« あらいご飯 | トップページ | そろそろ復活・・・ »

2007年1月12日 (金)

あおぞら遙か空

Tabitati重く鉛色の曇り空が続く山形の冬にあって、時折降りそそぐ陽光は、誰の心をも暖かく包み清める。
雪を抱く甑の岳も、今朝は一層輝きを増しているようだ。

昨日の母の葬儀には500名近くの方が参列され、ホールには入りきらず、急遽ロビーに補助椅子で対応せざるを得ない状況となった。
民謡舞踊関係ほか、母の生前の活動や多士多彩な人とのつながりに改めて驚く。

今日の青空とやさしく降りそそぐ陽光は、涙にくれた参列者の方々の心を晴らそうとする母の思いのようだ。

|

« あらいご飯 | トップページ | そろそろ復活・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当に「お日さま」のようにまぁるい笑顔のお母さんでしたね。
私は出来の悪い嫁でしたが、25年間、実の娘のように愛情深く見守っていただきました。
自らの苦労は苦労と思わず、人の痛みは共に負い、陰で支え慈しむことを喜びとしたその生涯を心から尊敬します。

投稿: まじょらむ | 2007年1月12日 (金) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/13449669

この記事へのトラックバック一覧です: あおぞら遙か空:

« あらいご飯 | トップページ | そろそろ復活・・・ »