« バランサー | トップページ | ひと山こえ、プチ復活 »

2007年5月24日 (木)

モンテ VS徳島 粘るわー

第1クール・アウェイ徳島戦でのロスタイム、同点にされたかと観念したシュートをゴールマウスの中にいた臼井によって跳ね返したシーンが、まだ焼き付いて離れなかった。
私がそれをリセットしなかったのが悪かった・・・かのように、今度は何度も徳島DFが山形のシュートをゴールマウスの中から掻き出した。

仙台戦から中2日。 徳島に帰らず、そのまま山形に乗り込んだようだが、山形の温泉は良かったんだろな(笑) 後半落ちるかと思われた運動量は、高いモチベーションに支えられ、最後まで失われることは無かった。 敵ながらあっぱれ。
前節休みで間が空いた山形の方が、後半、攻め疲れか少し足が止まったようにも見えるほどだった。
決して山形の選手に隙があった訳ではない。
休み明けの勝率が悪いのは誰でもが知っていること。
だからゲームの入りも悪くはなかった。
が、決定的な場面でふかさないように落ち着いて放たれたシュートが、仙台に勝って勢いづいている徳島DF陣の身体を張った気迫に跳ね返された格好だ。
(しかしなー、ミヤは昨日の利き足より、前の試合の右足シュートの方が凄いって何よ・笑)

ま、こんな時もあるか、という複雑難解な組合せパズル。
以前なら、決める時に決められなかった試合は得てして最後のカウンター一発に沈むことが多く、「内容は良かった」という敗戦の弁を何度も聞かされたものだったから、負けないだけ間違いなくチーム力は上がっている。

この徳島戦で試合の”大局観”を取り戻し、万全の状態で次の”みちのくダービー”に臨めると考えれば、この引き分けも生きてこよう。
んんー・・・ちょっとまとめが苦しい。。

.

○久しぶりにみた塩川@元山形。
試合前は、なんか身体が大きくなったように見えたが、仙台戦でのいきなりの活躍をみせたからかな?
山形での試合中はやはりまだチームにフィットしないのか、大きくみえることは最後まで無かったけど。

○羽地@元山形
あんなに足が速かったっけ? 清水の神セーブで助かったけど、小原が裏を取られた時は、やられたと思った。。

|

« バランサー | トップページ | ひと山こえ、プチ復活 »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/15184294

この記事へのトラックバック一覧です: モンテ VS徳島 粘るわー:

« バランサー | トップページ | ひと山こえ、プチ復活 »