« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月29日 (金)

家の大掃除

昨夜は、夜のクラブ活動は早々に切り上げ帰ってきた。えらい!・・か?

毎年大掃除をしている我家だが、昨年できなかったので今年は大変だろなーと思ったのだった。
昨日までの暖冬模様とは一変し、今日は雪が積もってさぶいさぶい。。
そんな中、外回りを一手に引き受けるというかやらされてるオレって、誰か誉めて・・・。
でもやって良かった。。
屋根に、ソフトボールくらいの丸い蜂の巣がぽっこりあったのだ。ちょっとびくつきながら払い落としたが、中に女王蜂と2~3匹だけいたみたいだった。
これ、今回処理してなかったら来年は、でっけー蜂の巣になっていたことだろう。
ふーー。。。

ガラス磨きには、私の下着が切られ使われた。
もちろん勝負下着のシルクじゃなくて、ヨレヨレになったコットンのやつね(^^;)
なんか自分の分身が真っ黒になっていくようで辛い・・・なんてことはなかったが、身体を張って家の汚れを落としていってるような感じ。
あ、 かえって汚い言うな。
画像を貼ろうと思ったが、やっぱやめた。。

今日は外回りだけでおしまい。
お風呂入って氷結した身体を解凍した。
はーー。。。

中は家内がぼちぼちやってたので、明日は半日くらいで終えられるかな。
今年もすっきり新年を迎えられそうだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

仕事納め

いやいやいや、舌が痛い。先っぽのところが。
歯石取ったら、つい舌先で、ひとつひとつの歯がよりくっきりしてきてる感触を何度も確かめてしまうのだ(^^;)
しません?
そうですか、オレだけですか。。。

さて、今日は仕事納め。
午前中まで昨日に引き続き大掃除をして、1年の埃を取り除いて、工場内はすっかりきれいになった。 これから温泉に行って、今度は自分の身体の1年の垢を洗い流し、そのまま忘年会に突入だ。

昨年の今頃は病院のベッドで、のたうち回っていたから、健康なまま1年を過ごすことができた喜びをしみじみと感じる。。健康なままだったら、この当たり前な事に、こうも喜びは感じられなかっただろう。
悪い所は、みんな取っちゃったから、あと残ってるのは上の歯の歯石くらいなもんだ。

え?頭はってか。。
ふん、いいの。これは直んないの。
どうせ一番に出てくる四文字熟語が「焼肉定食」な男だ。
あ、最近はもうちょっとレベルがあがって「熟年離婚」なんてのも出てくるぞ。

さて、つまんない事言ってないで、ではそろそろ行ってきますだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

歯周疾患検診

私が、前に歯医者さんに行ったのはいつだったろう?
小学生の頃のは記憶にある、が、大人になって行った覚えがない。
成人して、虫歯などで歯が痛くなったという事がないのだ。
時々、自分で歯石を取ったりすると血が出てきたり歯周病的な心配もあったが、歯科医院に行くまでもないかなーとそのままにしていた。
たまーーに歯茎が痛くなる時は、デンターライオン以外の歯磨き粉を使った時で、デンターライオンに戻すと痛みは無くなっていた。。

で、今日は市で補助してくれるっていうんで、歯周疾患検診に行ってきた。
”ごぢぅ”になると、1,300円で診てもらえるのだ(^^;)

たぶん30数年ぶり?に歯医者さんに行った。
といっても町内のいつも一緒に酒を酌み交わす先生の所。
一通りの検診をした後で、虫歯が無いこと、骨が長い?深い?と誉められた後で、やはり歯周炎の兆候があるということで、先ずは下だけ歯石を除去してもらった。
もちろん、歯石を”ちゃんと”取ってもらうのは生まれてはじめて(^^;)

なんか、すっごく口の中が拡がったみたいな・・・。
どんだけ貯まってたんかぃ!・・・って話だ。

せっかくなので、この際2~3回通って処置してもらうことにした。

違うよ。 けっして歯科衛生士さんが目当てぢゃないです。。。

歯医者さんって、キーーーン「痛いよー」「怖いよー」ってイメージがあったけど、ほら、電信柱にしがみつくもお母ちゃんに引っ張られて連れて行かれるみたいな・・、でも、次が待ち遠しいのって、、いやいや大人になったなー>おれ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

いももいいね

米どころ山形に生まれ育ったので、日本酒”も”好きだ。
ビールはもちろん、回帰したウイスキーも、、って、何でも飲むんだけど(^^;)
だから焼酎は、芋系よりも米焼酎の方が好きだった。
てか、芋焼酎は、銘柄は忘れたけれど最初に飲んだ時、その強烈な個性に、あ・・・と思ってから、あまり好んで買ってまで飲むことはなかったのだ。
もちろん魔王とか、んまい芋焼酎もあったけど、すべていただいたもので、自分では買えないプレミア付きのものだったし。。

昨夜、最終の新幹線まで少し時間があるからと、お客さんと居酒屋で飲む。
鹿児島産黒豚しゃぶしゃぶのおいしい店で、ま、当然「最初はビール」から入り、次は、やはり鹿児島産黒豚には、鹿児島産焼酎だろうということでオーダーする。
この時点では「あ、芋・・・ま、いいっか」と思ったのだが・・・
水割りにしようかなと思ったけど「これ、ちょっとだけでもロックで飲んでみて」と言われ、クラッシャーアイスにそのまま注がれた焼酎を口にする。

「え゛っ!?」・・・これ本当に芋焼酎ですか?
吟醸酒のようなフルーティな感じさえして、まさか芋とは思えなかった。

Hozan んまいぢゃない!!芋焼酎。
値段もお手頃。
実は、魔王とかは値段が先行インプットされていて味はよくわかんなかったのね(^^;)
1~2杯だけだったし。。
この芋はいけます。富乃宝山。
芋焼酎の先入観をすっかり洗い流してくれました。
キープできない飲みきりの店だったので、なおかつ私が、んまいんまいと連発してたから「これ、持って行きなさい」とボトルごとお土産にいただいてきた(^^;)

Irumisio すっかり鹿児島の”んまいもの”に酔ったが、聖なる夜のイルミネーションをみて、ここが東京、汐留だった事を思い出し、急いで新幹線に飛び乗る。

今はすっかりドラスティックになり、飲ミニュケーションなんて死語と言われるが、酒は互いの本音を引き出してもくれるし、会議室ではできなかった話もできた。

芋焼酎への先入観同様、仕事上の課題もすっかり洗い流れた・・・ら良かったんだけど、ま、そうそう何でもかんでも物事がうまく運ぶ訳でもない。
でも少し良い方向への道筋は描けた事で安堵し、目を覚ましたらいつの間にか山形だった。。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年12月25日 (月)

聖なる夜を車中から

最終の新幹線に間に合ったので帰ります。って帰るコールかい!
でもなー、このクリスマス・シンデレラエクスプレスは様々な人間模様を乗せてる。
横で泣いてるあなた、そしてホームで最後まで見送ってた彼氏、、に幸いあれ、とおやぢは祈るクリスマスの夜だ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

イブ

てな訳で、、、どういう”てな訳で”かというと昨日の続きね。
誕生日プレゼントがアレだったから、クリスマスプレゼントは自分で買うことに誰の異論も無かった。・・・誰にも聞いてないけど。。

Wkman で、ウォークマンにした。
腕に付けるベルトが開封品で半額以下になっていた事もあるけど、賑やかな電気店の片隅で「私を助けて・・」と、乱暴に扱われた”いたいけなその子”は涙目で私を見つめ上げているような気がしたのだ。
ipodにしないでこれにしたのは、FMも聞けるから。
一緒にジョギングに連れていってあげよう。
いつになるかわからないけど。。。

しかし驚いた。
実は今日も別件で電気店に行ったのだけど、プレステ3やWiiって品薄、入手困難なんじゃなかったっけ??
先ず、プレステ3があって驚く。
「買うしかないか?」
でも、ソフトの本質が特に2と変わりなく、買う意味があるのか?
まして受験生を持つ我が家でリビングのTVにはさすがにつなげないから、寝室のTVにつなぐことになるが、そっちはHDMI端子の無いTVだから、”3”にしてもしょうがなくないか、と自分に言い聞かせる。。
最後の決め手は「Wiiだったら買ってもいいけどな」と自分を慰めた。

で、そのまま隣の任天堂のコーナーに流れる。
ん?いやいや展示機はあっても売りモノは無いべ、実機があったらここにあるこの券とカウンターで交換するんだけど、この「券」がある訳が無・・・・
え?あるっ!!なんであるの!?しかも1枚じゃない、数枚。
隣で知らないお母さんが電話している。
「あなたー、あったわよー、どうーしよー」
どーしよーって、買えば?
来るには来たけど、ほとんど無いことを前提に心の準備をしてきたので、いざモノがあって動揺しているのが手に取るようにわかる(^^;)

こんなクリスマスイブに、プレステ3もWiiもいっぱいある、って、いままでの騒動は何だったの?

で、自分は買ったのかって?
18分くらい、行ったり来たりして帰ってきた。(^^;)
実は、今欲しいのは、プレステ3でもWiiでもなく「GTフォースPRO」なのだ。
と言い聞かせるも、、先にウォークマン買ってなかったらなぁー。。。

てな事で、バタバタしていた今日だが、今、会社に来ている。
明日からの東京出張の準備だ。
なんとか早く終わらせて、帰って家族でクリスマスパーティをしたいのだが、客先からの連絡待ちで、こうしてブログを書いているのだ。
年賀状書きも今日中にしないといけないし、早く帰りたいぃ~。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

50年目の時計

ジリジリジリ・・・「はっ!」
毎朝、目覚ましの音で目を覚ます。
血圧が低い事もあるが、ここでどうしても、もうちょっと寝たい。
あと10~20分。それ以上二度寝したら大変だけど。
だから私は、10~20分、針を進めている。
これで、目覚ましの音で起きても、「あぁ、あと10~20分寝られる」という事で「ちょい寝」ができるのだ。あぁこの幸せ。。
そして2度目のジリジリで起きる。

それじゃぁかえって睡眠時間が少なくなるじゃないと言われるだろうが、ダメなんです、私はこうしないと。
自分で自分をだます、というか仕掛けてる訳なんだけど、「うっ、また寝ちゃったけど、あぁまだこんな時間だ、良かった~」と自分に騙される自分が何とも言えず、悪くないのだ。。(^^;)

ただ、慣れてくると10~20分では済まなくなって、30~40分と早まってくる。最高1時間早くした事まであるが、さすがにそれでは、朝、もうろうとした中でも騙されなくなり、かえって何時かわからなくなり往生した。だから、今はだいたい20分くらいに収まっている。

娘達もおなじみたいで、子ども部屋の時計も15分前後早い。
家内の台所の時計も数分早まっているが、これは自然に進んだものらしい。
つまり、我が家の時計という時計はすべて正確な時を刻んでいない。なはは。

さて今日、全国のみなさんがお祝いしてくれる私の誕生日は、毎年休日になったので目覚ましも休ませ、ゆっくり起きた。

すると、毎年23日は教会のクリスマスパーティに出かける家内は、早々に「こういう包装しかなかったの」と言いつつクリスマスの包装紙に包まれた誕生日のプレゼントをくれた。

ちょっとニコニコして開けた中身は、、、時計だった。壁掛けの。。

Tokei 電波時計だから正確だし、高かったのよ。
・・・・・・
あ、何で、そこへそのまま置いてっちゃうの?
せっかくのプレゼントなのに、うれしくないの?

・・・って、おれ、悪くなくない?

ひとつは正確な時計が必要じゃない。

・・・だから、どこが私へのプレゼントなんじゃい!

昼は、上の娘と大学近くのイタ飯屋でランチ。
夜は、補習授業を終えた受験生の娘とディナー。
ああ、楽しかった。。
プレゼント買わされて散財したけど(T^T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

大掃除終了

といっても事務所だけ。
工場の大掃除は、27日と28日午前まで(午後から忘年会)と1日半かけて行うのだが、事務所は、年末は支払いやら来客やらで大忙しなので、毎年1週間前の休み前に行っている。
今年も今日、たった今、終わった。ふぅ~。。

いつもは”見ないふり”している奥の方まで掃除するから、そりゃもう大変。
特にパソコン回りは「え゛っ!?」てな感じで埃まみれなのに毎年驚く。
埃というより綿埃。1年間熟成されてます。。

でも最近よくなってるのが天井掃除。
天井の蛍光灯を反射板も含めみんなマジックリンスペシャルで拭くんだけど、ここ何年か、すっごく楽!
何でかというと、数年前、いきなり社長が「事務室禁煙」を打ち出したから。
自分が禁煙始めた途端いきなり言い出したのだ(^^;)
いつも黄ばんでいた蛍光灯の反射板は、ほとんど綺麗なままになった。
よしよし。

もちろん大事なお客様が煙草を取り出しながら「禁煙ですか?」とおっしゃる時は、いえいえどうぞと灰皿を差し出す訳だが、コストダウンの交渉に来られるお客さんの時は自然に禁煙のままになるウチの会社。。。
そう、煙草を吸いたくなって根負けしてくれないかなぁーという魂胆だ。(^^;)
最初は効果あったかもしれないけど、さすがに最近は、ちょっと一服しましょうと喫煙場所で一服という手を使われるが・・w

掃除は好きじゃないけど、終わって綺麗なデスク回りをみるのは、やっぱいい。

捨てる捨てないで迷うもの(見積図面とか、参考図面とか)も、1年間寝て使わなかったら捨てるようにしているんだけど、結局捨てるのがほとんどだ。

あ、そうそう、毎年と書いたが、昨年はサボったんだった。。
ちょうど事務所大掃除の前の今頃、オペのため入院したからだ。
そうだ、1年経つんだなぁー。。。しみじみ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

好調デジイチ

注目の12月第2週(06年12月4-10日)のデジイチ(デジタル一眼レフ)のシェアが発表された。
こんなの見たことが無かったが、いざ購入してみると、自分のモノはどうなんだろう?と興味は沸いてくるものだ。(^^;)

で、1位がキヤノンのKISS。27.3%、圧倒的。
で、2位から4位までがニコン勢。さすが。

どちらも「手ぶれ補正」付いてないのに・・・すごいわ。

で、5位に手ぶれ補正+ゴミ取り付きのソニーα100。

そしてようやく6位に、私の PENTAX-K10D だ。
勿論、手ぶれ補正+ゴミ取り付き。

11月最終週の発売1日だけで3位を記録し驚いたが、今回は6位とランクを下げた。

当然だ。
K10D は3ヶ月待ちという所もあるほど、モノが無い。
売りたくても売るモノがないのだ。(^^;)
11月の3位は、1ヶ月発売を遅らせドーンと出せたから。

それでいて今回、順位は下げたものの6位ってことは、いかに他の機種も含めデジイチそのものが売れたという事がわかる。
11月で前年同月比168.0%とな。

やはり私と同じように、コンデジ(コンパクトデジタル)ではもの足りなくなって、もっと自分の思い通りの絵を撮りたいという人が増えてきたのだろう。
価格も、昔は20~30万、その昔は50万超が普通だったのに、今は10万前後、もっと最近は5~7万と、コンデジとあんまり変わらない値段のデジイチまで出てきたのだから、そっちへいってもおかしくはない。

まして、携帯電話のカメラが今や200万画素では見劣りし300万画素が普通、そして500万画素のものまで登場してきたし、これに手ぶれ補正がついたら、危うし>コンデジ。
益々私と同じように、カメラは、携帯+デジイチって人が多くなるかも。

そういえば、仙台の光のページェントでも、一脚つけて一眼レフで撮影している人、多く見たなぁー。私も持って行ったけど、酔って壊すともったいないからホテルに置いてきた。。

はぁ、、、貴重なK10Dゲットはしたものの、この中途半端な雪と曇天続きで、思いっきり撮影できるシチュエーションに無く、持ち腐っているのが悲しい。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

牡蠣くえば・・・

腹が鳴るなり、法・・  なんて、つまんない事は言わないぞっ・・と。。

先週の木曜日になるが、会合を終えて、寿司屋に流れた。
お造りの他に「いい牡蠣が入ってますよ」と言われ、条件反射的に・・・
「おぉ旬だもんね、下さい」 と頼む。 ・・ん? 牡蠣??

一瞬、何かが頭をよぎるが、先ずは乾杯。。ぷはぁ~ってことで飛んでいった。

で、さらに話し込んで忘れていた所に、でてきました、大ぶりな生牡蠣が。

瞬時にして、このところ連日報道されている「ノロウイルス」の事がサブリミナル効果となってフラッシュバックされる。

・・・・・・

はたして受験生を持つ親として食べていいのだろうか? でも、うまそ。。

みつめること、6秒。。。。。。

えいやっ。

「据え膳食わぬは男の恥」と心に刻んでいる私は(え?意味が違うってか?)その葛藤に終止符を打ち、7秒後には口にしていた。

んまい! やっぱ、うまいものは、んまい(^^)

ノロウイルスめ、、来るなら来てみろ。
2~3日苦しかったって、かえってダイエットになっていいわぃ。
と、口実を考えつつペロンと食べ尽くした。

・・・で、翌日。。

ん? お腹が・・・あれ? やっぱ・・きたか?

と、ちょっとばかり気になってきた。吐き気も・・無いことはない。。
でも、発熱も悪寒も無いし下痢もしていないし・・・

・・・しばらく様子をみていたが、、、わかった。

牡蠣とともに、一応、アルコール消毒?の意味で熱燗をグビグビ体内に取り入れていたのだった。
今思うと、消毒というより増殖させているとしか考えられないが・・(^^;)

寿司屋の前の懇親会からけっこうビールや日本酒も注がれていたし、、
つまりはただの二日酔いだったのねん。なはは。。

気にすると気になるから、余計、お腹に敏感になっていた訳だ。。w

牡蠣自体からはノロウイルスの発生源としての症例は上がっていないという。
連日の「生ものは控えましょう」という報道が風評被害となって、牡蠣は大打撃のようだ。
ここにきてようやく、昨日は広島、今朝は松島と、その被害を受けている牡蠣生産者の様子が伝わってきていた。

私でさえ6秒躊躇したのだから、スーパーなどで、あえて手に取らない主婦の気持ちもよくわかる。

んじゃ、友好都市である北海道厚岸は?と気になったが、こちらは水温が低く温度変化が少ない特性を活かし、日本で唯一、一年中出荷ができるようだ。だから他の生産地と比べそれほど深刻な状況には無いようだが、それでもこの寒さでグリコーゲンののった牡蠣の一番おいしい時期だから、それ相応の痛手はあることだろう。

って事で、困った時はお互い様。
窮地を救うべく今度は牡蠣鍋で一杯いってみようっ<って誰に言ってんだか w

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

プレステし過ぎって・・・

プレステ3の次回受付プレ予約の案内が届いた。明日らしい。
たぶん買ったら、リッジレーサーも買う事になるだろう。
で、いつものように、両手親指の炎症に悩む訳だ(^^;)

・・・でも未だに今イチ”ポチっとな”する気になれない。

やはり画像の良さは上がったものの、目新しさは無く、あまり良い評判を聞かないし、Wiiの方がまだ身体も動かせるし良いかも・・・。

てか、今年はテレビゲームじゃなく、実際にカートを走らせたから、なおさら食指が動かないのだろう。

あ、そういえば、、、私のリッジスタイルは、先ずグリップタイプのマシンを選び、コーナー手前で、チョン・ブレーキとともに一発で体制をコーナー脱出角度に変え、ステアリングはニュートラルに、つまり十字キーを離して無駄なカウンターを当てないようにして駆け抜けるんだけど、カートでも同じ走り方してたのに、今、気づいた(^^;)
リッジじゃなく、GTで走りのイメトレした方がいいよね。。。

ところで、私の場合は、両手親指のツメの先と左右が痛くなるだけで、さすがに仕事に影響するまでにはならないが、世の中にはスゴイというかあきれる人がいたもんだ。

>>米大リーグ、ア・リーグの優勝決定シリーズで3試合を欠場した

 って、まじ!? (^^;)

確かに面白くって、危うくギターとソフトを買いそうになったゲームだけど、そこまでやるか? でも、嫌いじゃないな、こーゆー人。

>>タイガースはズマヤのゲーム遊びを禁止し、ズマヤはこれに従った。

お母ちゃんに怒られたみたいに、ごっつい身体で、うなだれてるのを想像すると、つい笑ってしまう(^p^;)

ニンテンドー・サム(右親指の水ぶくれ)にWiiエルボーか・・・

よい子だからマネしないようにしよ。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

真っ赤なVパレード

小学生の頃、授業にサッカーは無かったのだが、グラウンドにはサッカーゴールだけはあった。
当時、TVで日本リーグを観て、俊足杉山@三菱重工のプレーに圧倒された。
さっそくボールを都合して、友達と遊んだ。誰も教えてくれる人がいないので本をみて、インサイドキックは足首を固定して・・・等とワイワイ話ながら・・・。

以来、三菱重工のファンとなり、元旦といえばどこにも行かずTVで天皇杯を観るのが恒例になった。 今でも杉山@三菱VS釜本@ヤンマーの決戦は思い出されるし、ふたりの活躍でメキシコオリンピック銅メダル獲得した時の興奮といったら・・・想像いただけるだろう。

今は、地元のモンテディオ山形を応援しているが、三菱重工つまり浦和レッズのファン歴は、だから40年になる。

天皇杯優勝を勝ち取っていた日本リーグ時代の華々しさから、Jのお荷物とさえ言われた最下位低迷時代、そしてJ2降格と紆余曲折を経て、今年、とうとうJリーグを制覇した。

浦和の町、あ、いや、さいたま市か・・を真っ赤に彩った6万5千のサポーターは世界に誇れるものだ。

レッズは攻撃サッカーが魅力というイメージがあるが、レッズの強さは固い守備があってのもの。 昨日のインテルナシオナルにしてもそうだ。あの4バックは最高の4バックだったと思う。

今年のモンテはJはもちろん天皇杯も敗退しているので、来年はなんとかレッズに「トヨタクラブW杯」アジア代表で出場してもらいたいと心から思った。

もちろん、将来はモンテディオ山形での出場そしてクラブ世界一を祈っている訳だが。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

ハイランダー暴走会 in仙台

Kokubun 久しぶりの仙台の夜。 いつ以来か忘れたほど久しぶり。
そういえば前も光のページェントな夜だった。
ページェントの写真も撮ろうと集合時間の1時間半前、5時過ぎには仙台市内に入る。
が、そこからちっとも進まない。。
1時間以上渋滞にはまってしまい、遅れる旨を連絡し、かろうじて携帯で撮ったのがコレ。

暴走会といっても、仙台ハイランドでカートレースに参加しているメンバーが一堂に会しての忘年会だ。 HRに行く度に、こういうのあったらいいな、と思っていたが、毎年やっていたそうだ。

年齢も職業も住んでる地域もまったく異なるみんなだけど、カートが好き、レースが好きというだけでみんな仲間。 会話もはずむ。

あっという間に、第1ヒート、第2ヒート、第3ヒートと国分町の夜は過ぎていった。
気がつくと1時を回っている。
ま、後は若い人同士で・・・と(お前は見合いの仲人か!?)おぢちゃんはラーメン食べてホテルに帰った。

レースではライバル。
でもカートを降りればニコニコ笑い飲みあえる仲。
いいねぇー>ハイランダー

あーつくづく、昨年までHRでレンタルカートレースやってるのを知らなかったのが、もったいないと思った。

改めて一年間お疲れ様でした、そしてありがとう>ハイランダーのみなさん&69さんはじめHRスタッフ

幹事ののんすとさんもありがとねー。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2006年12月16日 (土)

恋に導かれた・・・・

毎日が忙しい忙しい、、、仕事だけでなく地域活動も並行してやっていくと自分の時間は限りなく少なくなってくる。自分の趣味も家族サービスもそっちのけ・・・みたいな30代を過ごしていた時、出会ったのが彼だった。

私なんかより、もっともっと色んなコトをやっていた。
私なんかより、何倍も多忙を極めていた。
でも、彼の困った顔や、やつれた顔は見た事がない。
といっても昔は鳥羽、今は東京と離れているので頻繁に会う訳でもないのだが、ネットで顔を合わすテキストだけでも充分私を元気づけてもらったものだった。

しょっちゅう鳥羽ー東京を往復するので、パソコン持つと少しは仕事がはかどり余裕ができると思ったものの、その余裕ができた所にまた仕事を入れるもんだから、文明の利器を導入する度に益々仕事が増え忙しくなっていった人だ(笑)

Koinpo_1 そんな彼、中村元氏の最新著書がこれだ。
「恋に導かれた観光再生」
奇跡のバリアフリー観光誕生の秘密

観光再生に苦慮している所は多い、というか日本中のほとんどがそうだ。それを行政の目線ではなく本来利用する顧客の目線で変えていく。
ここまでは、やっている観光地や自治体もあるだろう。
違うのはここからだ。

観光産業の発展ばかりに目を向けると、観光産業にかかわらない市民は斜に構えてしまう。
観光再生は、市民が誇れる「まちづくり」の手段であるということ。
この根っこを見失って、単なる観光イベントに終始してしまっている所は多い。

まちづくりであるからには「(本当の意味での)民でやれることは民で」やらなければ意味がない。
同時に長続きさせるには経費面でもしっかりした体制を作らなければならない。

実際やってみると本当にここが難しい。しかし・・・

「新しい公共」 「協働」 「NPO」 ・・・etc

難問を解くキーワードは、この本の中で随所に表れてくる。

楽天ブックスから届いて、昨夜一気に読んでしまった。

車イスの青年に恋した少女が起こした奇跡。それが人を動かし、町を動かし、行政をそして国まで動かした。
奇跡と著者は言うが、これまで積み重ねたネットワークと強い信念、奇跡的な行動力、実践力がなければこの奇跡は起こらなかった。
NEWS・ZEROのキャスター村尾氏が絶賛するのは当然だろう。

ある方から「忙しい」と口にすると、文字通り「心を亡くす」から、忙しいとは言わず「充実している」と言い換えていると聞いて、以来心がけているが、著者がどんなに多忙で困難な場面にあっても笑顔で対処し”充実”している様をみると「本当だなぁ、私もがんばんなくちゃ」と思えてくるのだった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

VIP待遇

って、何度か経験あるけど、私はだめ。合わない。落ち着かない。

海外で、通訳も含め24時間身の回りの世話をしてくれる1週間を過ごした時も、もういいから、自分でするから、と思った。

日本でもVIPって訳じゃないけど、例えば温泉旅館等でフロントから部屋まで荷物を持ってくれるのでさえ、いいよ自分で持つから、と係の女の子に言う始末。

どうせ「非日常」を味わうんだから、そんな時くらいは、堂々としていいんだ。
その方がスマート・・・という事もわかるんだけど、できないものはできない。

慣れてない、ってのもあるけど、人間(器)が小さいっちゃーホント小さいのだから仕方がない。ふん。。

そうVIPとかセレブになりたいとも思わないし・・って強がっても、ま、どうあがいても、なれないんだからいいんだけどね(^^;)

で、松坂だ。

レッドソックスが「チーム松坂」を結成し、松坂専属のトレーナー、マッサージ師、通訳、生活の世話をする4人のスペシャリストを配置すると、な。

>>「何の心配もなく、野球に集中できる環境を整えて欲しいです」

なのは、わかるけど、かえって集中できなくね?

代理人交渉術や、契約金に絡む投資マネーゲームには興味は沸かなかったが(だって結局はどうせ他人事だもん)この話の所が一番気になって、家族はホントにそれを望んでるの?と思ってしまった貧乏、貧相な私でした。。。

その前に、強烈なプレッシャーに負けてしまうであろう小心者な自分と比べることさえおバカな事だけど(笑)・・
気軽にどっか外へポッと遊びに行けないだろなぁ・・・。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

ウイニーで思う頭の善し悪し

見るには見るけどリアルなチャネラーでもないので、ウイニーの誘惑は拒否というか、その近辺にさえ近寄らないようにしていた。
だから、案の定大騒ぎになっても、対岸の火事のような感じで見ることができた。ほっ。。
あの時・・も、、あぁ、我慢していて良かった。。。

これほどまでに甚大な被害を現実として突きつけられると、やはり作った人の過失を追求したくなるのも人情だろう。特にウイルスの被害にあった人なんかは、ね。

でも、自分に被害が無いので言えるのかも知れないけど、被告側の「ダイナマイトだって多くの死者を出したものの、発明者にその責任を負わせていないジャマイカ」という論理も”歩く優柔不断”な私は、なるほど理解できる(^^;)

リスクの受益者負担という点でいえば、煙草もそうだ。
あ、煙草は煙草メーカーが訴訟にあってるか。。

これまで例のない新しいモノの発見だとか、技術開発が、自分の手を離れて悪用されるリスクまでをも考えていたら、そりゃ世に出てこなくなるかもという懸念は当然だ。

でも頭の良い人なんだから、こんな簡単にウイルスまき散らされるリスクなんか、当然わかってたはずとは思うんだよね。。。

幸か不幸かそんな良い頭を持っていない私は、よく考えてみればみるほど、難しい問題だということだけわかった(^^;)

ただ、、ウイニーにウイルスくっつけた人も、ウイニーを解析して投げ込むんだから、すごい頭の良い人だろう。もし著作権等の問題で「あったま来たー!」てなもんでやったんだとしたら、こりゃ、頭の良い人と良い人同士のケンカという事だ。

目には目を、血で血を争う、グーにはグーで、おしっこにはおしっこを、んこにはんこを・・って、、おい!ガキのケンカか!? もっと頭使わんかぃ!・・・・??

頭の良い人って、けっこう幼稚ね。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

ちょうど12年って・・

>>@niftyにご入会されてから、ちょうど12周年となります。

というメールが今朝届いた。

ふ~ん、長いようで短いような、、、てか、「ちょうど12周年」って、何が「ちょうど」なの?ってのが微妙だが・・・(^^;)

前にも書いた気がするけど、最初に通信を始めたのは「ザウルス」からだった。

当時話題になってたモータースポーツフォーラムにアクセスしたいと思ったのがきっかけ。
ただ、パソコン通信は、回りにやってる人がいなくて、聞くこともできず、とりあえず通信もできるようになったザウルスを購入したのだった。

ちなみにこのザウルス、なんと今も健在。
住所録(電話帳)やスケジュール、そして特にto・doリストは重宝してる。
携帯や車も壊れるまで替えないが、何でもかんでも新しいモノがイイというのと違うのは、別にモノを大事にするとかじゃなくて、老いたせいかも。
あ、そんな金が無いってのが一番か。。。

さてそんな訳で始めたネット通信。

最新F1情報など、おいしい情報を居ながらにして手に入る味を知る。
特に田舎暮らしには重宝だ。
唯一不満だったのが、回線をつなぐ度にいちいちFAX回線に手動で抜き差ししていたので、たまに”ピリピリ”と感電していた事だ(笑)

そして転機が現れる。
翌平成7年(1995年)1月17日午前5時46分に発生した阪神淡路大震災だ。
遠く山形で見守るしかなかったが、現地に行っている仲間から毎日発信されてくる情報に、何度も”しびれながら”回線をつないでいた。
「こりゃ、ザウルスだけじゃダメだわ」
いよいよモデムを買ってきてPCに取り込むことにした。
そして現地でリアルに必要としていた「水タンク」等の支援物資を、せっぽ君はじめ地元有志で発送したりしていた。 そういえば、トラック運賃は要らないと言ってくれた運送会社さんの支援もうれしかったなぁ。。

それが加賀のナホトカ号重油流出事故のボランティアにもつながったし、ボランティアばかりじゃなく、自分の趣味も深まっていった。

そして通信インフラが整備され、パソコン通信からインターネットの世界になり、さらに情報の輪は拡がっていく。
こんな田舎にあっても、全国の人とのつながりはもちろん、欲しいモノや本、宿の予約など、あ、それから業務もだけど、もうネット無しでは考えられないってトコまできた感じさえする。

通信ネットライフ丸12年、ふ~ん、よく考えてみると、未だそんだけしか経ってないんだなぁー。。

最近はスパムメールに悩まされる事もあるけど、あのFAX回線につなぐときの”ピリピリ”に比べたら、どーって事ないと思った(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

ISO笑い

今日は備忘録としての、ちょっと固い話。。

5社で一緒に組合として取得しているISO9001の全体品質会議があった。
毎年「維持審査」を続け、3年に一度、全体から見直す「更新審査」を受ける訳だが、今年で5年目、つまり来年は「更新審査」ということになる。

いつものように淡々と会議は進んだ。。

そんなよどんだ会議の流れに、あえてポッチャンと石を投げてみた(^^;)

「更新するんですか?」

各社、社長とISO管理責任者が一斉にこっちをみる。
社長さん方は (×。×;) へっ!?
管理責任者は (^。^;) おぉっ。
こんな感じだったな。。

実際、公共事業にはまったくからまないので、ISOを取っていないからといって受注できないという事は無い。なおかつ、ISO取得しているからといって営業面で有利になった例もほとんど無いに等しい。

当初想定していたISO取得による品質管理体制の改革と意識向上は、未だ途上ではあるが5年も経っているのでそれなりの軌道には乗っている。つまりあえて更新しなくても”今のシステムを維持していけば”それで良いと思うのだ。

無いよりあった方がいい、とか、みんなが取ってるから、時流に合わせて・・みたいな抽象的な、何かに脅えて・・みたいな、”しょうがなくやってる”感が、どの事業所にもあった。もちろんウチも。

そのはっきりとは表れないメリットと、ン百万を費やする更新及び維持審査の対費用効果を考えると、どうなのか、と。
もっとも甚大なのは、ISOに縛られる現場と我々管理責任者の労苦だ。
私なんか書類作成で残業は勿論徹夜しても一円ももらえないし・・(泣)

何より、ISOの良い点を大きく食いつぶす”言葉遊び”に辟易していた。

もっと、諸手を挙げて賛同してくれるかと思いきや、各社管理責任者からはあまり発言はなかった。そりゃそーだろーなー、社長さんを前に本音は出せないよなー。。
実務を担当しない社長さん方は、ま、気持ちはわかるけど、対外的に取得しているメリットはあると思う(そーかぁ?)ISOが無くなると、なし崩し的に崩壊する心配がある(いや、だから品質維持活動はちゃんと続けるのが前提だってば、というかそれはISO有る無しに関係なく必要な事じゃん!)てな発言があった。

もとよりISOを否定している訳でもなく、各社で温度差もあるから、それぞれで揉んでまたみんなで話し合いましょうと締めたが、このままぬるく進んでいったら、ただやらされてる感が否めずつまんないものになってしまう危惧があったのだ。

一石を投じ、止めることになっても、それはそれで私の負担も少なくなるから良いよー、ってのもあったし。てか、それを望む気持ちの方が大きかったが(^^;)

最近、ISO9001を更新しない企業が増えてきている話をよく聞く。
審査員としての高齢者雇用対策だとか言う話も、実際審査を受けてみると、まんざら冗談でも無いような気がしてきていた。

「いやぁ、よく言ってくれました・・・」

・・会議終わってから言われてもさぁ。。。
・・愛想笑いするしかないだーよ。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

「功名が辻」終了

師走に入ったこの時期、最終回のドラマも増えてくるね。

昨日は「功名が辻」が最終回。
見そびれていた「ラストサムライ」もあったので、録画して観る。

当初、大きな話題といえば、あの大金はたいて「馬」を買ったくらいのもので、1年も持つのか?みたいな言い方をされてきたドラマだったが、あの戦国時代の模様を様々な視線からみたら、いくらでも描けることが証明された。

平均視聴率20.9%って、関東地区では、02年の「利家とまつ・加賀百万石物語」(22.1%)以来、4年ぶりの20%超えだったとのこと。

ま、そだね。私も1年観たもんね。
NHKでいう”サラリーマン視線で描いた”からかな、うまく1年引っ張ったなーと思う。

そんないつまでも「だんな様、だんな様」っていうかぁ?
一豊も一豊で、ホントに、据え膳を・・・ごにょごにょ・・・かぁ?
とか、突っ込みどころも満載だったが(笑)最後の一領具足の長たちを殺させた愚の場面にしても、あんまり”重くしなかった”という事で、今の視聴者に合わせたのだろうか。

メークも、晩年はそれなりに老け化粧をさせたこれまでの大河ドラマだったが、一豊も千代も、ちょっとだけ白髪を入れたものの、顔はツヤツヤなので、何歳なのか全然わからなかった(笑)
あ”ねね様”もだね。ハイビジョンだから余計に・・・。。

世の奥様方の「何それー」「ぜって~おかしー」って声が聞こえそうだ。
って、奥様方はこんな言い方しないか。。。

何はともあれ、この1年けっこう楽しめたドラマだったんだけど、最後に”どんでん返し”があるとは思わなかった。

それはドラマが終了した後だった。。

一豊と千代を祀る京都は妙心寺が紹介された。

そこで見た一豊と千代の肖像画。

「何それー!」「ぜって~おかしー!!」

それは、上川隆也と仲間由紀恵とは似ても似つかぬダブダブのふたりだった。。

なんか1年間暖めてきたふたりのラブロマンス的なイメージが、あっさり壊された・・みたいな(笑) ま、いいっか。。

それはそうと、生瀬勝久。
風邪薬のCMでも仲間由紀恵と共演してるし、トリックでも共演してたし、よく一緒になるなー・・と思ってたら、たまたま再放送してた「ごくせん」を観て、「あ、そういえばこれでも共演してた!!」と驚いた。
おかしな2人だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

松茸昆布

京都のおばちゃんから”んまいもん”「松茸昆布」が届いた v(^^)

Matutakeni いつも送ってくれている”しお昆布”だけでも、んまいのに、今回は松茸だ。
それも、おばちゃん今年は奮発しちゃって、まったく昆布メインじゃなく松茸メインになってる!!
そこがおばちゃん手作りの良いところ。

実は昨日は朝から頭痛がしていた。
風邪か!?寒気とかなくてよく考えてみたら二日酔いかも?とは思うが、大事を取って「今日は休肝日にするかぁ~」とコタツで安静にしていた。

そこへ届いたおばちゃんの松茸昆布。

さっそくコタツからはい出て、熱燗を用意する。

もう、、んまいっ!

”香り松茸、味しめじ”なんて言われるけど、昆布のうまみが松茸に染み込み、松茸も昆布もどちらも引き立てあって、おいしく仕上がっている。

涙でそう。

本来は”ご飯の友”なんだろうけど、もったいない!
お酒の友に絶好、チビチビ大事に食べてこ(^^;)

ん? 頭痛も収まったような。。。

お酒飲まないおばちゃんなのに、なんでこうも酒好きの心を捉えるおばんざい作りがうまいんだろう。。

てなことで、「んまいもん」っていうカテゴリーを増やしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

ハートレイトモニター

生きてます。。

ココログのメンテナンスが、5日から7日まで3日もあったので更新できずにおりました。

大丈夫? どっか具合が悪くなったの?
とか、メールいただいたみなさん、ありがとう。
私自身はいたって健康です。

家庭で何かあったの? お母ちゃん帰ったの? 熟年離・?
とか”いつものように”心配してくれた方、、、ありが・・
いや、それ、聞き飽きたからww・・・別のにしてくんない?(ーーメ)

さて、と、健康といえば、気になっていたハートレイトモニターを買っていた。

せっぽ君お薦めのマフェトン理論を実践するのだ。

Hart このモニターだったら、腕時計にも使えるし、ラップも50ラップまで記録できるので、カート走行にも使えるかな?ということでチョイス。

これとは別に胸につけて心臓のパルスを計測するのがあって、それを無線で飛ばし、この腕時計型モニターに表示されるという訳だ。

いいね。ただ走るより絶対いい。

でも、ただひとつだけ問題があった。

もう雪が降って外で走れない。。。

どーしよー・・・。。。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年12月 4日 (月)

雪は”山から降りてくる”

いつタイヤ交換しようかな-と思っていたが、土曜の午前中、帰って来させた娘の車も一緒に3台まとめて交換した。

Aki1202 晴れ間も出ていたが、山に雪が降っていたからだ。
このように遠くの山から徐々に平地に雪が降りてくるのが雪国山形。

.

Huyu1203 それが1日経った日曜にはこれこの通り・・・。

.

土曜にタイヤ交換していて良かったー。
1日遅かったら、娘は帰ってこれなかった事だろう。
モンテ最終戦も昨年同様、雪の中での試合になったところだった。。

天も、健二と太田の引退のために1日ずらしてくれたんだ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

モンテ最終戦VS水戸 頬をつたう雨

絶え間なく降り続ける雨。
防寒対策していたこともあるが、それほど寒いとは思わなかった。
寒さよりもこの最終戦をしっかり見届ける事に何よりも意義を感じていた。
健ちゃんの最後の勇姿を、だ。

先ずはいつもの水戸サポとのコール合戦からそれは始まった。
「ケンジケンジー♪・・・・」
水戸サポからのケンジコール。。
目がかすみ、雨だけじゃなく、霧も出てきたのか?と思ったが、ここでは未だ泣けないぞと踏ん張る。

キックオフからモンテ選手全員の気迫が伝わってくる。
なんとしても勝利で健ちゃんと太田の引退の花道を飾りたい。
選手だけでなく我々サポも同じ思いだった。
その思いはすぐに結実する。
3分、いつものように2人に囲まれるも完全に二人を置き去りにした佐々木が、GKの頭越しに見事なクロス。レアンドロにジャストだった。
続いて14分、佐々木に流れてきたボールを今度はシュート。ゴールサイドネットに突き刺さる。
自分のゴールを喜ぶより先に、ピッチ外を真っ直ぐ走って行ったのはベンチの健二の所だった。
抱き合うふたりが、雨でよどんで見えた。
・・・未だ、泣かない。

ここで3バックにして前線に人数をかけた水戸に、ミスによるセットプレーから失点するが、下を向かず主導権を渡さなかった。宮沢、木村、勝と5点を上げると、もう健二の出番を待つだけだった。

そしていよいよ下に太田の思いをまとった健二がピッチに入る。
ちょっとだけ雨が頬を伝わった。
それからはボールより健二の姿だけを追っていた。

モンテでは最後となる竜太も根本に替わってピッチに出る。
この時、勝っているのであれば時間をかけて交代する訳だが、根本は前半から走り回った疲労をいとわずダッシュで走ってきた。
1分でも1秒でも長くプレーさせたいと・・・。
・・・ま、未だ泣かない。。

右に左にポジションチェンジを繰り返し、雨の中でもワンタッチで軽妙にパス交換をする健二。永井、勝、レアン、そして財前も健二とパス交換をしたいかのようにボールを回す。
ロスタイムに入ったコーナーキックも、時間稼ぎのショートパスではなく竜太か健二にゴールさせたくてゴールに向かって上げた。

いつまでもホイッスルが鳴らないことを願っていたが、とうとうその時は来た。

セレモニーで、太田が自分のことだけでなく、契約満了した5選手の名前をあげ、労をねぎらう。
もう雨は容赦なく頬を伝わっていた。

健二のいないモンテを未だ想像できない。
彼は生まれ育ったこの山形でプロサッカーができた幸せを語っていたが、NEC山形から社団法人化され存続する際、その山形県人はえぬきの健二の存在が無かったら県の補助は間違いなく無かっただろう。我々が山形にいながらプロサッカーを観戦できる幸せは彼があってのものだ。

お疲れ様、そしてありがとう、心から感謝したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

契約満了・・

毎年、11月30日はやりきれない思いでいっぱいになる。。

今年はたまたま念願のデジイチ発売日と重なったのを幸いに気を紛らせることができたが、やはり浮かれきれなかった。。。

新聞報道にも出たモンテの母体SY21の財政難は、誰でもわかっていた事で、もっともっと少数精鋭、選手の年俸と成績のバランスを最大限重視した厳しい契約更新になるだろうとは覚悟していた。

なんといっても原。

新人監督の采配は、背の高い氏原に前線のポスト的役割を課していた。
もとより氏原は背は高いもののポストプレーは苦手(できない?)なのは、前チームのサポから散々言われていたこと。しかし、山形で覚醒もしくはもうひとつ上のレベルへの育成を念頭に?樋口監督は使い続けた。結果が出なくても、だ。
しかしそれは同時に、前期チーム最多得点者である原の出場機会を奪うリスクをも意味する。

やはり結果は出なかった。
さらに心配した通り、出場機会の少ない原のパフォーマンスを見せる時間を削ぐ結果となってしまった。
短い時間でもそこで決めてこそプロとも言えるが、故障を抱えながら、控えになっても腐らず黙々とフィジカルトレーニングをこなしていた姿を見ているので、なんともこちらの方が辛くなってくる。

結局、その原と氏原のふたりともが契約満了となってしまった。
ふたりの力が適所でぜんぜん活かされていないのに!と地団駄踏んでいるのは私だけだろうか。

今年の成績は、この”選手の良さを活かしていないこと”に最大の原因があったと私は思っている。

当然、成績と選手のレベルアップの両方を狙ったのだろうが、新人監督と新しい面々の多いコーチングスタッフではそれがかなわず、結果が出ないことで負のスパイラルに陥り、結果的に真逆となってしまった。
ケガが多かったのも事実だが、それもシーズン当初から特定メンバーに固定し続けたことにも起因するだろう。ケガする前の財前なんか彼のサッカー生活でも一番試合に出場した密度の高いシーズンだったのではないか?
固定されたポジションで戦うのは理想だが、後半、その固定メンバーのケガが相次いでしまう。いざ替わりの選手をといっても、試合から遠ざかっていた選手の試合感がすぐ戻る訳もなく、同等なパフォーマンスを発揮するまでには至らなかった。
長いJ2だからこそ、フルシーズンを見越して序盤は様々な選手を使い分けてほしかった。

タカバも、モンテでその才能を活かせなかった。
魅力のキック力で、ミドルシュートや左右へのフィードを期待していたが、守備的ボランチではフィジカル面と声の大きさで匠に譲る結果となってしまった。
サテライトで見せたあの素晴らしいフリーキック。これぞタカバと私までガッツポーズをしたが、監督の起用にまでは至らなかった。残念。。

ジョンミンは、、あぁもう家に着いただろうか。。
この1年で見る度に身体も大きくなっていった。
坂井とのコンビはわくわくするものがあったが、ボールを奪われてからのデイフェンス面で注意される事が多く、トップ起用にまでは至らなかった。
この一年間の成長で来年への大きな期待を抱かせるも、母国での都合?と、育成まで余裕の無いSY21の経済的都合での契約満了かと思うが、彼はきっとまた戻ってくると思う。

さあ、明日(もう今日か)は雨が降ろうと雪が降ろうと、最後の勇姿をこの目にしっかり焼き付けねば。。山形にいてくれた感謝を込めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

ISO1600テスト

せっぽ君のおとといのコメント・リクエストにお応えして・・・

Goz_5

いやいや、単なるISO1600に設定してのテストです。
ストロボ無しの室内灯のみで、ブラッキーに。

Iso1600まぁまぁ、そう怒らずに、、、

ま、ご一服どぞ。。

しかし、すごいなー、今のカメラ。。。
昔は、ASA1600増感なんていったら、ASA400のトライXをパトローネに巻いてもらって、絞りを2段分差し引いて撮り、現像時間もそれに合わせて調整し・・・と、大変だったのに。。。

今は、なーーーんもすることない(笑)
指先で、ちょいちょいとダイヤル回すだけで、1カット1カットが100~1600まで自由自在!
1600増感にしたらパトローネ1本36枚使い切るまでその設定で撮るしかないので、カメラ本体も複数必要だったのに・・・。。

ノイズっていう人もいるけど、私はこの粒状感はかえって普通で好きだなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »