくなってしまうので、身体を回したり、曲の合間のわずかな間に戻したりしていた。
が、とうとうメインの長い演奏の時にはもう45度くらいまでに回ってきた。
「うわー、どーしよー・・」と思っていたら、すかさず隣で締太鼓を叩いていた賢ちゃんが、見かねてサッと直してくれた。「ありがとねー」

明日は、最初にちゃんとセッティング確認しよ。
何事も「段取り八分」だねー。

でもでも、そんな事がありつつも、かえって楽しいステージ演奏になった。

その後、夜9時で初日は終了し、山車を片付け、すでに始まっている打上げに急ぐ。 八鍬医院さんでは、駐車場を解放していただいているばかりでなく、この打上げのために!でっかいライトを設置してくれていた。すっごい。本当にありがとうございます。

警備をしていただいた方や給水などのサポートしていただいた方も交え、大打上げ。 燦燦會名物の”打上げ蕎麦”も、んまい!!

これまでの二ヶ月半、準備や練習を重ね、祭り初日を終えた安堵感と、みんな楽しかった!という笑顔に囲まれて、しこたま飲む、そしてまたのむ・・。

で、あとは冒頭の通り、後片付けして、家の玄関まで歩いて帰ってきたような・・・記憶が・・・ちょっとあるだけで、、、zzz。

二度寝して起きられたのか?との心配はご無用です。
ちゃんと30分で起きて、早朝清掃ボラに行った。 えらいっ。
このあたり、朝、ちゃんと起きられるのは、”歳の功”ってことかな?(^^;)

しかし、ホントにゴミの量は少なくなった。
演舞最中のゴミ回収が功を奏しているのは間違いない。
落ちているゴミはほとんど「吸い殻」だけってな感じ。
そして、こりゃぜったい祭りで出たゴミじゃないな、という古いゴミだけだ。

今や楯岡は「祭りで汚れる」ことなく【祭りによってかえってきれいになるまち】だな、こりゃ。

今夜は、出番が無いので”祭り警備”に従事し、明日最終日にまた出演。
今夜は、飲まないで休肝日・・・・・ぜってー無理、、、
でも、ほどほどにしようかな・・・・・ぜってー無理だと思うけど。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

よくがんばった

昨日、また空中散布のヘリによって起こされたのは、朝も早よからよぉ~♪
5時頃 orz

仕事を終え、夜は祭りの最後の練習。みんなに祭り当日のスケジュールや注意事項など、最後の連絡をしたのが9時頃。

それでも昨日はまだまだ終わらない。

山車の最終セッティングがある。
最後の練習のため、太鼓などの囃子道具やPA音響関係のセッティングがこの日までできなかったのだ。(来年は、前の週までで練習終わろうか・・・)

マイク・ミキサー・アンプ・各種コントローラー・スピーカ・・・と、、、前はサクサクッとつなげていたはずのコードが、「えっとぉ~、これはどうだったかな・・」と、いちいち考えながら接続していくので、昔のようにははかどらない。疲れもあるが、私の頭のコードが劣化しているのだ。。。

でもね、EV、JBL、BOSE、SHURE・・・と、知ってる人なら、よだれが出そうなPA機器が自慢の燦燦會。
残念ながら、山車そのものが”箱鳴り”する事(改造するのは大金が必要で断念)や、大太鼓などの和太鼓のピックアップがうまく取れず(これは、どの団体でもそうだね)その真価が発揮されるまでには至っていないのが残念だが、生音でなく、CDをかけた時の音なんかは身震いするほど凄く良い音がする。
だから、祭り以外の事務局は、すっごいオーディオルームになんだわ、これが。

と、自慢はそのくらいにして(^^;)

だいたい完成し、最終の道路使用許可申請用の写真を撮ったら、半分が次の日のデータファイルになる時刻になっていた。
さすがにここにきて、みんなに疲労感が漂ってくる。
「○○さん、眠くないの?」と聞かれるが、もちろん眠くないことないけど(朝5時に起こされてるし)写真撮らないと明日(てか今日)の締め切りに間に合わないので、やるしかなかったのよね・・。。

そして、完成。

家に帰ってシャワー浴びたら2時・・。
おぉ、21時間起きてんじゃん!

サッカー日本VSカメルーン戦、オリンピック最終予選日本VSベトナム戦は、・・・ったく、祭り前にそれも同時に2つも試合すんなっ!って怒りながら、5倍速で観て寝る。

ってことで、5月から始めた祭りの練習と準備も、囃子と踊りは昨日で終了。
山車は今夜、音出しチューニングして終了。
いよいよ明日24日からが本番!!
今年は天気にも恵まれそうだ。
ケガの無いよう、思いっきり楽しむべ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

スリーパーホールド

昨夜のSAYスーパーニュース「記者リポ」良かったですねー。
いや、自分が出たとかどうかじゃなくて、内容が、です。

私も他のまちのお祭りや花火大会へ行った時、強烈に思っていたのが
「祭りとゴミの問題」なんです。

それがどんなに良いお祭りでも、きれいな花火だったとしても、帰り際に、あの悲惨な”ゴミの山”をみせられては、「あ~ぁ・・・」と、完全に祭り気分は興ざめしちゃうのでした。

ゴミ箱はあっても、祭りやイベントの最中に回収しないから、あふれちゃって悲惨な状況になんのね。

村山では、最初、持ち帰りをお願いした→ダメダメ→ゴミ箱設置→分別ゴミ箱設置・・・ときて、祭り最中にも、JCやボランティアそして市職員が懸命にゴミ箱のゴミ袋を入替え、少なくてもゴミの山にはならない努力を続けてきた。

がしかし、毎年、踊った団体は翌日の朝に1時間”清掃ボランティア”をするのだが、とんでもない状況に変わりはなかった。
捨てる人ってのは、目立たないところ、つまり垣根の中とか、塀の隙間とか、家の軒下とか、「お~ぃ、こんな所に捨てんなよー」とゴミ拾いが泣きたくなるくらい大変な所に捨てていくのだった。

で、新たにやり始めたのが、各団体、演舞最中での「ゴミ収集」だ。

徳内ばやしは、楯岡の街中を10分で約100m踊り進むのだが、踊り手が進み終わり、次の団体が来るまでの間に、踊り手やサポート隊が交代で、観客から直接、ゴミを集めるのだ。

「そんな、華麗な演舞のかたわらでゴミ集めなんて・・」とか、最初は否定的な声もあったが、実際、やってみると、観客にも喜ばれたし、ゴミ収集と同時に交わされる会話でコミュニケーションが図られ、観客との溝が無くなるという相乗効果さえ感じられた。

そして翌朝、清掃に参加したボランティア全員が驚いた!
ゴミが圧倒的に少ないのだ!!

効果はあった、、なんてもんじゃなかったね。

13年前、そのアップテンポな囃子と踊りで注目を集めた徳内ばやしだが、今度はゴミなどの環境問題でも注目を集めることになった。

毎年色んな問題が出てきては、少しずつ改善を図ってきたが、やはり「私たち市民で創った祭りだもの、自分たちでできる事は自分たちで先ずやろう」と、小さな事から地道に続けてきたことが、今日につながっているのだと思う。

.

「記者リポ」が終わったTVは、その前の別のニュースで間違えた施設名の訂正とお詫びをしていた。
隣でみていた家内は、続けてアナウンス口調で・・
「番組中、お見苦しい点があったことをお詫び申し上げます」
・・・・・お前なぁ。。。
ヘッドロックからスリーパーホールドを決めてやったのは言うまでもない(ーー;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

そうは問屋が卸さない

最近、仕事中、やたら営業の人が多く使うのは・・・

”すみませ~ん、近くまで来ているのでお寄りしてよろしいでしょうか”

はい、残念でした。 私は断っています(^^;)

「あ、ごめんなさい、今、出かけるところで・・・」

コレって、昔、ソ○ーだったかどこかのトップセールスの”技”として、紹介されたもの。
こうすれば、どんなに忙しい人でも、アポが取れなくても、ほとんどの人が面会をしてくれたというセールス営業の技だ。

たぶん、今は営業の手段として、新人教育なんかに使われているのだろう。
あるいは、その手のバイブル書みたいなのを読んだか・・やたら若い営業の人が、この手を使ってくる。

緊急な用件とかじゃなくて、それが常套手段になってるんだもの。それじゃもう、相手の都合にはお構いなしの自分の都合だけの営業ってことじゃん!

いぢわるしてるんじゃなくて、ホントこっちも忙しい手を休めなくちゃならないんだから、その手は食わないぞ、と、私は思っているし、もちろん自分でもこの手は封印している。

きちんと通常のアポとって来社下さる方は大歓迎ですけど。

本屋さんに行けば、こういう営業バイブル本、マニュアル本も多いよね。 みんなが使っちゃえば、秘伝の技も技じゃ無くなっちゃうことに、読者も気づけよ!っと。

あ、もちろん、これは仕事上の(営業の)話ね。
友人、知人はいつでも、どんな時でも時間とります(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

祭り本番モードに

いやぁ、もう来週の今頃は、飲んでるんだろなぁー(^^;)
ウチの団体の登場は24日金曜日と26日日曜日だから、中休みの土曜日は、しこたま飲んでいることだろう。
てか前日金曜日の夜も、打上げで飲んでるんだけどね。
あ、最終日の日曜も飲むだろうから、毎日飲むことになるなー。
んんーーー、困ったなー、楽しみだなー。(^^;)

今夜も練習を終え、後片付けして、今、ちょっと会社で一仕事こなし、ついでにブログ書いてます。

練習は、踊りそのものはもうOKなんだけど、やはりまだまだ表情が硬い。
笑って~って言っても、プロのダンサーじゃないんだから、誰でも最初はなかなか難しいよね。
北朝鮮のマスゲームみたいな”引きつり笑み”でも困るし。
もっともっと祭り慣れして、心から「楽しいっ!」って感じた人ほど、”自然な笑み”ができる。
ウチの団体でも、それができる人はだんだん増えてきているんだけど、そういう人を見ていると、ホントこちらまで、楽しくなるもんなー。

今日は、そんな人を増やすために、ビデオで撮って自分の姿を観てもらった。
たぶん、想像していたのと違う自分がいたに違いない。
ゴルフでもそうだもんね。

おっとっと、早く本題を言って、急いでみんなに合流して、山車造りしなくちゃ。

■来週は、TVでも放映されます。

先ずは、21日(火)PM6:30頃からの”さくらんぼTV”
ニュースの中の特集で、”祭りとゴミ”にスポットを当てたヤツだそうです。
リハーサルを終え「さっ本番がんばるぞっ」と思ったら「OKで~す」って・・・orz
たぶん私の所はカットされたな・・・。ま、いいけど。。(泣)

で、次は、25日(土)PM1:00~、YBCでの1時間特番。
各団体PRで、15秒だけ出ます。たぶん。

って、ことで、いよいよ祭り本番モードに突入です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

モンテ vs草津 こっちも痛いなー

もうひとつ会話のつなぎに使う”手”は、モンテディオ山形。
お客さんの中には、サッカー好きの人も多くて、ゴルフの話題よりもサッカーの話で盛りあがれる場合も多くなってきた。(ちなみに野球の話は少なくなってきたなー)

今日は、元山形植木監督-FW氏原のいる草津戦。
山形のFWは、真下がケガと不調で出場できなかった年、植木監督にワントップ!で使われ成長した根本。
昨年前半、山形で結果が出なくても樋口監督に使われ続けた氏原との対峙は、色んな意味で面白かった。が、試合結果は1-1と痛み分け。
FW対決は、16分で負傷退場した氏原に対し、DFをつぶしながらワンツーで横山のゴールをアシストした根本がわずかに結果を残したか。でもどちらも、自分でも満足していないことだろう。特に根本は昔のようなジャンプ力が無くなってボールを納めることが出来なくなったように思える。まだ完治とまでいっていないのか?(だったらスタメンで使わないと思うんだけど)

失点は、TVでは完全にオフサイドに見えたけど、画面右下にチラッと見えた石川が”残っていた”ということなのだろうか?

いづれにせよ、インターバルでのミニキャンプを張り後半に備えるも、リスタートにつまずいている山形。
樋口采配は、昨年同様、自分の信念と結果が出ない板挟みにもがいているようにみえてならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

悔しい・・のか?

県外とかに行って、山形を紹介する時、決まって言うのは、さくらんぼ・・
それには、みなさん、うんうん・・・とうなづいてくれる。
そして「日本一の最高気温をも記録してます」というと、ほとんどの人が
「ええー?山形って、雪も多くて寒いんじゃないの?」
という驚きのリアクションをされるので、これでほとんど”つかみはOK”って感じで話に入れる。

それが今日ついに、40.8度という山形の記録が、73年振りに岐阜県多治見市で午後2時20分、埼玉県熊谷市で同42分に40.9度と破られた。

ああーー、、とため息をついたら、
「えー? なんでそんなので残念に思うの?」
と、家内に笑われた。

「悔しいか?」と言われると、ま、よく考えれば、そう悔しぃーってもんでもない。
だって自分が何かやって達成したものじゃないし。。。
でも、なんともないか?と言われれば、なんか悔しい。
0.1度という微妙な更新だからか?正直、そんなの計測誤差の範囲じゃないの?と、どこかでちょっと悔しがってる自分がいる(^^;)

県内ニュースも「破られた」というテロップを使っていたね。
やっぱ、みんなそうなんだ。
滅多にない”日本一”の記録だったもんねー(^^;)

自慢ってもんじゃないけど、会話の”つかみ”に使ってた”手”がひとつ無くなったのは痛いなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

HRカート・スプリント第2戦

これがレース。

これもレース。

・・・・・ん? 前も書いたような・・・

■先ずは予選ヒートのグリッドを決めるタイムトライアル(10分)

2番手につける。

・・・・・ん? 前も書いたような・・・

■予選ヒート(10周)

とりあえず2位でゴール。

・・・・・ん? 前も書いたような・・・

トップが、シェー部長からオーバイン選手と替わっただけ。
オーバインさんを抜こうとするも、「おお、これがその名も高い必殺「クイック柳」返しかぁー」と唸っていたら、GOKさんに差される。
Hr0708121でも、なんとか抜き返すことができてゴール。お互い相手のライン1本分空けてのクリーンなバトルは楽しかったです。

画像は、絵的に良いだろうと、最後はトップオーバイン選手の横に並んだわたし(^^;)

■決勝 (30周)

わ~い、フロントローだぜぃ。

・・・・・ん? 前も書いたような・・・

で・じゃ・ぶっ!?

ここまではよかったなーーー。 ・・・しみじみ

あああーーー、ここまでも、で・じゃ・ぶ~(泣)

暑い、暑い! もひとつおまけに、暑いーーー!!
真夏のピーカン照りでのレース。

はたして30周持つのか? いざスタート!

スタートもうまくいったし、トップ・オーバイン選手の走りにもついて行けてる。
てか、オーバインさんより私のカートの方が良かったみたい。
後ろの、コンちゃん+GOKさん”1ご1え連合軍”を押さえながらもオーバインさんとの差は離れない・・どころか、詰められさえもする。

こりゃ、いいかも・・・と、10周くらいでは思っていた。

Hr0708122たぶんみんなは、この暑さに、このクラス最高齢の私が一番最初にバテルと思ったことだろう。
残念でした!
私は、この時のために、まだ30°を下回らない夕方6時頃、毎日、小一時間ジョギングして体力を作っていたのぢゃ! だからぜんぜん平気だったもんねー。v(^^;)

んがしかし、そろそろ勝負時と狙っていた後半、私より先にカートが音を上げた。
第3コーナーのヘアピンは全開のままで最大Gがかかる所だが、ここの立ち上がりでガスが来ない感じで、ボボボボと息つぎし始めた。
最初、ガス欠か?と思ったが、まだある。管のつまりか、キャブのつまりか?
なんとかだましだまし走るも、とうとうその第3コーナーの立ち上がりでボボボボ・ボ・ボ・・・とエンジンが止まりそうになった。
急な減速に、後ろのコンちゃん+GOKさんが追突しないように、手をあげアウトに寄せる。
ダメか?と思ったが、かろうじてエンジンが息を吹き返したので、なんとか復帰。
右コーナーでは問題なし。第3コーナーと同じ左ヘアピンのダンロップコーナーも大丈夫みたい。
同じアクセル全開コーナーなんだけど、第3コーナーの方がスピードが乗っているのでGも高く、スムーズにガスが流れないのだろうか。

それでも前3台がバトルしている間に、追いつくことができた。
よし!これからだ! ・・・と思った時・・・

また第3コーナーで、ボボボボボ・・・。 お~ぃ。。。(まじ泣)
カートを揺すりながら、ガスがエンジンに届くのを待って走る。

で、結局、4位。。。
応援に来て頂いた、マスター、tubakin&ノアールさん、なすび&貴族ぅ、さん、ありがとうございました。期待に応えられなくてごめんねー。

トップは、GOKさん、おめでとー☆
2位は、最後に、その1ご1え連合軍の猛追に耐えきれなかった、オーバイン選手。残念。
3位にコンちゃん、やったね。

んんんんーーー、第1戦は追突され圏外、第2戦はエンジントラブル。。。
なんか、、「日頃の行い」に問題あるかなぁーー???

いや!あなた達には聞いてない!言わなくていいから>女房&盆で帰っている娘たちよ。。

ま、これもレースだ。 切り替え、切り替えっ!
何か、ポジティブな気になる事はないか?

モンテはどうだ? と観戦に行ったら、鳥栖に完敗。。。orz

何か、ないか?

そうだ。 第1戦7位、第2戦4位ときてる・・・
最終第3戦はこのままいくと・・・・・・・なんとか3位には・・
え~ぃ! 1位と書けない自分が情けない(^^;)

とにかく、タイトラ・予選2位-2位という流れが鬼門なのはわかった。
決勝スタートを3位くらいで始められるよう、がんばろう!
え~ぃ! ポールポジションと書けない自分が情けない(^^;)

■ビギナークラスでは、伊藤君、UIA君が4/5位。
1~3位までは中学生と、やはり体重差はいかんともしがたく、残念!
でもよく健闘したと言えるでしょう。
やはりシートの合わなかったベルさんは7位。35番のカートだったらねー。。

■オープン1クラスでは、前回と逆に1位G藤君、2位OKAっちょさん。
ふたりの決着は最終戦にもつれこみました。これは面白い!(^^)

夜は、魅巣亭ではこのおふたりにオーバインさんも交え、大盛り上がり☆

今回は、マシンに恵まれず下位に沈んだ macky ちゃんでしたが、おいしいビールありがとさんでした!

レース詳細はいつもの通り、優勝のGOKさんとこでどぞ!

追記)
思いあたった。やっぱ、悪いことしてました>わたし
みんなが一所懸命”山車作り”してるのに、レース参戦しちゃったもんね。
ごめーん。
さらに明日から家族で新潟行くので、益々ごめーん。
あさって15日夜、練習までには帰ってきますー。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年8月11日 (土)

空耳じゃなかった!・・けど

ほらほら、ほらーっ!

夢とか空耳とか、幻聴とかじゃ、ないじゃん!!
今朝もありました。ヘリコプターの轟音!!!
AM6:00ごろ、、orz

普通、起きるだろー、この轟音。。
とりあえず、女房を起こし、私の無実(正解)を証明した。(^^;)謝ったの戻せよ

ま、空耳だったからといって、別に残念だったワケじゃない。
空中散布が無くなったのなら、それはそれで良いことじゃん!と思っていた。

というのは、いくら空中散布は人間には害が無いとか言われても、外には出ないようにとか、窓を閉めてとか言われて「はい、そうですか」と納得する人はいないだろう。農薬には変わりないんだし。

昔、娘達が小学生の頃・・だから10年くらい前なんか、通学時間少し前くらいまで散布してた。
ヘリコプターが去って30分も経たない中、通学するこの子たち、大丈夫なんだろうか?と心配したが、今はもっと早い時間に(今朝は4時30分くらいから始めたらしい)そして夏休みを利用して散布しているようだ。
ん? てことは、やってる方も危険性を認識してるってこと?

以前、花巻では、そもそも空中散布は飛散するという事でその効能に疑問をもち、また安全安心な米つくりを標榜し、必要な農家は自分の田畑に最低限必要な分だけ散布することにし、空中散布は止めたと聞いていた。

なーんだ、それなのになんで村山は空中散布やってんだろう?
農家の高齢化対策、省力化、コストダウンを計るには、私たち市民もある程度我慢しなきゃなんないのかなー?と妥協してたけど、その根底が覆されたのだ。

いろいろ調べてみると、全国でも今もって空中散布反対を唱えている所は多い。空中散布をしている市町村でも民家とか学校施設の近くでは実施しないとか規制もしているようだ。
え?だったら、民家(私の家)と中学校の間の狭い範囲でも実施しているのは何なんだろう??

■この空中散布は、果たして、農家の方々にも我々一般市民にとっても、本当に”安全安心”で優れた施策なのだろうか??
特に、幼子や子供達への影響は無いのか?

誰か教ーーえて!!

私の幻聴という老化問題なんかより、ず~っとず~っと重く深い問題のような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

背中はみられているもの

どうも毎日暑いからなのか、わからないが、悶々としたニュースが続く。

なんといっても今、一番の気がかりは、安倍内閣の溶け具合じゃなくて(もちろん気にならないことは無いけど)朝青龍の処遇と、同じマクラーレンチーム内のアロンソvsハミルトンの確執だ。

横綱とF1チャンピオン。
そのジャンルの頂点に立つ者が問題の矢面に立たされている。

どちらにも共通しているのは、親方やチームのトップがしっかりした態度、振る舞いをしていないことだ。

書いてて、すっごく身につまされるが・・・(汗) それはおいといて

今はアロンソのボスであるロン・デニス(マクラーレン)は、そのチーム内バトル以前に、ジャン・トッド(フェラーリ)との確執は根深く、今年になってそれがスパイ問題となって水面上へ出てしまった。真偽は別にして、そんな疑いがかかるような人に、チーム内とはいえふたりの中に入っての仲裁なんか無理かも。

昨日になってやっと話をしたというが、朝青龍がそれまで親方と話さえしようとしないのは、ロンデニス同様その人柄を「見透かされている」からかもしれない。
といっても朝潮いや高砂親方の人間性を知っているわけではない。
ただ、あのファッションだけみて「・・・んんー・・・ちょっと・・」と思っているに過ぎないんだけどね(^^;) 外見で判断しては、いかんけど、なんか毅然とした対応をしていないから、どうしてもそう思ってしまう。

朝青龍vs朝潮、アロンソvsハミルトンそしてロンデニスの確執をみて、親としてのあるべき姿を考えさせられるのだった。

余談1) アロンソvsハミルトンは未だ若いから握手をする可能性はあるが、ロンvsトッドについては、もうあの年齢では凝り固まっちゃってて、現役中の仲直りは無理かも(^^;)

余談2) やっぱ”今はそういう時代じゃない”とか”古っう~”とか言われて、若い人に迎合するだけじゃぁーならんと思う。言うべき事は言わなくちゃ。
「ちゃんと物事の順序は守ろうぜ」 >だるびっしゅ  でも、おめでと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

空耳

囃子の練習を始めて約2ヶ月半が過ぎた。
祭り本番まで、あと半月だ。

昨夜の練習後、後片付けと打ち合わせも終え、外に出た10時過ぎ・・
囃子の音が聞こえてきた・・・

私の”空耳”だった。
誰も、そんなの聞こえないよ、という。。。

”カネ”は囃子の真ん中で大太鼓や締太鼓そして笛の音を聞きながら叩いているので、それも今年でもう13年にもなるしで、演奏を終えても、耳に囃子が”こびりついて離れない”ようだ。

「ま、この時期、しょうがないよなー」と、みんなと笑って、その時は済ませた。

.

今朝のことだ。

バリバリバリバリ・・・・!!

私を起こしたのは、”空中散布”のヘリコプターの音だった。

「・・・・ったく~、、、何時だよー? まだ5時半じゃねーか・・」

と目覚ましを確認し、タオルケットで耳を塞ぎ、また寝入る。

私の家は田んぼに近いので、思いっきり真上を南から北へ、ヘリコプターが通過する時もある。

「んん??」
でも今年は、いつまで経っても南側からしか聞こえず、北側へは行かない。
音も、いつもより低い感じ。。もしかして今年は「ラジコンか?」

窓を開けて見てみよう、と思うより、もっと寝たい!のが優先した。

そしたら、夢の中までヘリコプターは飛んできた。
案の定、ラジコンの無人ヘリコプターだった。
それをなぜか追いかける私。

すっごくリアルなのは、夢の中と現実の音がクロスオーバーしているからだろう。

そしていつもの6時半過ぎに起床。

すでにヘリコプターは去っていた。

うるさかったよなー、隣のベッドの家内に”おはよう”がわりに言った。 が、、

「え? なーに??」

何?って、あんなにうるさかったのに、え?ぐっすり眠ってたわけ!?

「うん」

うん・・って、あーたww

そのまま、心はwwのまま、出社。

そして驚くべき事実が発覚した。
近くに住む、兄たちも「知らない」という。。
ネットで調べても、それらしき空中散布の情報は無し。。。

でえ゛え゛え゛え゛え゛え゛ーーー!?!?!?

あれも、私の「空耳」!?

でも、ホントすっごい爆音で、うるさくて、、、飛び起きて、、、眠れなくて・・

え? 朝5時半頃起こされて目覚ましを見たのも、夢???

南側でしか音がしなかったのは、私が”ラジコンヘリは小さいから農薬散布量も少なく、何度も旋回しなければならない”と夢の中で決めつけていたから???

・・・・・・・・・・・・・orz

私、、やばいです。 とうとう、きたかも。。。はぁぁぁ。。。

とりあえず”よく平気で寝ていられたよなー”と笑った女房よ、す・すまん。。

でもほんとすごかったんよ・・< って、まだいうか!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

賢者のいる国いない国

”原爆投下は戦争を早く終わらせるためには、必要な手段だった。結果的に、少ない犠牲者の数で戦争を終わらせることができた” と、米の学校では子供達にすり込んでいるという話は昔からあった。
それを聞く度に強い憤りを覚え、米国人のほとんどがそう思っているのかと残念でならなかった。
が、昨日のTVで、やむを得なかったが6割に対し、反対が38%と、思っていた以上に反対の声が米国内にあるのを知り、わずかばかり溜飲を下げた。

話は変わって朝青龍だ。
私としては「相撲は国技じゃない」というから、そう深く考えてなくて、ただ強ければ良いのなら、相撲じゃなくてプロレスとか格闘技に行った方が、朝青龍のためなんじゃないの?くらいに思ってた。
「相撲道」という、相撲を通じて心技体を鍛えるのが”道”なのだから、禁じ手もあるし、とりわけ伝統ある”しきたり”は重要なものだろう。
しかし、モンゴル国内ではそのあたりが理解されず、朝青龍への罰則は、外国人に記録を作らせたくない日本人の陰謀だという説まで飛び出しているらしい。

これもまた、モンゴル国内の人はみんなそう思っているのだろうか?と残念に思っていたが、今朝、朝青龍のお母さんの話が出て、その思いは吹き飛んだ。
以前放映された”グレートマザー物語”だったろうか?出社前の慌ただしさの中で聞いたので、きちんと覚えていないが、”その道の礼儀作法やしきたりをしっかり守って強くなりなさい”みたいに諭していた。

素晴らしい!

謹慎でモンゴルに帰れず、精神衰弱するっていうのなら、大関だった自分を超えてしまいものを言えない師匠より、このお母さんをモンゴルから呼んできて、朝青龍を叱ってくれたらいいのに!!

やはりどの国にも、事の本質を見極められる賢者はいるのだ、と思った。

・・・のだが、それがわからないのが北朝鮮。
国内の賢者はもういないのだろうか?

中国はどうだ。
先日、中国で開催されたサッカー国際試合U-22日本VS中国戦では、あろうことか審判が中国人、あからさまに中国の反則はスルーし続けた。
あれをみて中国国内から恥じ入る声が出ないようなら、オリンピックの真の成功はありえないだろう。

ま、8割の国民がそっぽを向いているのに、国民の声を聞いて責任を果たすため政権運営に全力を挙げる・・・と、あいかわらず国民の声を聞かない国もあるけど ww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

週末ぼろぼろ 4/4 F1編

てな訳で、ここまで暑い中、けっこうなスケジュールだったもんで、身体が「休め~」と言うもんだから、夜の花笠見物とお店でのF1ライブ観戦は断念した。すんません。

しかしなんだなー。私のこの週末もぼろぼろになったが、F1はそれ以上にぼろぼろになっちゃったなー。

マクラーレンの予選ペナルティ(アロンソの5番手降格)って、他のチームには何の影響も無いんだから、そこまでする必要はあんのかな!?
マクラーレンの行為がスポーツマンシップに背いてるっていったって、そもそもチームやマシンには格差が歴然としてあり、スポーツというより、F1サーカスっていうくらい”興行”的意味合いが濃いのは、是非論は別にして仕方のないこと。

例のスパイ疑惑問題といい、ここにきてどうも、”それ以上の”F1裏政治の力学が働いていると勘ぐってしまう。

もひとつ影を落としているのは、前回、ニュルブルクリンクのレース後でのアロンソとマッサのなじり合い。
せめて、ラグビーのように試合が終わったら「ノーサイド」という意識をドライバーには持って欲しい。特に今回にしてもアロンソは世界チャンピオンとしての態度にはほど遠いものだった。

アロンソもマッサも、26歳。そして関係ないけど朝青龍も27歳。
頂点に立っているとはいえ、みんな若い、わかい。

教育もしっかりやれよ>ジャン・トッド、ロン・デニス、そして朝潮!!

と、ポールの2点を失った悔しさの矛先はそっちに向けるのであった(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末ぼろぼろ 3/4 モンテTG編

HRから帰ってちょっと休み、今週、公式試合のないモンテのTG練習試合を観に行く。
仙台大とのTGだったが、接触プレーがある度に、「大丈夫か!?これ以上ケガすんなっ!!」と、ハラハラしどうしだった。でも、身体をぶつけ合わない限り、練習試合の意味もないし・・・。

試合始まってしばらく経った時だった。
「おっ!」という声と同時にみんなが試合そっちのけで横を向いた。
「豊田だ!!」
豊田が病院から帰ってきた。 練習試合を見に来たファンの前を、芝の感触を確かめるように軽くジョギングで流す。その豊田の走りにあわせ、「豊田ぁ~」の歓声と拍手がウェーブとなって流れていった。
私も、はにかみながら軽く会釈をして走る姿をみて、胸が熱くなるのを感じながら拍手を送った。

さて、グスタヴォを見るのは、羽黒高とのTG以来、2度目。
んんーー、、未だ「未知数」
外国人助人には、日本人選手にはないフッキやロペスのような強いフィジカルを期待したいのだが・・・

みんなキャンプあけと猛暑で、特に前半は今イチ動きが鈍かったかな。

私もピーカン照りに、日傘はさしてたものの、どろどろと溶けそうになった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末ぼろぼろ 2/4 カート編

翌、日曜午前、頭ガンガンするも、今日しか練習できないし・・・という訳で、久しぶりにハイランドでカート走行。耐久以来、1ヶ月ぶり。
やはり、最初に乗ったEXで、グズグズになる。
もうね、振動と横G、そして暑さで、お腹の中のビールと生酒が”熱燗シャッフル”されてるって感じ。
こりゃ、ヘルメットの中で○したらシャレにならないとPK-50にしてもらった。

でもなー、路面温度が高くグリップの良い中でも、34秒切れなかったり、ぴょこっと33秒半ばになったり、でもどう走ったのかとか思い出せず、ラインが定まらないまま終了・・。

来週のレースが思いやられるww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

週末ぼろぼろ 1/4 土曜編

■土曜は出勤&会社の生ビールパーティ。

台風の影響もあり、暑さもほどよく、ビールが、んまい。
つい、グビグビいってしまう。
この一週間のジョギングを思うと、一瞬、箸は止まるものの、”あんどう”の肉は、これまた、んまい!
結局、箸が止まったのは最初の一瞬だけ。で、もうパクパク・・・パクパク・・・・・・

この一週間の脂肪燃焼についてなど、頭からきれいにさっぱり無くなっていた。

意味ないぢゃ~ん♪

■迎えに来てもらって、徳内囃子の練習に。
この土曜は様々な行事があって、特にお父さんの囃子手の人数が足りなく、カネは一度も練習したことのない中学生クンが急遽やっている状況だった。
会場に向かう時に聞こえてくる囃子は、、、やっぱ大変だったねー(^^;)

いい経験になった、と考えよう。

■で、練習終わったら、誘い誘われ、居酒屋の暖簾をくぐる。
「ちょっとだけ飲むか?」と言って、「ちょっと」で終わった例しがないのは世の習い。。
さらに「飲み直し」だった事も忘れ、どんだけ飲んだか、わからなくなり・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

私、間違ってたかも

万歳三唱なら「ご唱和下さい」でいいけど、三本締めとかお手を拝借するのに「ご唱和下さい」は、おかしいかな?

手締めとか手拍子とかは、唱わないんだから、やっぱ「唱和」はおかしい?

んんんーーー???

実は今日、徳内ばやし特番のためのTV収録があった。
各団体のPRタイムで持ち時間は「15秒」
あんまりいっぱいしゃべっても・・・・・と思い、燦燦會オリジナル囃子である「燦燦七拍子」の勢いにまかせ、簡単にしゃべって収録を終えた。

で、どうも引っかかったのが、冒頭の言葉。

手拍子しながら一緒に楽しみましょうって伝える時に、「ご唱和ください」というのは、言ってても妙だったが、聞いていた家内も変だと言う。

でも、他になんか言い方あります??

収録時間も迫ってきたので「手拍子で唱うのよ」と思いっきり自己解釈させてもらって、そのまま言っちゃった。

ま、25日土曜の午後1時って・・・誰も見ないよねー(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

私、間違ってました

そうだろう! とか、 今頃!? とか言った、あなたっ!

たぶん、それ違うし・・・。。

何に気づいたかというと、「走り方」についてだ。

実は最近、ジョギングをさぼっていた。
暑かったこともあるけど、一番の理由は「足の親指の付け根が痛かった」のだ。

え!? 痛風?とか、糖尿?と思うかもしれないけど、それはゼッタイない。
そんな贅沢な食生活はしてない(できない)し、どっちかというと、野菜好きだし、そっちじゃない。血液検査も良好だった。

で、わかったのは「ジョギングはカカトから着地して走る」ということ。

「んなの当たり前ジャン!何、言ってんの!?」とか、思うべ?

それ、私と同じだから。 私も、普通そうだろ、と思っていた。

んがしかし、実際、走ってみたら、私は短距離走みたいに前傾して、つま先で蹴って走っていたのだ。

これじゃー、足の指の付け根が痛くなるのも無理はない。
しかも冬場は、工場内の固いコンクリートの床だった。

もう一度、ジョギングについて調べ直したら、ダメなコトがいっぱい出てきた。

心拍数は、早く効果を上げたかったから、ちょっとがんばって150~170くらいをメドとし、170超えそうになったら緩めたりウォーキングに切り替え、150より落ちそうになったらまた走り出していたが、これじゃあ肝心の脂肪燃焼はせず、乳酸を生成するために走っていたようなものだということがわかった。

目的が、そんな走力アップのためじゃなく、”ダイエット”なんだから、思わず
「意味無いじゃ~ん♪♪」と、左右に2回くらい両手揃えてあげていた。

脂肪燃焼に適している心拍数は、120~130なんだと・・・。
てことは、けっこうゆっくり目。話をできるくらいの速さ、早足ウォーキングよりちょっと速めのジョギングって感じ。この”ゆっくり目”が脂肪をじっくり燃焼させるということらしい。なるほど、それなら続けられるかも・・・。
長距離は苦手で短距離の方が得意だったもんで、つい速く走ろうとしちゃうけど、ま、ランニングじゃなくてジョギングと割り切って、ゆっくり走ってみよう。

それから、水分補給も重要とのことで、さっそくVAAMダイエットスペシャルってのをゲット。汗の出方が違う。
スポーツ施設でしか販売してないっていうけど、普通に売られていたどww

で、暑さと日焼けを避けて、陽も陰った6時過ぎ、あまり前傾をとらず、カカトからついて走ってみる。 ヒザへの負担も緩和される感じでいい。

なんと言っても一番楽しくなるのは、20分過ぎだ。

よしよし、これから脂肪が燃焼し始める訳だ、と思うと、疲れた足取りも軽く・・・は、ならないが、気持ちだけは、別の意味でランナーズハイになる(^^;)

そして、帰ってシャワー浴びて体重計にのる。

・・・・・変わらない・・・いや、増えてる。。
わかってます、最初は筋肉になる事、効果が現れるのは3ヶ月先であることを。

3ヶ月先・・・
カートレース終わるよなー、と遠い目をしながら、ビールを飲む私だった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »