« ひとアザごとに・・ | トップページ | ともだち »

2007年6月14日 (木)

モンテ VS水戸 コンセプト浸透の差

ここまで6試合勝ちがない水戸、対して山形は5試合勝ち無し。
しかしその負けの中でもチームコンセプトを浸透させようと貫いていたのは水戸の方だった。
戦術にしても、選手の動きにしても、最後までハードワークしていたのは水戸。
山形は、いつどこに「ハードワーク」という言葉を置き忘れてきたのだろう?

こらえ切れず致命的なミスで失点を重ねるDF陣。
期待の須田は、スペースがあっても無くても横パスばかり。CBからのボールを受ける前から、身体はCBに戻す体制にしかしていないから、相手にとってはまったく脅威に感じない。
「前を向けよ、前をっ! せめて身体だけでもよっ!」
隣のおじさんはうるさかったけど、それだけは賛同した。

・・・などなど、言いたい事はたくさんあるけど、一晩経って、よくよく考えてみると、あの「動きの差」は、コンディションだけの問題じゃなく、チームとしてどう動くか、戦術が選手に浸透しているかどうかの差だったような気がする。

例えば、須田が期待したオーバーラップを一度も!見せなかったのは「守備でベースをつくりゲームをつくる」というコンセプトを、”守備重視一辺倒”みたいな間違った受け止め方をしているとしか思えない。

新加入の選手以外でも、後半早々、ゴール裏の得点を期待するうねりのような盛り上がりから同点にした後、その良い流れの時間帯にもう1点勝ち越しを狙おうとする財前だったが、他の選手に無いことは無いのだが、財前ほどの「もう1点取りに行く」強い覇気は感じられなかった。
「行く」ところと「辛抱」するところの意志がバラバラなのだ。

まさか監督やコーチなどのチームのトップが、この低迷している状況を「やるしかねぇだろ!」みたいな、気持ちの問題だけと思っていない事を願いたいが・・・。

-----------

さて、実は昨日はゲーム前から、ぎこちない変な感じはあった。
水戸戦といえば、試合前の名物「コール合戦」
相手チームのコールが終わり「さて、いよいよ・・」と楽しみにしていたら、、

・・・・・あら? 微妙に静かな時間が流れ、結局、なし。カクッ。

後で知ったのは、水戸ちゃん側から、今日は人数少ないからコール合戦無しね、との知らせがあったとのこと。・・・んんーー残念。
ま、ここまで両チーム勝ちから遠ざかっているので、のんきにコール合戦という雰囲気でも無いと言えば無いんだけど・・・。でもちょっと拍子抜け。

そしていざ試合が始まっても、なんかいつもと違う。
いつもならCB同士のパス交換から両サイドへ流すポゼッションなんだが、やたらひとり飛ばしすぐにサイドのDFに流すパスだけ多い。
いつもとリズムが違うなー。。。
そんなにいつもより相手プレッシャーがきつい訳でも無いのに。

で、最後まで歯車はかみ合わないままだった。

あら? もしかしてコール合戦無しという肩すかしは、水戸サポちゃんの高等な戦術だったのか?(^^;)

|

« ひとアザごとに・・ | トップページ | ともだち »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/15428793

この記事へのトラックバック一覧です: モンテ VS水戸 コンセプト浸透の差:

« ひとアザごとに・・ | トップページ | ともだち »