« モンテ VS東京ベルディ とにかく | トップページ | AED講習とNTT光回線 »

2007年5月14日 (月)

F1 R4スペイン ポイント1

8位入賞者に与えられるのは「ポイント1」
たった1ポイント、されど1ポイント、その価値を知る者にとっては計り知れず大きな1ポイント。
世の中に、これ以上大きな「1ポイント」があるか私は知らない。
この1ポイントのために、のべ何万という人の努力と、何億ものお金が惜しげもなく投じられている。

F1第4戦スペインGP。
残り10数周、8位昨年の王者ルノーのフィジケラを追いかける9位琢磨。
視界にフィジケラは映らないが、彼はもう一度ピットインが必要なはずで、そのタイム差は微妙な間隔だ。

この時もうすでに私のレースは、ライコネンのトラブルとハイドフェルドのピット作業ミスでグチャグチャにされ、唯一ハミルトンの2位だけが残っている状況だった。と、こう冷静に書いてるつもりでも、ああ悔しい(笑)
しかしその悔しさをすっかり忘れさせてくれる琢磨とフィジケラのレースだった。

残り10周を切り、最後のピットインから飛び出すフィジケラ。
「早く来ーーい!」と待つことしばし、ピット前の直線を飛んでくる琢磨。
どっちが先だ!?
第一コーナーに、最初に飛び込んできたのは琢磨だった!

今年、精彩を失っているとはいえ昨年王者ルノーの方が、マシン熟成度は高く速い。が、高度にバランスされた空力ほど、他の要素が加わるとそのパフォーマンスは削がれる。
琢磨に詰め寄る度に、空力バランスを失い、抜けないフィジケラ。
改修され抜き所も減らされたコースも琢磨に味方した。

もう1位が誰でも(私のポイント無いし)関係ない(笑)
マッサのゴールよりも、(1ラップ遅れだから)その後ろでフィジケラを押さえゴールラインで小躍りする琢磨@スーアグを観て、思わず声をあげた。

見事8位入賞、スーアグでは初めてのポイント「1」ゲット。
それだけではない。ドライバー、エンジン、タイヤ、そしてコンストラクターまですべてが「日本」であることでのポイントなのだから、喜ばずにはいられない。

上位陣に波乱があった事、ホンダ同士でアポな接触があった事、さらに言えば、ホンダが昨年速いマシンを造り、今年遅いマシンを造った事(笑)など、数あるラッキーもあったが、王者ルノーの間に割り込んで入ってのポイント1なのだから、堂々と胸を張っていい。

フィジケラは好きなドライバーなのだが、昨日ばかりは琢磨を応援した。ご免なー。あと1秒ピットアウトが早かったら、いや最後に給油リグがわずかに引っかからず、すんなり外れていたら、フィジケラの連続ポイント記録は更新されていただろう。

激戦混戦が続く今年のF1。ヨーロッパラウンドに入ってさらに熱を帯びてきて面白くなってきた。

昨夜は、金・土2日で3回の宴会をフルにこなし、休肝日&体調管理のため自宅ライブでの観戦で我慢したけど、お店では盛り上がったんだろうなぁ。。。

|

« モンテ VS東京ベルディ とにかく | トップページ | AED講習とNTT光回線 »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/15065788

この記事へのトラックバック一覧です: F1 R4スペイン ポイント1:

« モンテ VS東京ベルディ とにかく | トップページ | AED講習とNTT光回線 »