« 来週は | トップページ | ひとアザごとに・・ »

2007年6月11日 (月)

カナダGP 混乱と琢磨の成長と

ね・眠れん! パッチリ目が覚めてしまった深夜。

それほど衝撃的なクビサのクラッシュだった。

もう、このサーキットでのレースは止めてもいいんじゃないのか?
モナコとは比較できない程の高速コーナーがあるにもかかわらず、ランオフエリアが無いいきなりのコンクリート壁ってんじゃぁ、危険すぎる。
昨日も4度のセーフティカーって、インディじゃないんだから・・・。
差を縮めバトルの面白さを演出するというよりも、度重なるセーフティカーの登場が「速いヤツが速い」というF1本来の興味を削いでしまう事の方が大きかった。

それでなくても今年から変わったタイヤレギュレーションによる混乱、そのための給油処置の変更、そして差が詰まったおかげで無用なバトルによるクラッシュ、で、またセーフティカーと、悪のスパイラルに陥り、もうレースはグッチャグチャぢゃん!!

なんたって、コースを横切り災難にあったビーバーが可哀想・・・

・・・と思うのは、私のF1予想クイズが、今季初のポイントゼロ!(泣)だったからに他ならない。

しかし、いかにグッチャグチャになっても 【それがレース】

新人ハミルトンの混乱に動じない安定した走りには敬服した。

彼の脅威を一番感じていたのはチームメイトの王者アロンソだったのだろう。

振り返れば予選からその兆候はあった。
なんとしてもポールポジションを取らなければというプレッシャーが、それまで最速で来ていた最終アタックの最後にミスを誘発し、2位に甘んじる事になってしまう。ここから歯車は狂いだし、決勝スタートのミスにもつながっていった。

どっちが王者なのかわからない程、王道を行く走りをしたハミルトンに対し、アロンソはレース終盤のダレるスーパーソフトタイヤ特性を忘れたかのようにタイヤを消耗させてしまい、琢磨を押さえることもできなかった。
王者にそんな”あせり”を与えたほどのハミルトンと言えるかもしれない。

ところで、8位だった琢磨が、前のラルフに挑む際、みんなはどう思っただろう?

8位の「ポイント1」でいい、とにかくそれを獲得しろ。
いや、少しでもチャンスがあれば、1ポイントでも多くゲットすべくチャレンジすべきだ。

普通なら、誰だって後者なんだろうけど、ここまで何年も琢磨を観てきた人の中には、「前者でいい」と思った人も多かったのではないだろうか。
それほど、ホンダ時代から琢磨には仕掛けに行ってはつぶれ、結局ノーポイントに終わったレースを何度も何度も見せられていたのだ。

私も、ま、ミスがあったら突いてもいいけど、それまでにしとけーと思ったクチだ。

しかし琢磨はラルフどころか、王者アロンソまでかわし6位に登った。
まったく接触も無しにアグレッシブにクリーンに。
アグレッシブと無謀は紙一重。その本当の意味でのアグレッシブさを身につけ成長した琢磨を感慨深く思うのは私だけじゃないだろう。

クビサが、全輪をもがれモノコックだけになって横たわり動かず、医師が駆けつけたシーンでは(2002年だったかな?)琢磨のクラッシュシーンを思い出して凍り付いてしまったが、今のところ足の捻挫(骨折ではないみたい)と軽い脳しんとうですんでいるらしい。それだけで済むんならまったくの不幸中の幸いであった。

スタートだけ見て寝ようと思ったが、スタートから波乱の展開。
で、クビサのクラッシュで完全に目が覚めてしまい眠れなくなった。
おかげで最後、琢磨がアロンソを抜くシーンが観られたのは幸いだったが・・・。

今日は、私と同じ眠い顔をした人が多いだろう。
その人は間違いなく、F1ファンだ(笑)

|

« 来週は | トップページ | ひとアザごとに・・ »

F1」カテゴリの記事

コメント

まったく,同感の意見ですね.
レース自体見ていませんが,TERUさんの言いたいことがすごくよくわかる記事です^^

> どっちが王者なのかわからない程、王道を行く走りをしたハミルトン

数年前までBMWに居た「Cartの暴れん坊」も風格はありましたが,彼ともまた違う雰囲気ですよね.
OKAの印象としては『階段を着実に登って来たドライバー』ですね.
「速さ」の印象よりも,『新人なのに安心感』のあるドライバーな印象を受けますね.

投稿: OKA | 2007年6月11日 (月) 17時39分

コメントとトラバありがとうです。

ハミルトンって、「バトンの安定感に”速さ”を加えた」って感じでみてます。
イギリスの人はもうすでにバトンよりハミルトンに期待してるんだろね。

ライコネンに関しては、ザウバーの時から、なんでマクラレーンはハイドフェルドじゃなくライコネンをチョイスしたんだろう?と思ってました。
ハイドフェルドの方が速かったのに・・・。
ようやく速いマシンを与えられて本領発揮してるハイドフェルド本人が一番溜飲を下げてると思うけど。

投稿: TERU☆ | 2007年6月11日 (月) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/15393626

この記事へのトラックバック一覧です: カナダGP 混乱と琢磨の成長と:

» F1: CanadaGP [Project356-クルマLIFEな毎日]
を,見逃した!!!!!TT;大荒れのレースでしたね... いやー,今年は何が起きるか想像もつきません. ちなみに,こんなの見つけました. F1 Multiple Onboards@2007 Canada GP びっくりです. 気づきましたか?ライコネンの舵角. おいらは衝撃的でした. まさかここまで・・・・だとは・・・ 意味のわかんない人はごめんなさい. これはオマケ. GP de Canada こEEEEEEEEEEEE!!! ... [続きを読む]

受信: 2007年6月11日 (月) 17時30分

« 来週は | トップページ | ひとアザごとに・・ »