« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月30日 (月)

んんーーーっ、まんごっ♪

これまでほとんど、くじ運には見放され続けていた長女。
生き方も不器用で、真面目なトコは一所懸命真面目なんだけど、どっか回線が切れてるトコがあって、よくボケをかます面白いやつだ。そんな両親の悪いトコ悪いトコが時々顔を出すと不憫に思っていたが(^^;)そんな彼女にも転機が来たのか・・。

某商店のクジで、一等の完熟マンゴーが当たったとのこと。
マンゴープリンにして持って帰ってきた。

前日、ちょうどTVで、宮崎のマンゴー「太陽の卵」が、ン万円もするってやってたんで、え゛っ!?そんなに高いの?だったら、食べる機会は一生無いかも・・とか思ったばかりだった。

あ、甘っ!!

宮崎の「太陽の卵」に負けない、沖縄の完熟マンゴー。

いやいや、んまかった。

もしかしてマンゴーって産まれて初めて食べたかも?
長生きはするもんだな・・・。

あっという間にペロッと食べちゃったので、写真撮るの忘れた日曜の夜。。。

■ 週末備忘録 ■

○モンテVS愛媛
 課題の追加点はまたもできなかったが、上位から下位までほとんど力の差は無いJ2だから、1-0でも勝ちきったことで、ま、それはそれで善しとしよ。

●アジア杯3位決定戦 日本代表VS韓国
 韓国が1人少なくなった時点で、勝っても”1人少なくなったから”みたいに言われたろうし、ま、優勝無くなった時点で、それほどいつものように対韓国戦という気合いは入らなかった。
 3位にならないと次回シードが無くなるっていうけど、多く試合を観られるから、ま、それはそれで別にいいかな、と。

□参議院選

 山形は、前回でさえ民主と社民合わせたら自民票を上回っていたので、今回一本化された事で、逆風に関係なく勝負はみえていた。だから誰も自民候補に名乗りを上げなかったのだが、上げさせられた?女性候補がなんだか可哀想なくらいだった。

 しかし社民の埋没・・・私は「きっこ」が逆目(裏目)になったと思うな。
 連日、あまりにもあまりなエントリーだったもの・・・。
 ま、それはそれでいいっか。

 加えて共産も。
 これまでの選挙に行っておらず立候補する資格さえないような人と、最後は「自分のことだけしか考えない」と言っちゃって票を落とした二人の自民候補に対抗できたはずの東京で、その批判票を川田選手に奪われてしまった。
 ま、それはそれで悪くなかったけどね。

 でも一番の問題は・・・
 安倍首相の居座りでもなく、んぢゃ、誰が首相に相応しいの?ってこと。
民主台頭とはいえ、小沢さんを首相にと望む声がそうさせたのではないと思う。
管氏の話はつまんないし暗くてヤだし、自民も民主も誰も「この人こそ!」って人がいない。。。

 ま、それはそれで・・・  よくないっ!

 ついに女性首相の誕生か?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

レーダー探知機導入

いや、スピード違反で捕まったのではない。
昔、レーシングカー作ってて、今、カートを再開しているからといって、決してスピード狂ではない。かえってその限界を知ってるから、普段の運転はどんなに安全運転か・・。 直線だけはね。
その証拠に免許は「ゴールド」だもんね。

えっと、、免許取って33年? スピード違反で捕まったのは、2回だけ!

それも20数年前と10数年前のこと。
その2回だって、ちゃんと言い訳はある。
特に2回目のなんか、盛岡の高速で、そんな速度は出してないんだけど、前の遅いトラックを追い越そうとして、追い越し車線に行ったら、後ろから速い車がグングン近づいてきた。だから「んじゃ前車を早いトコと抜いて譲ってあげるよ」と、スピードを上げた途端に、ファンファンファンって・・・おい!!
それって、誘導尋問ならぬ速度違反誘導じゃねの!?ファンファン鳴らす前のあんたのスピードの方がどんだけオーバーしてんだよ!と、抗議したかったんだけど、ここは素直に首をかしげるくらいに留め、超過速度を減らしてもらう作戦に切り替えた。

と、こんな感じの2回。 すごくない?
しかも、ここんとこ10年以上違反無しだよ。
だから、その20数年前にキップ切られた直後に買ったレーダー探知機も、いつしか使わなくなっていた。

でも、最近、新潟とか秋田とか、車での移動が増えてきたので、その20数年前のレーダー探知機を引っ張り出して使い始めていた。

引っかかってからじゃ遅い、備えあれば憂い無し、大人だねー、おれ(^^;)

で、走ってた訳だが、鳴らない。
ま、田舎だし・・・。そうそう頻繁にオービスや取り締まりはやってないし・・・。
もちろん制限速度+計測誤差程度のスピードで走っていた訳だが、でも、あまりにも鳴らないことに不安になる。
山形方面から村山市に入る直前にあるオービス、これさえ鳴らないのだ。
あれ?と思って、音量最大にしたり、確認ボタンを押してもアラームが鳴らない。

あちゃー、壊れてんじゃん! ていうか、寿命もいいとこ。

ってことは、あの新潟の帰りとか・・・、秋田の帰りとかは・・・
あ? な、なんだこの身震いは・・・。 い、いや、制限速度+計測誤差程度のスピードだから、だ・だ・大丈夫なんだけど・・・

ぞーーーーーーっ。。

備えたけど、憂いバリバリぢゃん!!!

.

Redar1 てな訳で、今回買ったのがこれ。 S200mi
20年の進歩は目を見張るばかりだった。

GPS搭載で、どこにどんな種類の取り締まりをしているのか、ホントのレーダーみたいに表示してくれる。なんとカラーの有機ELだ。情報も、携帯電話でいつでも更新OK。ちょっと高いからたぶんしないだろうけど。
救急車情報や警察無線?などいろんな情報も教えてくれて約2万円。えらい!

いつものように、売れ筋だとかコストパフォーマンスをリサーチし、この機種が良さそうだと決めたら、オークション価格も睨みながら、楽天で”ポチッとな”。

昨日の夕方、”ポチッとな”したのに、今朝、もう届く。
いやはや、近くのカーショップに行く手間よりも、すっげー楽ちん。

確認したら、しっかりオービスも感知。(当たり前だけど ^^;)
それだけじゃない、ここは「制限速度何キロ」と教えてもくれる賢さ。
さらに、前のはうるさかった自動ドアには反応しない。

Leder2 ホントはダッシュボード右のフロントピラー近くの目立たない所にセットしようと思ったんだけど、フロントガラスに本体が反射するのが気になり、ちょうど反射がバックミラーの陰になり気にならなくなるこの場所に決定。

調べてわかったんだけど、フロントガラスに貼るヤツは、道交法の改正でダメ(になる?)なんだってね。

ん? だとしたら、このバックミラーとか、その横についてるカーナビ用GPS&ETCセンサーはいいの?? ま、最初からそうなんだから、いいんだろけどね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

1勝1敗

昨夜も徳内ばやしの練習があったので、徳島戦は録画。

後片付けや打ち合わせを終えて帰宅し、シャワー浴びたらちょうど日本VSサウジ戦準決勝の時間。てか、それに合わせて切り上げたんだけどね(^^;)

いやしかし、ま、なんだね。相当な暑さなんだろね、現地は。
そこに試合はもちろん何日も滞在してたら、積み重なった疲労は抜けないかも。
まして、オーストラリアに勝ったこと、サウジより中1日休みが多く、移動も無かったことなど、総じて優位だったことが、気持ち的に裏目に出てしまったような気がする。

昨日のエントリー通り、このJ2世界選抜と練習してたら、絶対勝てたな(笑)

フッキ・パウ・ロペスのトライアングルは、サウジよりぜんぜん脅威だ。
この個人技に対応できればどこの国と戦っても大丈夫だ。
てか、ペナルティエリア近辺でもなかなかシュートを打たないシーンに、「ここにフッキがいたら・・・」と思ったJ2ファンは私だけじゃないだろう。

■さて、12時もとうに過ぎたが、いよいよモンテVS徳島戦を観戦。
ここまで情報を入れずに我慢してた。
今日も1点。
しかし、0点に抑えたから勝利。
でも目をつぶった危ない場面も何度かあったが、日本人FWの決定力の無さに救われた感じ。
今のモンテが勝つパターンってのは、こうなんだろうなー。 ちょっと寂しい気もするが、でもこれを続けて波に乗れば、自ずと追加点も生まれてくるだろう。

それにしても外国人選手の個人技とフィジカル、そして決定力。 それに対抗するのは、J2-J1-日本代表とすべての日本チーム共通の課題だ。

■日本代表負けちゃったけど、ま、韓国と3位決定戦というのは、ある意味決勝よりも楽しいかもしれない。と、切り替えよっと。

あ! でもそれって土曜日!?
またモンテVS愛媛とのダブルヘッダーだ(泣)
いや、囃子の練習日でもあるから、またまたトリプル・・(号泣)

水曜日、土曜日は、家庭内別居状態だなー。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

J2世界選抜があれば

野球のオールスターは日米とも終了したが、サッカーはこれから。
でも、あんま興味はそそられない。
昔あった「J2オールスター」もあればいいのに・・・。
もっと面白いと思うのは、「J2日本選抜VS世界選抜J2」だ。

J2にいる外国人選手で構成してみる。
ただしGKはいないので、申し訳ないがチカにお願いしてみた。
てか、そのくらいハンディがないと、もしかして日本代表でも危ういかもしれない。

で、J2世界選抜いってみよー。
3点入れられたら6点返す、3-5-2の布陣だ。

GK チカ(草津)ごめん、いないんだもん

DF ブルーノクアドロス(札幌)
DF レオナルド(山形)
DF ジャーン(湘南)

MF アレックス(福岡)
MF ジョニウソン(仙台)
MF ロペス(仙台)
MF ディエゴ(東京V)
MF アジエル(湘南)

FW フッキ(東京V)
FW パウリーニョ(京都)

おおぉぉーー、なんかすげー。書いてて身震いする。
フッキ・パウリーニュの2トップ! みたい!!
これにロペスとディエゴがからんだ攻撃・・・恐ろしいー!!

他にも、、

DF ゼカルロス(C大阪)
MF ゼルイス(東京V)
FW ダヴィ(札幌)
・・・

と、まだまだ書ききれない強者が大勢いるJ2。

オールスター戦よりはもちろん、キリンカップとか、遠くからチームを呼んでくるんだったら、絶対こっちの方が強いと思うんだけどな。
彼らの能力だったら、練習なんて2~3日もあればフィットしちゃうだろう。

日本代表なら、個人技に対応するためのW杯対策にもなる。

ホントにやってくれないかなーー・・・。

と、モンテVS徳島戦、日本VSサウジ戦を前に、なんだか高ぶってる私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

酒と車と

魅巣亭でグラスを傾けながらF1を観る。
それが至福の時間となって数年になる。

特にTVのよく見えるカウンターの隅が私にとっては居心地の良い席だ。
遠視+乱視・・・えーぃ老眼って言わんかぃ!になった事もあるが、壁に並んだマスターこだわりのモルト達に囲まれていると、ひと味違った味わいを楽しめるのだ。
適度に落とされた照明で静かにウイスキーとの会話を楽しめる店でもあるが、F1のある日曜夜になるとF1をライブで観戦できる”日本で唯一”のバーとなる。

日曜は、とうとう念願の「竹鶴35年」をいただくことができた。
実は4月の封切りの時、みなさんといただく予定だったのだが、急に伯父が亡くなり出席できなくなったのだった。
代わりに出た娘からのメールが、たった一言・・・

「うめぇ~」          ・・・男か。

・・・地団駄踏んだのは言うまでもない。
1000本限定で、ン万円もするのに6時間くらいで売り切れた逸品だから、もうあきらめていたのだが、そんな私を見かねて?マスターがなんともう1本ゲットしてくれていた。 すごい。 ありがとうございますー。

Taketsuru で、出ました、35年。
グラスも、薩摩切子の銘品を出していただいた。
適度な重さが手の中にしっとりと落ち着く。
でも、あー、残念、カメラが携帯の画素数の低いヤツなので、薩摩切子の特徴である「ぼかし」がうまく写りませんね。

さて、いよいよ35年の時を経て開封。
「うぁっ」 思わず声をあげてしまった。
開けた瞬間、拡がったなんとも言えない芳醇な香り。
さぞや余市で”分け前に預かった天使たち”は喜んでいたことだろう。

これだけ濃厚な味わいなのに口当たりがまろやかといえるほどに滑らかなのは、スコッチには無い味わいに思う。
自己を前面に押し出し、時には相手を選ぶ欧米人に対し、誰でもやさしく受入れるも、しっかりと自己主張も忘れない奥ゆかしい日本人、みたいな・・つまりこれが日本人竹鶴政孝の思い描いたウイスキーなのか、と翁に思いをはせた。

TVでは、近代技術の粋を集めたF1マシンがニュルブルクリンクを走り回っている。 その後ろでレースを見下ろすかのようにたたずむ「ニュル城」の風景に、息をのむ。
一見不釣り合いなレーシングカーと城が、こうもうまくとけ込み融合しているのは、ともにヨーロッパで生まれ、長い年月、伝統を築き上げてきた同士だからだろうか。

「楽しみはできるだけ長く」が竹鶴翁の最も大切なこだわりであったという。

そんな翁に敬意を込めて「時間をかけてゆっくりと」F1もウイスキーも楽しんでいきたいと思う。

■今夜、ココログがメンテナンス入ります。

◇メンテナンス日時

 2007年7月24日(火)21:00~7月25日(水)15:00の約18時間

この間、閲覧はできるけど、コメント及びトラックバックはできないみたいです。
こっちは、時間をかけないで、あせってやってほしいねww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

週末、サッカーとF1と

学期末を迎えたこの週末、PTAや学年事業が目白押しらしく、徳内ばやし囃手のお父さんたちは練習に来られない人が多い。 Kちゃんも学年事業のお泊まり会ということで、”カネ”はPTAに関係無くなった私ひとりに・・・。
てな訳で、サッカーJ2みちのくダービーは泣く泣く断念するしかなかった。。。

囃子の練習を終えたら終えたで、これがまた大変。
そのみちのくダービー仙台戦のスカパー録画はもちろんだが、F1ヨーロッパGPの予選もあるし、サッカーアジア杯オーストラリアとのリベンジ戦もあるし、、、何から観ようか困ったのだが、目に飛び込んできたのはハミルトンのクラッシュシーンだった!

ま、足もバタバタしているし、クビサのクラッシュよりは大丈夫そうだからと、中断を利用してアジア杯にチャンネルを変えると、未だ試合をしているではないか。
そう、延長に入っていたのだ。これも録画で観ようと思っていたが、やはりライブにかぎるので、そっちにした。PK戦に入る前に決着をつけたいところだったが、どちらもすでに消耗しきっていたようだ。

PK戦前の合間に、F1予選に戻る。ああ忙しい(^^;)
アロンソの痛恨のミスもあり、先ずは、ライコネンのポールで2ポイントゲット。
■よっしゃ!と右手でガッツポーズをしながら左手でチャンネルを変える。

で、川口のスーパーセーブだ。
■また右手グー!でガッツ!!
中澤のPKで決まったことが、何よりも鬱憤を晴らすものになった。
もちろん、しっかりPK戦のためのデータ収集など怠っていなかったコーチ陣も含めた勝利でもある。
そのスキルは、間違いなく”安倍政権”よりも上だね。

そしてようやく、山形-仙台戦を観る。
財前のガッツとテクニックが先取点を産む!
■今日、3度目の右手でガッツ!!

しかし、課題の2点目をまたもや入れられず、終盤失点し、勝ちきれずドロー。
横浜FCとか、あれよあれよといつの間にかJ1へ行ったチームとの違いがここにあるのは、みんなわかっているのにね。。。

2点目が遠いぃーー。

それは翌日観に行った、羽黒高とのトレーニングマッチでも同じだった。

サテライトの勝敗は関係ないトレーニングゲームではあるものの、ここで今のモンテに必要な”早い時間帯での追加点”と”勝ち切ること”が欲しいところだったのに、もう、はずしまくって、ようやく2点目が入ったのは後半10分過ぎだった。そして終盤追いつかれてドロー。
おーーぃ・・・。。終わった後の監督の遠い目が印象的だった。

夜は、久々、お店でF1本戦観戦。
面白くしたり、残念がらせたり、スパシャワーならぬ”ニュルシャワー”(というよりスタート直後の雨は滝のようだったけど)に翻弄されたヨーロッパGP(ドイツ)で、私のポイントも結局ポールの2点だけに留まったが、ま、それもレース。
なんで吊されたハミルトンはもう一度走れたの?とか、2時間枠は?とか、いっぱい???はあったけど、最初から最後まで面白いレースだった。
なーんて余裕こいていられるのも、娘が結婚式出席?かなんかで投票し損なってたからだ。(^^;)

結局、この週末は、3度のガッツポーズに、3度のカックン。。

いやいや、最後に”んまい酒”をいただいたから、勝ったな。
その酒についてはまた、”とぅびーこんてにゅー”ってことで・・・。

・・・あ、しかし、、、
金曜泊まりもあったし、土曜は囃子の練習行って、帰っても夜遅くまで寝室の(スカパー用)TVに釘付けだったし、日曜もお互い出てたし、女房との会話があんま無かったような。。。 やばくなくなくなくない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

プリップリ象潟

沸騰寸前のみちのくダービーを前にしてなんだが・・・

仕事で象潟へ。
仕事仲間の社長さんが、この時期に約5億の投資。すごい。えらい。
さすがに最新鋭の最先端機種ぞろい。加工速度も早く、工場内もきれいだ。
生産管理もバーコードを利用し、きっちりなされている。
あとは仕事がバンバン入ればOKだ。。。

面白かったことが2つ。

先ず、資金は行政の補助金を大いに利用していること。
ちなみにウチはほとんど利用していない。
案の定、毎年5人は増員しなければならないようだ。
行政としては中小企業支援はもちろん雇用増進を目的に補助金を制定している訳だが、実際、企業側で機械化・自動化を進める目的は、ホントの所はコスト削減のための省人化にある。
国内ばかりじゃなく対中国などを想定したコスト削減のための省人化。
なのに逆に人を増やさねばならない・・・。
痛し痒しな、ああ矛盾。 聞かなかったけど、ま、そこんとこは、新規事業開拓とか、うまくやっていくのだろう。

人間の小さな私だったら、夜、眠れないかも・・・。

もひとつ。
二次会は、本庄市まで行くことになったんだけど、タクシーじゃなく代行車で行くという。 んんん? 代行車で行って、また代行車で帰ってくる?
この方が安上がりなのだそうだ。
へぇーーーー。思いつかなかった。 山形でもそうなのかな?
この辺が、さすが。やっぱ、違うね、しゃっちょうさん!!
ご馳走様でした。

で、凄かったのが、牡蠣。 でかい! そして、ぷりっぷり!
今まで食べた中で一番大きかったのは、サンフランシスコで食べたヤツだったけど、超えました。
で、味もさすが鳥海山の山の恵みをたっぷり含んだ象潟の牡蠣。
でっかくても決して大味でなく、うまみがたっぷり。
この時期のここの牡蠣、前からずっと食べたかったんだけど、ようやく実現。

ごめんねー、画像無くて。
なんか宴席の中で撮るのって、できないんだなー私(^^;)

もひとつ楽しみにしていたのが、日本一の夕日。
たぶん日本海沿岸すべての市町村がそう言うんだろうな。
ジュジューと音が聞こえそうな海に沈む夕日をみたかったが、残念ながら雨。
お楽しみは次回に持ち越しだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

ありがとうアポロ

中学生だった。
とぼとぼと職員室へ向かう廊下を歩いていた。

職員室手前の「宿直室」まで来た時、その先生は飛び出してきた。
「あ!○○(私の名)、見て見ろ、月だ!」

1969年の今日、7月20日、アポロ11号が月面着陸をしたのだった。
画面は白黒だったと思うけど、淡い紅色に染まる廊下と校舎の記憶があるから、夕方だったと思う。私はたまたまそこを歩いていたから、感動的な人類初の月面着陸の模様をライブで観ることができたのだ。

ラッキー、らっきー、もひとつおまけに超ラッキー♪

後になって、ホントに月だったの!?みたいな、今流行の捏造問題も出てきたが、ま、私は別にどっちだって構わない。

なんたって、先生が私を怒るのを忘れさせてくれたのだから。

そう、何でだったか忘れたけど、とにかく何かやって職員室へ怒られに向かった38年前の今日。。。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

中越沖地震とジュークの夏

日曜夜行われた町内生ビールパーティの後片付けを終え、軽い二日酔いにウトウトしていた昨日の午前10時過ぎ。
くらくらっ・・
え~、そんな飲んだかな~?、軽くなくやばいなー、めまいまでしてきたぞ、と思いきや、しばらく続くので「地震じゃね?」と気づいた。

NHKに変えると、すぐに番組の途中から緊急報道に切り替わった。

あっ、えっ? また、新潟!?

柏崎は、次女の住む新潟市内からは離れているので、大丈夫だろうとは思いながらも電話するが、つながらない。
こんな緊急な時に、回線もパンクするだろうと、何度もかけたい気持ちを抑えながらTVの続報に見入る。

こっちで感じたけっこうな揺れでさえ震度3、ってことは、震度5とか6なんてどうなんだろ?
ましてひとり暮らしで、心細くないか、一応、本棚には耐震用のつっかえ棒を天井まで伸ばして来たが倒れなかっただろうか・・・と、連絡のつかない空白の時間は、益々不安をつのらせる。

ほどなくして、電話がなる。

すぐ跳ね起きて受話器を取った。

娘だ!

「はいはーい、○○だよー」

・・ &#☭〄;$※♂☞? (自分でも何を言ったかわかんない)

「今、水族館だよー♪」

・・・・・。。。

なんでも友達と遊びに行ってたようで、イルカショーの所に非難誘導され、地震の影響のない事が確認された後、そのままアトラクションを見ることができたとか。

さっきまでの”心配”を返せ!! んにゃろー。

夜になってアパートに帰ったが、心配された棚とか食器類も含め部屋はなんともなかったらしい。

てな訳で、心配してメールなどをいただいたみなさん、ありがとうございます。
娘はまったく無事です。

そんな彼女は今日が19の誕生日。

亡くなられた方々もいらっしゃる今回の震災で、ましてこれから続く余震を思うと、彼女も誕生日を祝う気分にはならないだろうけど、娘を心配していただいたお気持ちが何よりのプレゼントになりました。私からも感謝致しますです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

健康のありがたさ

毎日毎日・・忙しい日々に追いまくられていると、つい、入院もいいかな、みたいに思ってしまうことがあった。
3食昼寝付き、しかも寒い冬でも薄手の入院着だけでOK。
じっくり読書もできるし。。

もう、おととしの事だ。

しかし、いざ入院してみると、1分でも1秒でも早く”下界に出たい””シャバの空気を吸いたい”みたいな、とにかく早く家に帰って普通の暮らしをしたいと思うことになる。

ありふれた日常がどれほど幸せなものか入院しなければなかなかわからない。

7月1日の試合で負傷したJ2モンテFW豊田陽平選手。
翌2日に手術を行い、現在は術後入院治療を受けている。

診断名:外傷性腸管損傷(がいしょうせいちょうかんそんしょう)
全治:2~3ヶ月

聞いただけで、下腹のところが痛くなってくる。

チームメイトGK雄太選手のブログから、、、

”手術後は大変だったそうです。寝返りも打てず、辛い日が続いたけど、最近になってやっと電話も出来るようになったし、と本人は言っていました。”

これはもう、当の本人でないとわからない痛み、たぶん私たちの想像する24倍くらいの痛みじゃないかと思う。なにが24倍なんだかわかんないが。

そうそう、術後は麻酔が効いてるから思ったほど痛くないんだけど、問題は麻酔が切れた後なんだ。

私の場合は、ぜんぜん簡単な切除だったのだが、それでも術後1~2日は、ご飯も食べられないほど痛くて苦しんだ。

それが収まったらなんてことないんだけど、その傷みの最中なんか、もうこのまま治らずずっと続くんじゃないのか? もうオレ、ダメなんじゃないか?
そして、健康な人が何億といる中で、なんで俺”だけ”が・・みたいに、悪い方、悪い方・・へと思考は落ち込んでいったものだった。

トヨグバはもうそれを乗り越えて、安定志向期に入っているようだ。
得点不足に苦しみあえぐモンテの現況、待ったなしの北京オリンピックと、彼としては1分でも1秒でも早く退院したいと思っているに違いない。
でも無理をしては、彼のためにも、そしてチームのためにも、何にもならないのだから、しっかり身体を治してから復帰してほしい。

トヨグバだけでなく、ケガの治療と心のあせりの両方と戦っている選手たちへ、回復を祈るとともに試合で戦っている選手と同じくらいの声援を送ってやまない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

誰か言ったげて

安倍総理のカメラ目線だ。

私はもうだめ。。
じっくり話を聞こうにも、あーもずっとカメラ目線をされたら画面から引くべよ。

特に、女性でアレに耐えられる人はいるのだろうか?
「記者にではなくTVを通じて国民に目を向けて話している」という気持ちはわかるけど、逆効果でしょ。
自分の発言の時だけでなく、記者の質問を聞いている時もカメラ目線のままなのは、礼儀的にもおかしくない?
話を聞くときはちゃんとその人の目を見て聞きなさいと言われたけどなぁ。。

簡潔にわかりやすく短く話そうとして早口になり、結局グチャグチャになるのは、ま、私もそうだからいいけど(いや良くないけど)カメラ目線は止めてよ。

例えば写真撮影する場合、振り向きざまとか、上を向いた瞬間がシャッターチャンスと言われるのは、その瞬間の目が一番輝いているからだ。
しかし誰だっていつまでもその目の輝きを持続させることはできない。
プロのモデルでさえ、いちいち振り向かなくてもその瞬間の輝く目を持続させる訓練をすると聞くくらいだ。

だからカメラ目線のままの総理は、目がよどんで暗く覇気が感じられないのだ。

ずっと見てるんじゃなくて、ところどころ話の要点の時だけカメラ目線で訴える、
って感じの方がよっぽどスマートで説得力がでてくるはず。

カメラ目線だけじゃなく、大臣の論功行賞人事しかり、不祥事の後始末しかり・・
自分の信念を貫くというのは勿論大事なこと。
だけど、同時に国民の声に耳を傾けないから、トンチンカンな問題発言大臣の擁護や年金問題、事務所費問題等々、国民の思いとは益々大きくズレて支持率を落としてきている。

誰か、側近でちゃんと言ってあげる人はいないのだろうか?

それが安倍政権の一番の問題か・・・。

こいけさーーん、外交問題の前に出番かもー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

8日で7試合、すごいことに・・・

無くしてた手帳が見つかった。
良かった、よかった。これが無いと何もできない。。

で、開けてみたら、今週はすごいことになってた。

先ず昨日は、日本代表アジアカップ初戦カタール戦。
ようやくゴリゴリとボールも人も動くオシムサッカーが観られるのか?と思いきや、まったく動けず観ててつまんなかった。
あのオシムが「よくサッカーができた」と言うくらいだから、ベトナムの暑さは尋常じゃないのだろう。日が暮れても、気温34度、湿度70%だもんなー。
わかっちゃいるけど、カナダのU-20ワールドカップの方が面白く見えてしまう。

そして今日だけ何も無いが、明日からはどうだ。

11(水)19:00~J2モンテ・第3クール初戦 VS 京都
12(木)12:15~U-20・ワールドカップ決勝トーナメント第1戦 VS チェコ
13(金)22:35~日本代表・アジアカップ第2戦 VS UAE
14(土)19:00~J2モンテ・ VS 東京ベルディ
15(日)15:00~モンテ・サテライト VS 水戸
16(月)19:20~日本代表・アジアカップ第3戦 VS ベトナム

と、まあ、8日で7試合!! まさにサッカー漬けの1週間だ。

あ、モンテの7(土)の札幌戦、8(日)の東北学院大との練習試合を入れたら、なんと10日で9試合か!!

どーしましょー(^^)

でも観戦だけじゃ、やっぱつまんないので、自分でも何かやりたいのだが、これに加えF1イギリスGPもあったから、もうお腹いっぱいで、ぜんぜんゴルフする暇も無いっすわ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

友の背中

熊本の友は、私と同じ女の子の親で、一番下の子の年齢も同じ19歳。
しかし残念なことに今年で3回忌という・・・。
知らなかった。。。

知ったのは、追悼の意味を込めたコンサートを開くという知らせを聞いた時だ。
すぐに航空券を予約していた。

そして先週、豪雨の熊本へ。

Sakumoto楽屋で10年ぶりの再会。 交わした言葉は少なかったが、抱擁だけで充分思いは伝わりあえた。

 I'm on your side

迫力ある怒濤のステージでもあるが、せつないバラードが胸を打つ。

終わって飲んでいたら、地元の別の友人が、昔の彼の映像をDVDに落としてもってきてくれた。

ツイスト解散で最後の「夜のヒットスタジオ」
オリビアニュートンジョンと世良さんの間に若き彼はいた。

これまで、娘さんの事だけでなく様々な事が彼の身辺には起きていた。

しかし彼はまた音楽の世界に戻っていた。

それを後押ししたのは娘さんかもしれない。

 I'm on your side

彼女へのメッセージは、そのまま彼に返された彼女のメッセージに思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

キャリア・スタート

村山市の職場体験学習(キャリア・スタート・ウィーク)3日間が終了した。
ウチには、市内の中学2年生3人が来社。

その意義や理屈は理解できる・・・が、実際どんな作業をさせたら良いのか、毎年悩むのも正直なところ。特にウチの場合は、鉄板を扱うので、カドにちょっと触れただけでもケガをしてしまう。
曲げ作業とか寸法精度が必要な作業にはつかせられない。
もちろん、溶接などもってのほか。
・・・というと体験させられるものは無いぞ(汗)

とにかく今年は5日から3日に短縮されたので、工程初期のバリ取りと、工程最後の組立、梱包を体験してもらうことにした。

.

彼らと話していると、やはり未だ将来何になりたいとか、決まっていないらしい。
今の子はほとんどそうなんだな。昔より多くの職業選択の自由はあるけど、かえって多すぎて漠然としちゃうのかな?

私が彼らと同じ中学2年の時なんかは、もう決まっていた。

「レーサー」だ(笑)

それがダメでも、レース関係、車関係の仕事をしたいと決めていた。
運良くその願い通り、工学部に進学、国内コンストラクターに就職できた。
一応、悔いのない充実した生き方ができていると自分では思う。
金銭的には充実してないけど。。。

たぶん彼らは志願してウチの会社に来た訳じゃなく、他に無かったので来たのだとは思うが、”無から有”を造り出す「ものづくり」の一端に触れたことで、将来の夢を漠然としたものから輪郭を少しでも浮き出たせてくれたらなーと思う。

そして将来、たったひとつの自分の人生だもの、その人生の半分以上の時間を過ごす職場なんだから、意にそぐわない職に就くより、自分の好きな事にチャレンジして欲しい、がんばれよーと励まし願い、背中を見送った。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

海の恵みと人の知恵

んーーまっ!!

Tsubukai2 北海道は厚岸からいただいた「つぶ貝」
教えてもらった通り、ネギをのせて焼いて食す。

んんーー、たまりませんわー(^^;)

そーだなー、あわびとサザエの良いトコ取りしたみたいな食感とうまさ、、って感じ。

あっ!写真撮ろう・・と、思った時にはすでに最後のひとつになっていた。。

それからもひとつ、産まれて初めて食べたのが、さんま。
いやいや、ただのさんまじゃない。

「ピリ辛さんま」だ。

えええーーー? そんなのあるんだ、、と食べてみる。

これも、アリだねーー(^^)

もちろん家内は咳をしている。
けっこうすごい量の唐辛子がついていたんだそうだ。

ビールもご飯も”はがいく、はかいく”。。  (方言訳:はかどるの進化形)

私の住むまちは海から遠い内陸地方なので、こうした新鮮な海産物はめったに手に入らない。また漁師料理とも言うのであろうか、その土地ならではの調理法も新鮮で驚きだ。

海の恵みと人の知恵に感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

ビリー

いやはや、、あっという間に市民権を得た「ビリーズ・ブートキャンプ」
身近な人でも「やってるよ」とか、「あの人、買ったみたい」とか入隊?する話をよく聞くようになってきた。

昨夜放送されたU-20ワールドカップでも、デカモリシがシュートが決まるとみんな集めて何するのかと思ったら、みんなで「ビリーズ・ブートキャンプ」のパフォーマンスをやってるではないか!
おいおい疲れるだろー!と笑ったが、やっぱり若いよなー。
何かやりたかったんだろなー。
試合結果は知っていたのだが、3回見たくて夜遅くまで起きてしまった。。。

大丈夫、安心しなさい、私は買わないから・・って誰に言ってんだか(^^;)

これだけ買ってやってる人が身近に多くなったという事は、もうすでに流行の頂点は過ぎたと思うんだ。
ってことはだよ、たぶんそろそろみんな飽きる頃というか、ついていけずあきらめたり、止めたりする人が出てくるはず。
そしたら、もらう借りるから。(^^ゞ

はい、そこのあなた、、いつでも引き取りますよ~。

徳内ばやしのウォーミングアップに取り入れようか・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

HR・耐久レース第2戦(3時間)

2007年7月1日、快晴。
思いっきり日焼けしてしまい痛いいたい。

今回我々「チームミスティ」は7人のエントリー。
3位内ボディウムを狙う若手3人の「チームミスティ・病院送り」(ねぇ、そろそろ違う名前にしない?笑)と、今夜の”飲み”にすべてをかけるおやぢ軍団3人に、新人”U1A君”を交えた「チームミスティ・トロオッソ」と2カーエントリーだ。

つまり、レースあっての酒なチームと、先ずは酒ありきのレースなメンバー(若いU1Aクンは違うけど)で別けた訳ね。当然私は「トロオッソ」だ。なはは。
勝負・勝負~なスプリントとは違って、耐久だからこそ底辺拡大という意味で、それもアリでしょ。

一応目標は「病院送り」チームは”3位ボディウム圏内”。
それに対し「トロオッソ」チームは9位内”一桁”をめざす(他に隠れテーマあるけど)と、まぁ、お気楽な目標なので、ひとり均等45分『ニコニコ割り勘作戦』だ。

■予選 15分タイムトライアル

ありゃ、またやっちゃった。15分って短いよねー。
最初のふたりの走りを見ていたら、あっという間に予定時間をオーバー。
3人目新人U1A君と最後私の周回は少なくなってしまった、ご免ご免。。
私がアタックできたのは2~3周。 結果、12台中10位。カクッ。。

でも病院送りチーム、ええい面倒だ”Aチーム”は見事2位、フロントローゲット!

■決勝 3時間
(13回のドライバーチェンジと、1回の給油が義務づけられている)

スタートは、9月から仕事でワイハ行きとなり耐久は(今年は)最後となるBELLさんにした。 忙しくてまったく練習できず、まして最重量を誇るBELLさんだから、スタートには向かないのだが、良い思い出を作ってあげたいというチームみんなの計らいだ。

3taistart で、スタート。
ポールは、我が「06ビギナー」の雄、G藤クン、さすがだ。
そしてフロントローにAチーム macky 選手がつける。

3taimacky 先ずはみんな順調にスタート。
Aチームも上位争いを繰り広げる。
macky 選手絶好調。
.

Ataibellトロロロロッソ・・・ええい舌が回らないから”Bチーム”も、順調にブービー争いをしている(^^;)
しかしBELLさん、この通りおしりが入らず浮いたままで、よく走れるよね。間違いなく0.5秒は損してるだろう。それを補っているのが闘志。ヘルメットの中の射るような”目力”がわかるだろうか。

3tainasu 途中、なすびさんの時に左リアタイヤからスモークが上がり、車両故障強制ピットインを余儀なくされる。
接触があってバンパーがタイヤを削っていた。
ここから、ウチらだけF1並に溝付きのタイヤとなる(^^;)

3taiuia 初参戦のU1Aクン。がんばったねー、充分速かったよ。
耐久出場を決めると、毎週練習してくれた。
20代前半とひとりで平均年齢を大幅に下げてくれた訳だが、それでも36歳って、どうよ>わたし(^^;)

さて1時間半経過、給油の時間がちょうど私のスティント。 あ、写真が無い。orz

うまいこと給油に入れた。
・・・のは良かったが、あちゃ!エンジンがかからない!!
あせりまくるも、HR69さんが駆けつけコードはずれをみつけてくれる。
少しばかりタイムロスしてコースイン。

その後レースは大きな事故もなく、我々の隠れテーマであった『あわよくばカナダGPの再現、めざせ琢磨』のもくろみはかなわず、結局8位でフィニッシュ。

最後、英Gカレー選手が後ろについて抜かれるのは時間の問題だったが、確か順位的にすぐ後ろだったので、やばい、抜かれると入れ替わる?と思い、がんばって走った。
後で2周差あったのがわかったのだが、ごめんねー、通せんぼしちゃって。。

で、Aチームだ。
2位キープ。 しかもトップと周回数変わらずと大健闘している。
3人とも同じレベルなので、レース状況によって長く走ったり短く走ったり、交代してもタイムが落ちないのが強みだ。

3taibodeium そして歓喜のゴーーール。

笑顔のボディウム。
.
.
3taisfai そして恒例シャンパンファイト。

.

今回、他のチームで特に印象的だったのは、マケラーレンチーム。3taioba2
スタート前はこの通り笑顔もあったオーバイン選手だが、スタートしてすぐ青ざめた事だろう。
マシンが走らないのが目に見えてわかる。
私の前を走ってた時のアナンソ選手の背中も泣いていた。。

んがしかし、それでも4位入賞ボデイウム一歩手前まで持っていくチーム力はさすがだった。

夜は、優勝のぺぺチームのメンバーも交え、大宴会。
A・B両チームとも、目標順位をひとつずつ上回った。
いやいや酔いましたわ。
フランスGPの惨敗もあり、ビールの後の”ヤケ”芋焼酎もけっこう飲んだし。。

おいしい牛100%ハンバーグにサラダに絶品カレーに焼きうどんと、あいかわらずメチャおいしかったです。応援ありがとうございました>マスターご夫妻
そして、今回も計測とビデオ回してくれた貴族ぅ。さんもありがとね。

さらに毎回楽しませていただいてるHRスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »