« で、仕事初めです | トップページ | 新年会 »

2007年1月 6日 (土)

ひっぱりうどん

3時の休憩時間にTVをつけたら、食いしん坊バンザイのスペシャルをやっていた。最後の場面だったみたいで、ちょうど山形にやってきたシーンだった。
歴代の食いしん坊がみんな揃って山形へ来てロケしてたというのは、聞いた事あったけど、これだったんだね。

で、先ずは上杉神社でお参り。
上杉神社ということは米沢牛かと思ったら、その通り、吉亭さんが出てきた。
米沢牛のしかもチャンピオン牛を生で。
そりゃ、おいしいだろうね。。
って、イラってもしょうがないんだけど(笑)うまそうだった。。。
次に、しゃぶしゃぶとすき焼き。うむむむ・・・

吉亭のすき焼きは、割り下を使う関東風、具を煮込んだ上に肉を乗せるやり方。
ただ、やはり京都は三嶋亭の、先に砂糖を薄く広げ肉を焼いて堪能した後に、具を入れてすき焼きにする食べ方が私は好きかな。。
うどんと同じで、関東風/関西風ってのがあるのね。

で、次に一行が向かったのは、梅宮氏がこれまでのロケで一番おいしかったと絶賛した思い出の場所、高畠へ。

なんだろなー??と思ったら「ひきずりうどん」だという・・・。

え? 知らない。。 何それ??

「ひっぱりうどん」なら、いつも食べてるけど。。

よく見ていたら、やはり「ひっぱりうどん」だった。
うん、今度は悔しがることもなく、普通に受け入れられるぞ(^^;)

高畠では、べろ(舌)が食べたうどんを追いかけ引きずっていくくらいうまいので「ひきずりうどん」というのだそうな。そうなの??
村山は、大鍋から自分のお椀に、うどんを引っぱってくるから「ひっぱりうどん」

お椀の中には、納豆に薬味と醤油たれを好みで入れて食べるだけ。
言ってみれば「ぶっかけうどん」みたいなもの。
ウチでは、卵を入れていたし、最近では”サバ缶”を入れて食べる。

-----

昔、遅くまで残業していた職人さん達のために、おふくろは大きな鍋で「ひっぱりうどん」をよく煮ていた。
寒さに震えながらも外仕事を余儀なくされた職人さんたちは、囲炉裏の回りに集まり、各自お椀に卵をといて鰹節やネギ・醤油をかけて準備する頃には、みんなニコニコと笑顔になっていた。

「いいよっ」
おふくろのひと声でみんな一斉に大鍋の中に箸を入れ、うどんを自分のお椀へ引っぱってきて食べる。
幼稚園か小学生だった私も、晩ご飯はさっき食べたばかりなのに、ちゃっかり交ざってまた食べる。幼い私でも、職人さん達の寒さや疲れがいっぺんで吹き飛んだのが、その笑顔でわかった。

日本全国いや世界中のおいしいものを食べ尽くしたであろう梅宮氏が選んだのは、超高級食材でもなく、山形の誇る米沢牛でもなくて「ひっぱりうどん」(ひきずりうどん)
20年経っても忘れられなかった味と、私のソウルフードをそんな風に絶賛してくれると、すごくうれしい(^^)
その土地に行って、その土地の人としゃべりながら、その土地でしか食べられないものを食べるのが一番うまいと言う。
雪の中で寒さに負けず、ふーふーして食べる「ひっぱりうどん」、ごく素朴な食べ物だけど、ばあちゃん達の笑顔や山形弁などが薬味となり、どこにも負けない”土地の味”として染み込み、そう言わしめるのだろう。
そうだな、ひとりで食べても、ま、うまいことはうまいけど”あの”味は出てこないものなぁ。。

|

« で、仕事初めです | トップページ | 新年会 »

んまいもん」カテゴリの記事

コメント

TERUさん、おめでとうございます!
お母様の具合はいかがですか?
早く良くなるといいですね。

私は毎日受験生、瑞穂の食事作りです。
ひろえ様が息子を連れて出てから早一週間。
洗濯、掃除、食器洗いにフロ洗いと毎日アップアップです。
昨日の仕事始めでは、ギックリ腰になるし・・(泣)

さわやかな滑り出しだったんだけどなぁ~ ↓
http://kutekeroya.exblog.jp/m2007-01-01/#4255967

投稿: せっぽ | 2007年1月 6日 (土) 17時53分

ひろえちゃん、ちゃんと帰ってきてくれるといいね(^^;)

てか、あーーあまたやっちゃったのね、、それも新年早々にw
充分アップしてからやろうね。。

オレも明日あたりから走ろうかな。。
ちょっと腹が出てき・・・・

投稿: TERU☆ | 2007年1月 8日 (月) 01時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/13356453

この記事へのトラックバック一覧です: ひっぱりうどん:

« で、仕事初めです | トップページ | 新年会 »