« きたか?いやなんでやねん。。 | トップページ | 初めての体験,恥ずかしー »

2007年2月 9日 (金)

見直したメーカーサービス

家電メーカーのアフターサービスについては、やれ電話が繋がらない、メールしても返事が来ないなど、ネットでも散々悪評が出ていたので、半ばあきらめてメーカーへメールをしていた。

やはりメールでの返事は無かった。

次の日、メーカーへ直接電話をしたら、すぐ出た事にちょっと驚く。
で、言われたチェック項目を確認し、それでもダメだったら翌日、出張修理を依頼する事にしていた。

家に帰ったら、すでに山形のサービスから電話が来ていて、いつ修理するか家内と決めていた。
???と思ったが、メールした事に対応して直接電話がきたようだ。
メールで受け取ったんならメールで返答してよ、とも思うが、その対応の早さに「ま、いいけど」と納得する。

工場のNCマシンでも車でも、今は基板関係のトラブルは「基板ごとそっくり交換」というのが常だ。
はんだ付けのテクニックもさることながら、次々に登場する新機種の基板回路を、全国のサービスマンへ理解させるに手が回らない事は容易に想像できる。

で、サービスの方がいらして、当然基板交換か?と思いきや、基板を確認し、回路をたどってICチップ2個を交換した。

学生時代、電卓メーカーで「ハンダ付け」のバイトをしたのを思い出す。
自動ハンダ付け装置で正常に付かなかったものを手動でハンダを付け直したり、リークしてる所を修正したりする作業だった。
当時ハンダ除去は、電気コテで熱して手動の”スッポン・スッポン”(正式名は知らない)で吸い取っていたが、これ、さすがに今では電動式(吸引)なのね(^^;)

ボディアースは要らないのかな?と心配だったが、電源を入れてみたら、、、

Sonytv おぉ、しっかり復活!

時々、ボヨヨーンと画像が縮んだりする事も言ったら、たぶんここだろうと、ハンダ付けの甘い所も補正してくれた。
家内が画面の伸縮が始まると「(お金が無いから)直って!」とTVの横っ面を叩くと直った!!(まぢで)時もあり、
「ネ申!?」と驚いたものだったが、ハンダの甘さで部品がぐらついていたようで、”神の手”ではない事もわかった。

素早い対応と、丁寧な修理、そして【技術】にすっかり感心する。
と同時に「メーカーサポート」に対する見方もまったく変わった。

費用いくらかかるのか、恐る恐る聞いてみると、このICチップはこの期間で壊れるものではないので無償修理します、とのこと。

また「ネ申」をみた(^^;)

ちなみに画面のボヨヨーンの修理だけだったら、費用がかかったらしい。。
電源が入らなくなって良かった・・・のかも?
ありがとう>Sニー

すでに、ビエラをわずかに押さえてピュアビジョンに傾いていたが、S社も候補に入れよう。。もちろん今度は”Sタイマー”無しでお願いしたいものだが。。。

と、喜んだのもつかの間、長女の車検が4月なのを今日知る。
次女の入学準備もあり、今回TV買換が必要だったとしても、当分今あるちっちゃなTVで我慢せざるをえなかった。

一難去ってまた一難。
ダイエット同様、いばらの道はまだまだ続く・・・。

|

« きたか?いやなんでやねん。。 | トップページ | 初めての体験,恥ずかしー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/13843884

この記事へのトラックバック一覧です: 見直したメーカーサービス:

« きたか?いやなんでやねん。。 | トップページ | 初めての体験,恥ずかしー »