« 山形の宝が・・・ | トップページ | 洗心座公演「銀ちゃんの贈り物」 »

2007年2月17日 (土)

モンテ 結果には必ず理由がある

明日都合で行けないため、今日”打ちッパ”に行ってきた。
実は”イップス病”克服のためレッスンを受けているのだが、だいぶ治ってきた。
リズムが悪いというより切り返せなくなったのは、単なる精神的なものだとばかり思っていた。
が、いざプロに見てもらったら、切り返しからのスイングプレーンが崩れていると指摘された。
またその前の体重移動がきちんとなされていない事も指摘された。これは当たりが悪くなってきた時、益々当てようとして肩の捻転が浅くなっていたのだ。
「そっちだったのか・・・」
まったく気が付かなかった。
それが、何か自分での”違和感”につながり、トップから切り返せず止まってしまう”トップ・イップス”になっている、とわかってきた。

私がイップスになった結果の原因は、その前段階にあったのだ。
今、基本に戻って、アプローチからスイング軌道の修正をやっている所だ。
雪解けまでには修正したいと思っている。

で、気になるのはモンテだ。
今日も大宮相手に結果を残せなかった。
これでトレーニングゲームは、1勝1分5敗。。

2/17 モンテ●1-3 大宮(J1)
2/16 モンテ●1-2 新潟(J1)
2/14 モンテ△1-1 湘南(J2)
2/09 モンテ●1-2 HONDAFC(JFL)
2/08 モンテ●1-2 東海大
2/07 モンテ○3-1 静岡産業大
2/03 モンテ●1-2 甲府(J1)

この時期、故障者もいるし、選手をあらゆるポジションで試していること、さらに連戦続きでベストメンバーでは無い事は重々承知している。だからこの時期、結果は二の次と言いたいところだが、それは相手チームだって同じこと。

監督からは、”良い感じでキャンプに入れている”と聞かされていたが、トレーニングゲームとはいえ、この敗戦続きで選手達のモチベーションが下がるのが心配だ。

さらに相変わらず「決定力不足」と口にされているのが気になる。そんなことは昨年からわかっている事だし、その対策として選手補強をしたはずだ。

結果には必ず理由がある。

精神的なハッパかけだけじゃなく、問題の原因となるものを見極め、指摘し立て直せるかどうか、というのがプロの監督としての力量というものだろう。

私は昨年の悪夢の第1クールでさえ静観していた。
今まさに昨年の第1クールと同じ足取りをたどっているトレーニングゲームの結果は、まだトレーニングゲームで良かった、いくらでも修正できる、といえるのであれば良いのだが・・。プロなら、同じ過ちは二度繰り返さない・・・と信じたい。

そして、今がどん底、課題を克服し、春に花咲くモンテと私・・・でありたい。。。

|

« 山形の宝が・・・ | トップページ | 洗心座公演「銀ちゃんの贈り物」 »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/13944095

この記事へのトラックバック一覧です: モンテ 結果には必ず理由がある:

« 山形の宝が・・・ | トップページ | 洗心座公演「銀ちゃんの贈り物」 »