« ウイニーで思う頭の善し悪し | トップページ | 恋に導かれた・・・・ »

2006年12月15日 (金)

VIP待遇

って、何度か経験あるけど、私はだめ。合わない。落ち着かない。

海外で、通訳も含め24時間身の回りの世話をしてくれる1週間を過ごした時も、もういいから、自分でするから、と思った。

日本でもVIPって訳じゃないけど、例えば温泉旅館等でフロントから部屋まで荷物を持ってくれるのでさえ、いいよ自分で持つから、と係の女の子に言う始末。

どうせ「非日常」を味わうんだから、そんな時くらいは、堂々としていいんだ。
その方がスマート・・・という事もわかるんだけど、できないものはできない。

慣れてない、ってのもあるけど、人間(器)が小さいっちゃーホント小さいのだから仕方がない。ふん。。

そうVIPとかセレブになりたいとも思わないし・・って強がっても、ま、どうあがいても、なれないんだからいいんだけどね(^^;)

で、松坂だ。

レッドソックスが「チーム松坂」を結成し、松坂専属のトレーナー、マッサージ師、通訳、生活の世話をする4人のスペシャリストを配置すると、な。

>>「何の心配もなく、野球に集中できる環境を整えて欲しいです」

なのは、わかるけど、かえって集中できなくね?

代理人交渉術や、契約金に絡む投資マネーゲームには興味は沸かなかったが(だって結局はどうせ他人事だもん)この話の所が一番気になって、家族はホントにそれを望んでるの?と思ってしまった貧乏、貧相な私でした。。。

その前に、強烈なプレッシャーに負けてしまうであろう小心者な自分と比べることさえおバカな事だけど(笑)・・
気軽にどっか外へポッと遊びに行けないだろなぁ・・・。。

|

« ウイニーで思う頭の善し悪し | トップページ | 恋に導かれた・・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/13077988

この記事へのトラックバック一覧です: VIP待遇:

« ウイニーで思う頭の善し悪し | トップページ | 恋に導かれた・・・・ »