« 帽子のツバ | トップページ | J リスタート »

2007年1月17日 (水)

12年目の涙

12年前の今日は、ちょうど調布市に出張するためいつもより早く起きていた。
着替えながら観ようとTVをつけたら、どのチャンネルも緊急ニュースを報じている。
阪神淡路大震災のあった長い長い1日の始まりだった。

時間ギリギリまでTVに見入り、新幹線に飛び乗ったが、その時点では、死者数百人か?という「?」なニュースしか流れていなかった。
それが東京駅についたら千人近くの数となり、新宿、調布と駅に着いてTVを観る度に、その犠牲者の方の数はどんどん増えていったのが恐ろしかった。

最終的には6、434人もの尊い命が失われたが、亡き母同様6、434通りの人生物語があったはずだ。
つい忘れがちになるが、この方々の無念に少しでも応えられるよう、震災への備え、心の準備、支援体制など、もう一度確認しておかねばね。。。

今でも忘れられないのは、幼い息子さんを亡くされた方が、合同葬儀の日に涙ながらに言った言葉だ。

「昨日まで私は被災者でした。私は今日をもって救済支援者に回ります」

真冬で寒かったけど、熱い涙が出たのを思い出す。。

|

« 帽子のツバ | トップページ | J リスタート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自分の子供を亡くすというこれ以上考えられない悲しみの淵にいる人が、同じ立場にいる人の救済側に廻る、何と尊い事かと思います。人の痛みが分かる、そして人の立場に立って考える事が出来る、そういう人になりたいと思います。

投稿: pino | 2007年1月18日 (木) 11時18分

最初に聞いた時、衝撃といえるほど身震いしたのを覚えています。
「無償の愛」という言葉を、この時ほど深くかみしめたことはなかったですね。

投稿: TERU☆ | 2007年1月18日 (木) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/13542224

この記事へのトラックバック一覧です: 12年目の涙:

« 帽子のツバ | トップページ | J リスタート »