« J リスタート | トップページ | センター試験1日目 »

2007年1月19日 (金)

おおまがり

山形から秋田に入り、湯沢-横手と北上し、秋田市に向かう所で大きく左に曲がるから「大曲」という地名に「なるほどなー」と思ったのは小学生低学年の頃だろうか。。
だから、大曲市は秋田県のだいたいどのあたりにあるのか容易にわかったものだった。

今日、会社見学会&勉強会があり行ったのだが、大曲市はすでになく「大仙市」となっていた。危うく通り過ぎてしまう所だった。。
隣の県なのに知らなかった(^^;)

で、他はどうなっているかと思ったら、角館町が無い!
いや、無いこと無いんだけど、秋田県角館町から秋田県「仙北市」角館町になっていた。
仙北市?? 仙台の北の市?? 県外者の多くはそう思うんでないかい?

大仙市、仙北市・・・って、、宮城県???
もう、どの市がどこにあるかわからなくなっちゃったど、、秋田県。。
当地の人が一所懸命考えて命名されたのだから、部外者がとやかく言うものでもないが。。。
ケンケンガクガク・新市命名の時には相当モメたんだろうなーとは伺い知れるが、由緒ある名前が、なんかもったいない!と思うのは私だけ??

会社名を変更すると、一般に認知されるまで10年はかかるといわれる。
市長村の場合は、どうなんだろ? もっともっとかかる気がする。

さあ、ここで問題です。

「大崎市」って、どこでしょう??

私、宮城県古川市が無くなったの、まじで知らなかったです!!

市町村合併については否定はしません、ていうかむしろ積極論者の私です。
将来の展望を、避けられない少子化問題や財源問題をも含め真剣に議論したら、容易く「自立」論は掲げられないと思う。 語感はいいが、行き詰まりを次代の子供達に先送りしたにすぎないと思うもの。
ただ合併による新市命名については、例えば一字残そうとか地域の感情抜きにして、もうちょっと考えて欲しいなーと思ってしまった。
地元のみなさん、ごめんなさい。

|

« J リスタート | トップページ | センター試験1日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/13576632

この記事へのトラックバック一覧です: おおまがり:

« J リスタート | トップページ | センター試験1日目 »